ドレミで覚えるジャズ・スタンダード攻略法 セッション定番曲で学ぶ、アドリブ・フレーズの作り方

ドレミで覚えるジャズ・スタンダード攻略法 について

今回は実際のスタンダード曲でアドリブ演奏する方法で書いています。

アドリブは曲のコード進行に合わせて演奏するわけですが、そのコードは必ず何かのキーに属しています。その属したキーを守ればアドリブはできるという内容です。

コードやスケールを完全に適した100点満点の演奏を目指すのではなく、まずはメジャーとマイナーのキーのみをしっかりと守る、70点位の内容を目指すところから始めてみましょう。

使うスケールはメジャースケールとマイナースケールのみ

すべての曲で使用したスケールはメジャースケールとマイナースケールのみ。それでキーを守ることが可能です。

Level2でマイナースケールでも、ハーモニックマイナーとメロディックマイナースケールが出てきますが、実際はこれらのスケールのみで演奏を行っています。

その他の難しいスケールは使用していません。まずはメジャー/マイナーの土台を固めることが目的です。

演奏技術について

演奏技術的には低めに設定しています。

演奏はすべてミディアムの速度をイメージしていますので、テンポは「120」で作成しています。セッションでの定番テンポです。

また、音符もほぼ8分音符で、少し3連符を使用しています。

音域はE♭〜E♭の2オクターブ以内に収めています。超高音などが無いようにしてあります。

アドリブを攻略するための実践的なノウハウを紹介

ジャズにおけるアドリブとは、テーマと呼ばれる曲のコード進行に合わせて即興でメロディを作ることです。即興でコードに合ったメロディを作るので、曲ごとのコードの知識など、音楽理論が必要になってきます。

その音楽理論が難しいのが悩みのタネ。次から次へと音楽用語のカタカナが並び、何がなんだかわからない状態……。やはり習得するにはそれなりに勉強と時間が必要になります。しかし、音楽理論に対する知識や演奏技術が100%にならないとアドリブができないわけでもありません。

とりあえず、“完璧は目指すけど、まずは最低限のルールを踏まえた演奏”から始めてみませんか? 本書はそういった考えのもと、スタンダード・ジャズでアドリブの最初の一歩を踏み出していただくために制作しました。

ここでの“最低限のルール”とは、難しい理論をできる限り少なくし、調(Key)を第一に考えることです。コードは必ずどこかのKeyに属しています。コードが属しているKeyを見つけてしまえば、コード・トーンではない音を演奏したとしても、違和感がないようになっているのです。

スタンダード曲のコード進行は、1曲のなかでもKeyが一時的に転調することが多くなっています。その一時転調を見つけ、それに合わせたKeyで演奏することを、まずは目標にしてみましょう。
(本書「はじめに」より)

セッション初心者に最適な20の定番曲を題材に、フレーズの作り方を解説していくアドリブ指南書。“曲のなかで変化していくKeyを理解することこそアドリブ攻略の第一歩”と考える著者が、スタンダード・ナンバーのKey分析をすると同時に、難しいコード進行をかんたんに解釈するための20のテクニックを伝授。それらを使ったメジャー&マイナー・スケール中心のアドリブ作成例を紹介していきます。カナの音名を併記しているので五線譜が苦手な人にもとっつきやすく、移調譜(B♭、E♭)の掲載により楽器も不問、さらに全曲の模範演奏&カラオケCDが、実践的な練習環境を提供します。

CONTENTS

INTRODUCTION

  • 臨時記号が楽曲分析のカギ
  • 楽曲に含まれる音の重要度
  • アドリブ演奏における臨時記号
  • アドリブの分析

20 JAZZ STANDARDS for BEGINNERS

  • モリタート(マック・ザ・ナイフ)
  • フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン
  • 枯葉
  • 朝日のごとくさわやかに
  • 霧の日(ア・フォギー・デイ)
  • サマータイム
  • 二人でお茶を
  • ジャスト・フレンズ
  • 瞳をとじて
  • オール・オブ・ミー
  • マイ・リトル・スウェード・シューズ
  • アイ・ラブ・ユー
  • アズ・タイム・ゴーズ・バイ
  • コンファメーション
  • 酒とバラの日々
  • いつか王子様が
  • バット・ノット・フォー・ミー
  • ゼア・イズ・ノー・グレーター・ラブ
  • オール・ザ・シングス・ユー・アー
  • ブルース

