サックスでの裏拍演奏

ジャズとかポップスとかは足でリズムを刻みながら演奏する事を推奨しています(クラシックや吹奏楽はNG)。
その足でのリズムの取り方なんだけど、つま先ではなく、かかとが上がる方がいいなと思ってます。そこで、そのリズムを取りやすくする為には適度にヒールの高い靴が一番適しているという仮説を持っています。

立って演奏する時、ヒールの高い靴だとつま先上がらないから、嫌でもかかとが上がる事になるし。
ただし、男子的にそれが使えないのが残念。プリンスみたいにヒールの高い靴履けば用意すればいいのかもしれないけど…。

ノリノリで演奏している人とか、つま先でリズム刻んでいる人ってほとんど知らない。かかと側が上がるんだよね。

ジャズでもその傾向にある。

キャノンボールもかかとでリズム取ってる。


ブレッカーも膝が動いてる。

もっと厳密に言うとかかとっていうか膝っていうイメージ。膝のノリがわかると自然と腰でのってくるようになる。コレが出てくると気持ちいいスイング感になる。ちょっとした演奏中の上半身の動きを見ていれば出来ている人は分かる。

日本語では表拍と裏拍という表現を用いるけど、英語ではdownbeatとupbeatと言う。やはり米国発祥の音楽をやる時はdownとupの方がしっくりくる。この辺も身体が上下に動く事で音楽にノッているという感触。

で、重要なのがupbeat。いわゆる裏拍。この裏拍というのはもちろん足を上げた時なんだけど、それが何処にいるのかということ。足が頂点に行った時がちょうど裏と勘違いされるんだけど、実はちょっと違う。足が地面から離れる瞬間が真裏。
その真裏の位置をちょこっと後ろ側にずらす(というか遅らせる)とスイング感が出て来る。
足が地面に接地している時間を長めに取るだけでこの辺りが実感できたりする。

米国の音楽には言葉のリズムってのも関係している。英語の発音の先生が言うには英語の会話リズムってのは裏拍で入るのが多いんだとか。例えば「What’s up」。裏拍入りの典型例との事。
(かと言って、英語な人が必ずスイングしているかと言えばそうじゃないし、日本語しか喋らない人でもとてもスイングする人はたくさんいるけど)

つまり、少なからず裏拍のトレーニングは必要。幼い頃からピアノやってて、メトロノームできっちり練習してるんだけど、なんかノリが違うって場合は裏拍トレーニングを重点的に。身体の動かし方一つで演奏もガラッと変わる。演奏中足の上下運動とかは特に重要ポイントだと感じています。
実際、レコーディングしてても足を動かすだけでリズムの正確さが全然変わってくる。

そしてこの裏拍の位置が正確に分かった状態だと演奏(グルーヴ)がしっくりくる。運指も確実に出来ているけど、なんかジャズっぽくない場合はこの辺を鍛える。音が転ぶっていう場合もこの裏拍を矯正することで直る場合がほとんどです。

PR

タンギング時の舌の形

タンギングが弱点な人の傾向をもう一つ見つけた。タンギング時の舌の形。舌の中心というか真ん中が凹むタイプが苦手な傾向にある。それを凸な感じに修正するだけで結構改善される。

タンギングで音程が変わってしまう場合も舌の中心が凹む場合が多い。
となると、どうにかして舌の中心部分を持ち上げる必要がある。

タンギングの基本は舌先からやや入った所がリードの先端に当たるイメージ。
しかし、大事なのはリードに当たる場所ではなく、舌の奥。いわゆる舌根。

舌の中心が凹む(いわゆるU字状)場合はこの舌根が下側に落ち、口内の容積が広くなりすぎて音程が落ちたり、タンギングの動きがスムーズに行かないケースにある。
つまり、この舌根を上げるという事と、舌の形状が山のように中心が持ち上がればOKということになる。

問題はそのやり方。

自分の場合は「あ行」が一番イメージとして近いんだけど、タンギング苦手な人は「え行」の方が舌の中心が持ちあがる事が判明。
タンギングの場合は「た行」が望ましいと考えているので「た」と「て」で考えてみる。

自分はタンギングは「たたたた」というイメージ。
「た」で発音すると舌が持ち上がるイメージになる。逆に「て」のイメージにはならない。

しかし、「た」で凹むような形になり、「て」で持ち上がるという人もいる。
これは連続して「たたたた」と言ってもらえばわかる。その時に顎が動いて発音してしまうタイプの人は「て」の方が向いている。
「てててて」の方が舌の動きをイメージしやすいようです。

ただし、実際にマウスピースをくわえて「てててて」と言ってもらおうとしても結構難しいみたいで、いつの間にか「とととと」に変わってしまう。
つまりトレーニングの必要はある。

けど、あきらかに時間短縮できる方法であり、一度身につけてしまえばもう大丈夫な場合がほとんど。
タンギングの苦手意識から解放されていくはず。

但し、「ち」「つ」は効果的では無さそう。「と」はタンギングのバリエーションを変える時に使うけど、基礎的なタンギングではないかなと思っています。
これについてはまだ研究中。

サックスの吹き方の基本は誰でも一緒。でも、身体を動かすイメージは人それぞれ。
自分の定規だけで考えるのではなく、ちゃんと人のイメージを想像できるようにしよう。

PR

左手小指の数値化トレーニング

サックス運指での弱点としてもあげられる左手小指。もちろん鍛えるに越したことはないですが、それではどのくらい鍛えればいいのか、具体的な数値に表わしてみると分かりやすいのではないかということで、半分お遊びでのトレーニング方法。

ひたすらソ・ソ#の繰り返し。
反復横とびみたいに、秒数を決め、何回できるかにチャレンジです。ここでは時間を10秒としておきます。

さて、何回出来たでしょうか?

実際の回数を表してみると以下のことが考えられます。ちなみに、平均は30回くらいです。自分は大体40回位です。

回数 考えられる改善点
1〜25回 とりあえず指が動くように頑張る。頑張るのみ。
25〜30回 小指が伸びきったまま(つまり力が入りすぎ)なので、小指を曲げてテーブルキーを押さえるようにしてみましょう。
30〜35回 小指がテーブルキーから離れていることが考えられます。なるべくテーブルキーから離さず、必要最小限の動きにしてみましょう。
35〜40回 十分なトレーニングが出来ている状態です。さらに速く動かすためには小指以外の脱力も考えるようにします。
40回以上 プロ級!
PR

レッスンについての基本的な考え方

レッスンをやっていると「間違えずに演奏してやろう」オーラが強すぎる人もいる。そういう人は運指のミスと裏返る音を気にし過ぎる。しかし、この運指のミスとか音が裏返るとかは自分の場合ほとんど気にしない。

自分の判断基準はシンプルに「ミス」か「出来ない」かの2つ。
出来ないというのは10回やって10回とも失敗する場合。ミスというのは10回やって数回(自分の場合は3〜4回でも成功すればOK)はちゃんと出来る場合。

100%完璧な演奏なんて聴いたことがない。誰でも間違えるし失敗もする。
もちろんミスのない演奏というのは理想である。その理想に近づけるために練習するわけだから。

しかし、聞いていると100点満点の演奏を取ろうとする感じが強すぎる。つまり一つのミスも許さない状態。
自分の場合は100点満点じゃなくてもいいから合格点を出して欲しいと考えている。

学校の試験だってそうだし、人生に100点満点って何度経験した?少なくとも自分はあまり経験がない。小学生くらいならまだしも、大人になればなるほどその経験は少ない。
もちろん高得点を出すほうがいい。でも、その高得点を出すためには段階的なトレーニングというのが必須と考えるから、最初からノーミスにこだわる事は止めてくれと言う。

ここでもう一つ「音楽」をやってもらいたいと考える。

サックスというのは音楽を奏でる楽器。
もちろんいい音楽を奏でるためには技術が必要。しかし、楽器を操ることばかり考えてもいい音楽というのは出来ないと考えている。

サックスの演奏で大事なのはメロディー。
メロディー歌いながら吹くことの方がとても大事。歌うように吹くことに集中して間違えてしまうのはおおいに歓迎する。どれだけ間違えずに演奏出来たとしても、ハートがこもってない演奏なんて聞いていてなんの感動もない。逆にちゃんと「このメロディーを聞いて!」ってのがあると、すごく楽しくなる。