Movie(紹介動画)

PR

ドレミで覚えるジャズ・アドリブの法則

ジャズのアドリブに挑戦してみたいが、どこから手をつけたらよいかわからない、長いフレーズが作れない、フレーズがマンネリ化している……そんな悩める演 奏家のための1冊がこちら。本書では“4つの素材の組み合わせ”という単純明快なアドリブ・フレーズの作り方を提示します。
その4つの素材とはスケール、 アルペジオ、半音階、リズム。それらの使い方とつなぎ方を知れば、誰でも簡単にフレーズを作っていくことができます。もちろん、カッコよく聴かせる応用例 も多数紹介しているので、本書を通して学んでいくことにより本格的なフレーズを作り上げることができます。さらに五線譜には音階名をカナ表記。五線が苦手 な人には演奏のガイドに、経験者には手クセ脱却のヒントになるでしょう。

全国の書店・楽器店でお求めできます!!

4つの素材から導き出すジャズフレーズの法則

ジャズのフレーズを作るときに、スケールやアルペジオといった定番の練習方法がありますが、それを使ってもなかなかジャズっぽさが出てこないという悩みは誰しもが持つところ。
そのジャズっぽくならない原因ってなんだろう?というところから始まったのがこの本を書くきっかけになったところです。

理論書などを見てもスケールだ、コードトーンだというのはたくさんあります。その知識を身につけることは出来るのですが、問題はその使い方です。
そこで、たくさんのジャズプレイヤーの演奏をコピーしてフレーズを見ても「スケールだけ」「アルペジオだけ」は皆無です。そこで、そのスケールなどの「組み合わせ重要性」に気づきました。

そうなると「何を」「どのように」が重要になります。

「何を」というのを「4つの素材」とし、「どのように」を8分音符4音分(2拍分)と考えてみると、面白いようにジャズフレーズが生まれてきます。
これがジャズフレーズの法則です。

すべての音符に音階名を振ること

本書の特徴の1つに音階名を振るというこだわりがあります。
もちろんこれは楽譜が読めない人でもアドリブを頑張ろうという意味がありますが、そこにはもう一つ重要な意味があります。

アドリブ時の演奏者の頭の中を見てみよう的な意味があります。
アドリブ演奏って指が勝手に動くものじゃありません。思いついたメロディーを奏でることです。

「思いつく」ってどのように?
それがドレミという音階名です。

例えば「きらきら星」という曲。
指で覚える?それとも「ドードーソーソーラーラーソー」っていう音階名で覚える?

後者のほうがメロデイーを意識することが出来ます。さらに、スケールに対応するにも圧倒的にドレミで音階名を言うことのほうが重要です。

自分はアドリブ時には頭の中は運指はあまり考えていません。演奏したいフレーズの音階名を歌っています。
フレーズの音階名はとても重要といういみで音階名を振っています。

初心者の壁を超えるために

典型的なアドリブ初心者の演奏は8分音符のフレーズを2小節以上吹けないことです。
伸ばす音を入れたり、休符を入れたり。つまり圧倒的に音数が少ない。

もちろん理由は「どの音を演奏していいかわからない」が圧倒的に多いです。
しかし、音数を増やすために何をやってもいいわけではありません。ちゃんとしたルールがあります。

そのルールを簡単に「素材」とその「組み合わせ」として解説しています。
4つの素材は1つずつピックアップすると難しいものではありません。組み合わせると誰でもジャズのフレーズが出来る方法です。