いつでもどこでも完璧に演奏したいに決まってる。ミスは恥ずかしいし、嫌に決まってる。それが先生相手のレッスンだとしても。
でも、人間、ミスを克服して成長する。ミスやったとしても楽観的に。世の中の先生っていうのはそのミスを経験済みだから、絶対に寛容的だし、その解決方法も知っているはず。
むしろたくさん間違えてと言いたいです。その方が改善点が具体的にわかるから。ミスしたって何回かやって、その成功率から改善策を作るわけだから。

そしてレッスン中に自分が出来たと思った事でも先生にダメと言われ、逆に自分的に不甲斐ない演奏でも先生に褒められることもあるはず。こういう場合、ダメといわれる場合がほとんど指にこだわりすぎた音楽的ではない演奏で、褒められたほうが音楽的な演奏出来ていると思っていい。
客観的に見るとよく分かるし、録音などして聞き返してもよく分かる。より音楽的なのはどっちかというのが。

だから、この時に疑問があれば理由をすぐに聞いた方がいい。上達の秘訣が詰まっている。
レッスンの先生にビビることなんて何もない。どんどん聞いてと言いたい。

自分にとっての目標は「○○出来る」ではなく、「聴いている人を演奏で泣かす」です。
レッスンでもこの理念だけは絶対に崩したくない。

但し、基礎練習はノーミスで!

PR

左手小指の動き

左手の小指はサックスで弱点とする運指の一つ。しかし、ここにも攻略のコツというのがある。

サックスは指を軽く曲げた状態で運指を行うほうがいい。もちろんこれは脱力などという意味も含まれているけど、もう一つの大事な要素が「力の方向」。
特に小指はこの力の方向を大事にしています。

例えば、下記のような譜面を演奏した時にどのような指の動きをするか見ます。

スクリーンショット(2013-02-13 0.30.39)

 

もちろんG#→F#の時の動きが重要ですが、ちゃんとF#の時に左手小指がテーブルキーから離れていることが前提です。実際にはテーブルキーを押さえっぱなしでも構造上ちゃんと音は出るけど、ここでは運指確認が目的なので。

で、この時の運指の動き。

小指を伸ばしたままの状態だと「押さえる」と「離す」の2つの方向が出てきちゃうわけなんですよ。

↓これがそのNG例

2013-02-13 00.38.55_12013-02-13 00.39.00_1

伸ばした状態だと力がとても入ってしまう。

実は速い小指の動きに「離す」っていう感覚は無い。(遅い動きだったらあるけど)
押さえる動きに対して、更に押さえるというか、回転させるような動きになり、テーブルキーから滑らせるようになるが理想。

つまり、ずっと同じ方向に力が向くってこと。

↓OK例

2013-02-13 00.39.04_12013-02-13 00.39.11_1

左手の小指を曲げると、結果として回転させる(力の向く方向を変えない)動きが出来る。

2013-02-13 00.39.38_1

後ろから見た写真。押さえていないF#の時はテーブルキーの真上ではなく、外側(左側)にいる。

この回転させるような動きを身につけると速さが出てくるので、装飾音符や、指のスムーズな動き、そして結果として指が曲がった状態を維持できる(脱力できる)ので指全体の痛みからも解消されるってことになります。

※ただし、条件もあります。これは爪が短いこと。実はテーブルキーって小指の腹ではなく、指先(爪の辺り)で押さえるからです。

PR

痛み=無駄な力を取ることのへの考え方

痛み=無駄な力と捉えることも出来る。
じゃ、どこからその無駄な力が来てるのかっていう原因とその解決方法が大事。

そ典型的な例がハズレのリード。意地でも音を出してやろうと躍起になって吹くと、そりゃ無駄な力が働くに決まってる。
他にも全然調整が出来ていない楽器で低音練習とか。

「練習しろ」という一言で片付かない問題はたくさんある。楽器に問題がない場合は構え方とかにも。力いれてなくても、間接がちょっと変な風に曲がると痛いじゃん。ちょっとは我慢出来ても、長時間は無理とか。一瞬の強い力が全てじゃなく、持続的に弱い力がかかるのも結構危険。

で、単に「力を抜け」じゃなく、「○○に意識を持って行くことで結果として力が抜けた」っていう、解決方法が好きって話しでした。

PR

上唇の形

「いい音」に近づけるには上唇の形も重要。ここに力が入っているかどうか。チェック方法は簡単。ソを吹いてる時に右手で上唇を押さえてみればいいだけ。その時に音が出しやすくなったり、音に雑音が入らなくなったら要注意。上唇に力が入っていない事が考えられる。

アンブシュアの本来の目的は息がスムーズにマウスピースに入るような口の形の事。力が抜けている状態ではスムーズに入るはずもない。そこから漏れる。サックスプレイヤーのための全知識にも書いたけど、自分にとってアンブシュアって水道の蛇口の印象。しっかりとした息(水)がどの位の量で出て行くのかをコントロールする場所。つまり力が抜けていればダダ漏れ…。

つまり、上唇に力を入れろってことなんです。歯のほうじゃないよ、唇だけ。
そうすると唇が見えなくなるようなアンブシュアになる。こういう方が効果的。

ちなみに自分の好きな音で、上唇をガッツリ出して吹く人は知らない。

さらに、この上唇にちゃんと力が入るようになると、顔面の筋力バランスも取れて、顎へあまり力がいかなくなる。顎へ力がいかないという事は下唇の裏に歯形くっきりの我慢大会からも解放される仕組み。

但し、上唇にしっかりと力が入ると、唇を巻くように見えるけど、歯とマウスピースの間に唇を入れるダブルリップとは異なる。ダブルリップは試しにやり続けてみたけど、上唇が取れるかと思う位痛かったから止めたし、推奨はしない。ダブルリップをやるのであれば厚めのマウスピースパッチでもいいんじゃないかと思う。

PR

運指脱力の指導とは

運指でやはり重要なのは脱力。力が抜けた時にこそスムーズに指は動くようになります。
その脱力では2つの別の目的があります。

  1. 指を速く動かす事
  2. 痛みを取る事

この目的を明確にした練習方法が大事と考えています。
指への痛みを感じる人に速く動くための運指トレーニングをしても目的が違うということです。

もちろん現状での技術力も関係しますが、それを以下の2つの項目で振り分けています。

  • 経験年数
  • 読譜力

経験年数もそれなりにあり、読譜力も十分であると感じる。けど指の動きが遅いと感じる場合は1番の指を速く動かすことを目的とした練習になります。これは筋トレ的要素がとても強く、指の動きをしっかりと覚えさせるための反復練習です。

反復練習することにより、筋肉(というか脳)が身体の使い方を覚え、脱力していき、速く動くという意味です。主に白色筋肉(遅筋)を鍛える事が目的です。

 

そしてほとんどの場合が2番です。
痛みを取ることを目的とした練習です。

これは経験年数が浅く、読譜力があまり強くない場合に行います。実は「読譜力」というのがかなりのキーワードになります。

譜読みが遅い→読むのに精一杯で楽曲に付いて行くのが精一杯→運指の事に気が回らない(押さえる指のことばかり考える)→力強くキーを押してしまい、痛みを感じる

こうなることがほとんどだからです。

譜読みを行い、いわゆる暗譜状態になった時には比較的力が抜けます。つまり、意識を運指に回せるような精神状態を作ることが最大の目的です。

運指のコツは如何に譜読みをどれだけ正確にできているかです。
実は速く動かない運指(正確にできない運指)の共通点はこの譜読みが曖昧な状態な場合が最も多く見られます。脳で正確に自分の指の動きを把握できないで、身体だけで覚えようとする場合によく起きてしまいます。正確にイメージ出来ている場合は逆にスムーズに出来たりします。

確認方法は簡単で、難易度の高い速いフレーズを練習した時に、途中で止めたり、遅くなったりすると、譜読みへの疑いを持ちます。(→運指の練習の前に譜読みの練習へ)
スムーズに読めているが、運指が動かない場合は筋力的なトレーニングが必要という事を判断します。(→1番のトレーニングへ)

 