もちろんアドリブで瞬時に作れるのが理想ですが、まずは書いてみることから始めようというコンセプトでもあります。

お求めは全国の楽器店、書店、インターネット通販で入手可能です。

お求めは全国の楽器店、書店、アマゾンなどの通販でも入手可能です。

【CONTENTS】
■PART 1 ジャズ・アドリブのための4つの素材
■PART 2 素材を組み合わせよう
■PART 3 フレーズ作成の実際
■PART 4 応用テクニック
■PART 5 素材の変化
■PART 6 スタンダード・ナンバーで実践してみよう

【収録曲】
◎モリタート(マック・ザ・ナイフ)
◎アイ・ガット・リズム
◎朝日のごとくさわやかに
◎スピーク・ロウ
◎コンファメーション

単行本(ソフトカバー): 208ページ
出版社: リットーミュージック; B5版 (2015/8/25)
言語: 日本語
ISBN-10: 9784845626304
ISBN-13: 978-4845626304
ASIN: 4845626306
発売日: 2015/8/25
梱包サイズ: 26.1 x 18.6 x 1.9 cm

PR

「ドレミで覚えるジャズ・アドリブの法則」予約受付開始

8113HtPmOBL
新しい著書である「ドレミで覚えるジャズ・アドリブの法則」の発売が8/25に決まりました。予約も受付開始です。

楽器不問。4つの素材を組み合わせて、アドリブ・フレーズを作ろう

ジャズのアドリブに挑戦してみたいが、どこから手をつけたらよいかわからない、長いフレーズが作れない、フレーズがマンネリ化している……そんな悩める演 奏家のための1冊がこちら。本書では“4つの素材の組み合わせ”という単純明快なアドリブ・フレーズの作り方を提示します。その4つの素材とはスケール、 アルペジオ、半音階、リズム。それらの使い方とつなぎ方を知れば、誰でも簡単にフレーズを作っていくことができます。もちろん、カッコよく聴かせる応用例 も多数紹介しているので、本書を通して学んでいくことにより本格的なフレーズを作り上げることができます。さらに五線譜には音階名をカナ表記。五線が苦手 な人には演奏のガイドに、経験者には手クセ脱却のヒントになるでしょう。

アドリブ演奏を目的に、どのようにフレーズを作成していくか解説した本です。

PR

1日10分の指慣らし! サックス奏者のための自主トレ・メニュー90

6冊目の本は「1日10分の指慣らし! サックス奏者のための自主トレ・メニュー90」。

練習のためにカラオケやスタジオに入っても、「さて、何から演奏したものか?」となるサックス初心者、中級者がたくさんいます。1時間なら1時間の時間はあるのに、どう練習を組み立てたら良いかが分からない。それでいきなりハードな練習や楽曲に取り組んでしまい、実力が身に付かない……。そんな迷えるサックス奏者のために、その日の練習で最初に行なう自主トレ・メニューを90個用意しました。音(ロングトーンやタンギング)と運指がセットで、1回10分のウォーミングアップが90個。決して難易度は高くないですが、安心して本格的な練習に入っていくためのお守りのような“慣らし運動”を、自分のレベルに応じて選べます。

30×3の90通りの練習メニュー

30種類の右手だけ、左手だけのような練習メニューがあり、それを3段階のレベルに分けています。合計90通りの練習メニューを掲載しています。

E♭管、B♭管対応

掲載しているフレーズは全てE♭管用とB♭管用でCDに収めてあります。サックスに合わせて演奏するだけで効果的な練習になります。

通常の音楽CDでは収まらないくらいの音源が付属しています。CD-ROM形式のため、パソコンなどに取り込む必要がありますが、収録時間は2枚で5時間超のため、しっかり練習できるようになっています。

練習時間を決めてやる

基礎練習に終わりはありません。つまり、出来るようになるまでやるのであれば、いつまでたっても終わらない内容になってしまいます。そこで、事前に練習時間を決めて、それに基づいて行うのが今回の本の内容です。バランスよく、一歩ずつ基礎固めを行うような練習内容を考えています。

不明な点は聞いてください!!

練習に関しての疑問、質問はお気軽にお問い合わせ下さい!twitterやサックス教室質問ブログでも受け付けております!!