さて、実際の練習方法では意識を持って行くところを考えてもらいますが、まずは1番でも2番でも共通して考えてもらう内容が以下の事です。

・押さえるのではなく、離さない運指を心がける

サックスはキーを押さえて音程を変えますが、この考え方を変えます。楽器から指が離れないように力を入れます。つまり楽器側に力が行くのではなく、外へ向かっていく力に制限をかける。これだけで押さえる力が激減します。
動かない指の原因は「内側へ向かう力(押さえる)」と「外側へ向かう力(離す)」の2つの相反する動きが手の中にいるからです。この中でも「外側へ向かう力」というのは楽器演奏では必要のない力です。楽器にはスプリングが付いているので、力を抜くだけでキーは離れるようになっています。「押さえる↔離す」のではなく「押さえる↔押さえない」に考え方が変わった瞬間、痛みからも解放され、速さも出てきます。
しかし、この考え方を会得してもらうには、まず最初に離さない運指を心がけてもらいます。押さえることは容易に考えることができます。しかし、思いの外離さない動きが難しい事に気づきます(特に速い運指になればなるほど)。この、離さない動きに慣れてくると、力が抜けていくコツとなります。

・指は伸ばさず曲げておく

人間の指は力が入り過ぎると指はまっすぐに伸びてしまいます。逆に力が抜けると軽く曲がるような状態です。ここでの考え方は指が曲がるような脱力を意識するのではなく、力を入れてもいいから常に軽く曲げた状態で演奏することです。そして常に力を入れておくのは不可能ですので、結果として力が抜けていくことになるからです。

 

そしてここからが1番と2番の違いになるのですが、1番は痛みをとるのではなく、痛めつけるのが目的です。前述したように、筋トレが目的となるので、徹底的に指を速く長く動かし続けるようなトレーニングにします。すると右肘から手首にかけて疲れるポイントが出てきます。これを鍛えるようにします。もちろん筋肉の鍛え方になるので、休憩が必要となるトレーニング方法です。

 

痛みをとる2番のトレーニングはスケール練習やロングトーンなど、運指をあまり考えなくても出来るもので行います。疲れさせない、痛めないが最重要課題なので、曲練習でコレを考えるのはかなり後回しです。

そこで構え方(ストラップの高さや手首の角度)を見直し、指の動きを意識してもらうようにします。ここでは音色・音程も考えず、運指に集中してもらうことが重要です。

 

もちろん上記のトレーニングは脱力を目的としているので、一朝一夕で身につくものではありません。長期的に期間を考えたトレーニングにすることが大事です。

そしてどちらも結果として痛みを取ることが目的なので、絶対に無理をしないことを最大限に考えておくようにします。

PR

運指の力と小指

運指練習をやる時は中指を特に意識する。1番力が入ってしまうから。で、レッスンで運指練習を見る時、「中指の力抜いて」と言いますが、実は小指を見てます。小指伸びてる=中指に力入ってる。リラックスしてたら指は軽く曲がってるんだよ。YouTubeとかでも有名プレーヤーの小指見たら分かる。

指を軽く曲げた状態で演奏するのが理想だけど、曲を演奏する時はそんな事考えない。曲練習は曲に集中して、ロングトーンとか、スケール練習でしこたま考えるようにする。そしたらだんだん曲で使えるようになる。段階踏まないと、一気に出来ない。

そして大事なのが逆転の発想。小指が伸びる=中指に力入るので、「中指の脱力」と考えるのではなく、「小指に力を入れてもいいので曲げた状態を維持」と考える。一見力入ってるじゃんと思うけど、小指を曲げた状態を維持すると、意外と中指に力は入らない。そしてそれに慣れると、脱力モードの完成。

分かりやすい例えが影絵の「キツネ」。キツネ作った状態で、小指と人差し指曲げたら、中指の力が抜ける

PR

半音階とC#

半音階ってメトロノームを使うと難しい。メトロノームを使わないんだったら簡単だけど。ド〜ドまでしか半音階の練習をしていない人は要注意。その後に、ド♯〜ド♯でやったら出来ない場合が多い。

あと、速いフレーズにド♯が入る時。フレーズの押さえる指しか覚えていない場合は大概コケる。本来何も押さえない運指だから簡単そうに思えるけど、実は歌ってないと対応出来ない運指。指が転ぶってのは次の運指ばかり考えて、ド♯が短くなっている場合が多い。
開く

典型的な例が高いド♯をやった時。親指のオクターブキーも同時に離してしまう場合は「指を離す」ばかり考えてる事が多い。メトロノームを使った半音階の練習をすると効果的。