お求めは全国の楽器店、書店、インターネット通販で入手可能です。

お求めは全国の楽器店、書店、アマゾンなどの通販でも入手可能です。

    • 単行本(ソフトカバー): 192ページ
    • 出版社: リットーミュージック; 絵本版 (2014/2/14)
    • 言語: 日本語
    • ISBN-10: 4845623579
    • ISBN-13: 978-4845623570
    • 発売日: 2014/2/14
PR

100個のフレーズを吹くだけで飛躍的にサックスが上達する本 (CD2枚付)

5冊目の本は「100個のフレーズを吹くだけで飛躍的にサックスが上達する本 (CD2枚付)」。その名の通り、100個のフレーズを用意しました。難易度の高いフレーズや簡単そうに見えるけど出来ないフレーズ、そしてフレーズの作り方やスケール練習などを考えた内容になっています。

100個のオリジナルフレーズ

今回は100個のオリジナルフレーズを作りました。運指をターゲットにした内容、スケールをターゲットにした内容、コード進行に合わせた内容など、様々な用途にあわせたフレーズ例を掲載してあります。

E♭管、B♭管対応

掲載しているフレーズは全てE♭管用とB♭管用でCDに収めてあります。サックスに合わせて演奏するだけで効果的な練習になります。

収録時間もCDいっぱいになるような内容の濃さにしてあります。

ポップス/ジャズ対応力へ

全てのフレーズはポップスやジャズなどの音楽への対応を主に考えて作成してあります。その為、収録された音源には8ビートなどのリズムも多く取り入れています。

コードも記載してありますのでコード学習など、バンドでの演奏に対応できるような技術的・理論的内容を考えた内容になっています。

不明な点は聞いてください!!

練習に関しての疑問、質問はお気軽にお問い合わせ下さい!twitterやサックス教室質問ブログでも受け付けております!!

お求めは全国の楽器店、書店、インターネット通販で入手可能です。

お求めは全国の楽器店、書店、アマゾンなどの通販でも入手可能です。

    • 単行本: 240ページ
    • 出版社: リットーミュージック (2010/8/25)
    • 言語 日本語
    • ISBN-10: 4845621983
    • ISBN-13: 978-4845621989
    • 発売日: 2013/2/25
PR

PR

一生使えるアドリブ基礎トレ本 サックス編

通算三冊目になる教則本はアドリブ基礎トレ本。

サックスでアドリブをするための基礎練習を詰め込んだ内容になります。

ブルースと1-6-2-5のコード進行でどのようにアドリブを構築していくのがいいのか、フレーズの作りかたのアイデアなどを記載しています。

基礎トレ本シリーズ

前作のサックス基礎トレ本はサックスの技術的な内容について記載した本になりますが、今回のアドリブ基礎トレ本は技術的なことよりもアドリブをする上で重要な考える力を身につけるための内容になっています。

今までに見たことのない内容

アドリブの練習アイデアだけで200ページを超える内容になっています。

ブルースと1-6-2-5のコード進行をメインに考え、どのようなアイデアを使うのが効果的かを考えています。

アドリブ譜をただ記載するだけでなく、コードの捉え方やスケールの考え方を重要視した内容にしています。

応用できるアイデア練習法を記載しています。

一生使える本の使い方

この本はより多くのことを考えることを練習するための本と思ってもいいでしょう。

アドリブ演奏時には音、音質、音階、リズム、拍、、、たくさんのことを考えます。それを一つづつ積み重ねていくことにより、より自由に自分の考えた演奏が出来るようになると考えています。

この本を使うことによってすぐにアドリブが出来るようにはならないと思います。しかし、アイデアを実際に使ってアドリブを楽譜に書き、実際に演奏することによって大きな知識・経験を得ることが出来ると思っています。

全てのサックスプレーヤーへ

E♭管/B♭管、ジャズ/クラシック、、、全てのプレーヤーに対して効果的な内容にしています。応用は違えど、基礎は全ての楽器において一緒です。今回はそこも重点的に考えて作っております。

CDは2枚付き。1枚はアルトサックス、もう一枚はテナーサックスで録音したCDが付属しています。

CDの限界の長さまで録音した超充実エクササイズです。

制作秘話

前作のサックス基礎トレ本も苦労しましたが、今回もレコーディングには悩まされました。

比較的簡単にしたいけど、CDの収録時間が足らない…。故に速くやらざるをえない。特に最後の3曲は悩まされました。テンポと難易度の境界線がこの本の最大の悩みどころでした。

不明な点は聞いてください!!

練習に関しての疑問、質問はお気軽にお問い合わせ下さい!twitterやサックス教室質問ブログでも受け付けております!!

お求めは全国の楽器店、書店、インターネット通販で入手可能です。

お求めは全国の楽器店、書店、アマゾンなどの通販でも入手可能です。

    • 単行本: 256ページ
    • 出版社: リットーミュージック (2011/8/25)
    • 言語 日本語
    • ISBN-10: 4845619768
    • ISBN-13: 978-4845619764
    • 発売日: 2011/8/25
PR

サックスに学ぶおいしいギター・フレーズ99+2 ジャズ編

この作品のコンセプトはサックスのフレーズをギターで演奏するための方法です。

色々な有名なギターリストのインタビュー記事を読んで目にするのが、サックスのフレーズをコピーしたという内容です。

そこで、サックスのフレーズをギターのタブ譜化し、さらに運指も記入することで、演奏を研究しやすくするための本になっています。

  • 全国の書店・楽器店でお求めできます!!
  • >amazonで購入(内容を少し見ることが出来ます)

サックスフレーズのタブ譜化

サックスのフレーズは実際にギターで演奏するのは難しいとされています。サックスでは普通に演奏できる音程の跳躍、4度音程などがたくさん出てくるからです。

しかし、実際に譜面だけを見ながら演奏するのは難しいと思います。

そこで、タブ譜化し、運指やピッキングなどもしっかりと記入し、どのように演奏すればいいのかを分かりやすく解説した本があればいいと思い、この本を作成しています。

99フレーズに2つのポジションでの演奏と、オクターブ違いの運指を掲載し、より効果的な練習方法が出来る内容になっています。

ギターリストとの共著

今回はサックスプレイヤーの自分だけでは心もとないので、多数のギターの教本作者でもあるギターリストの渡辺具義氏との共著になっています。

ギターのテクニック的要素を全てチェックし、丁寧な解説付きです。

CDではサックス演奏&実際のギター演奏が聞けるので、イメージしやすい内容です。

理論的な解説

それぞれのフレーズには自分が理論的な解説を付けています。使用したスケールも記載しているので、運指に慣れたあとはどのようにしてそのフレーズが作られているのかを研究できます。

色々なコードパターン

ワンコード、II-V、その他のコード進行とコード・プログレッションに分けて掲載しています。多数のフレーズを覚えるのに最適な構成方法です。

全てのサックスプレーヤーへ

実はサックスのフレーズ集という物自体少ないと思います。そのサックスのフレーズ集なので、もちろんサックスプレイヤーに対してもオススメの内容です。

ジャズだけでなく、ファンク、スムーズジャズなど多数のプレイヤーやジャンルを掲載しているのもサックス奏者としての自分のこだわりでもあります。

実音表記なので移調の練習にも使えると思います。アドリブのアイデアとしてぜひ使ってもらいたい内容です。

制作秘話

実は自分もギターが大好きで、高校時代はハードロック一辺倒!今でもちょっと歪みギターをちょっと演奏して勝手に喜んでいます。

しかし、ギターは完全にタブ譜しか読めない…。だからこそ、楽譜を読むための教材として最適だと思っています。

今回はタブ譜のラフ案を自分が作成し、渡辺具義氏の添削。赤点状態。しかし、これでよりギターで楽譜に慣れるということができたと思います。

お求めは全国の楽器店、書店、インターネット通販で入手可能です。

お求めは全国の楽器店、書店、アマゾンなどの通販でも入手可能です。

  • 単行本(ソフトカバー): 224ページ
  • 出版社: リットーミュージック (2011/2/25)
  • 言語 日本語
  • ISBN-10: 4845619172
  • ISBN-13: 978-4845619177
  • 発売日: 2011/2/25
  • >amazonで購入
PR

一生使えるサックス基礎トレ本

ついに私の本がリットーミュージックより出版されることになりました。タイトルは「一生使えるサックス基礎トレ本」。名前のとおり、一生使える基礎トレーニングメニューを網羅した本になります。教わっても忘れやすい練習方法、なかなか思うように出来ないテクニック、、、サックスも基礎トレは重要だと分かっていても手につかない内容かもしれません。

今まで10年間で約300名にサックスを教えてきた経験を活かし、その具体的なサックスの練習方法をP256の1冊にまとめています。

サックスはどのような練習をすればいいのか?

サックスの練習方法で最もポピュラーなのがロングトーン。しかし、そのロングトーンも奥が深い!!

練習方法によってはただのつまらない練習になってしまいます。しかし、意識する場所・鍛える場所を意識するだけで、効果的な練習方法を見つけ、音に結びつける事に重点を置いた内容です。

「ロングトーン」「タンギング」「運指」「スケール」「アルペジオ」「エチュード」「移調」「曲」

全部で8項目に分けた練習内容で、サックス演奏技術を磨くための内容です。

今までに見たことのない内容

この本では今までの本には書かれていなかった練習方法、内容をかなり意識してつくっています。サックスの基礎トレーニングだけで256ページ。これだけでも見たことのない内容です。

よく見かける基礎トレ本でもスケールの羅列、アルペジオの羅列、、、もちろんそれも重要で、この本にも入れています。

しかし、ただの羅列ではない、効果的なスケールエクササイズになっています。

また身体的な技術力を得るため、運指項目では全てのサックスにおける弱点を書いてあります。

つまり、これが出来れば全ての運指は可能になるはずという、強気ですが自信を持って言える内容になっています。

効果とエクササイズ

この本では精神論ではなく、何の目的をもって練習するのかを明確にさせたいと思って書いてあります。ロングトーンだけでも10のバリエーションエクササイズを掲載。

ただ音を伸ばすだけでは鍛えられない、練習の充実化・効率化を目的とした内容になっています。

一生使える本の使い方

タイトルは「一生使える基礎トレ本」です。すべて一朝一夕で出来る内容にしていません。積み重ねることによって着実にできるテクニックを集めています。

しかしサックスの基礎トレーニングは面白くない。。。

全体練習時間の25%位をこの本に費やしてみてください!!確実な演奏力を身につける内容にしています。

1小節だけでも繰り返しやることによって運指や音に対する強化されていきます。

全てのサックスプレーヤーへ

E♭管/B♭管、ジャズ/クラシック、、、全てのプレーヤーに対して効果的な内容にしています。応用は違えど、基礎は全ての楽器において一緒です。今回はそこも重点的に考えて作っております。

CDは2枚付き。1枚はアルトサックス、もう一枚はテナーサックスで録音したCDが付属しています。

CDの限界の長さまで録音した超充実エクササイズです。

制作秘話

総録音時間は30時間以上を超え、自分も体力の限界までやってみました。サックスの弱点を書いた本になるので、もちろん自分も苦手な運指ばかり。。そう簡単にできなかった…。

しかし、1枚録り終えて、2枚目に移行すると、確実に上手くなっている自分がいた!!2枚目のレコーディングが捗る!!

そう、自分で言うのもなんですが、やり方は間違っていなかったと確信しました。

新聞で紹介されました

1800年代から続く地域紙「山陽日日新聞」に9/1の記事でサックス基礎トレ本が紹介されました。

不明な点は聞いてください!!

練習に関しての疑問、質問はお気軽にお問い合わせ下さい!twitterやサックス教室質問ブログでも受け付けております!!

お求めは全国の楽器店、書店、インターネット通販で入手可能です。

お求めは全国の楽器店、書店、アマゾンなどの通販でも入手可能です。

    • 単行本: 256ページ
    • 出版社: リットーミュージック (2010/8/25)
    • 言語 日本語
    • ISBN-10: 4845618486
    • ISBN-13: 978-4845618484
    • 発売日: 2010/8/25