Confirmation的コード進行でのソロ例

「コンファメーション」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「コードトーン+♭9thのテンションを使う」です。

演奏難易度★★★☆☆

テンポ速めにしていますが、テンポを落とすとそこまで難しくありません。ということで、演奏難易度は★★★☆☆です。速ければ当然のように難しいですが…。

さて、今回のコンセプトはコートトーンと♭9thの音を使うことです。アプローチノートや半音階も使っていません。

コンファメーションは転調も多い曲で、難易度も高い曲です。

コード進行の多くはII-Vで構成されており、ドミナントセブンも多く使われています。

♭9thはそのドミナントセブンのみで使うことの出来るテンションです。メジャーセブンやマイナーセブンでは使うことは出来ません。

「♭9thの使えるドミナントセブン」というのは本当はもっと理論的に解釈していきますが、今回はちょっと難しい理論は無視です。ドミナントセブンが出てきたらコードトーン+♭9thということにしています。

やはりルートの半音上の音であること、クラシックのハーモニーにはほとんど出てこない音なので、この音を使えるようにするには慣れが必要です。

跳躍音程を使って♭9thに行く音はビバップ以降のジャズでは定番とも言えるフレーズのです。

♭9thのテンションも使えるようにしてみましょう。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

高音域(パームキー)と音階名の一致練習

高音域(パームキー)は運指が通常と全く異なるので、運指も一気に難しくなります。

その運指と音階名をしっかりと合わせる練習です。

基本的には全て「ドレミファ」です。

[A]は「ドレミファミレド」、[B]は「ドレミド・レミファレ」のパターンで。それぞれ「ナチュラル」「半音上」「半音下」の3パターンです。

ここで重要なのは#と♭を混在させないことです。

#はまだ比較的慣れが多いので出来ると思いますが、問題は♭です。ド♭やファ♭が存在しています。

これらの音階名を置き換えずにやること(例:ド♭→シはNG)です。

間違える原因の多くに「音階名がしっかりと覚えられていない」というのがあります。

サックスは運指が見えない楽器なので、指を覚えるよりも音階名を覚えるほうが運指のミスが減ります。

音階名を自分の楽な方に解釈するのではなく、しっかりと楽譜の通りに覚えることが出来るというのもミスが減る方法の1つです。

「吹く」よりも「音階名を言いながら指を動かす」方が効果的かもしれません。

ということで、音階名と運指を徹底的に合わせるようになってみましょう。



PR

Stand By Me的コード進行でのソロ例【ソプラノ編】

「スタンド・バイ・ミー」コード進行のソロ例【ソプラノサックス編】です。
アルト編と同様に、ペンタトニック+半音階を使うことがコンセプトです。

演奏難易度★★★★☆

実音キーでAで、ロックの定番キーです。B♭管ではBメジャーになるので、サックスにとっては難しいキーです。

コード進行はI-VI-IV-Vという王道進行の繰り返しです。

さて、アルト編と同様に、今回も勢いで押し切るためにコードトーン無視のペンタトニックをゴリ押しにしています。

Bメジャーは「シ・ド#・レ#・ファ#・ソ#」がペンタトニックになります。ソロもミとラ♯を封印です。(半音階のところで一回使っていますが)ラ#の音がなくなるので、運指が一気に簡単になります。

そこに半音階を混ぜて、音にもバリエーションを増やすようにしています。

半音階(臨時記号)が入るのは16分音符の裏なので、そこも使うときには注意が必要です。

また、16分音符のシンコペーションを多用し、リズムに変化を持たせることも重要です。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

Só Danço Samba的コード進行でのソロ例

「ソ・ダンソ・サンバ」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「サンバのリズムでコンディミ(ハーフ・ホール・ディミニッシュ)を使う」です。

演奏難易度★★★☆☆

この曲は通常のIIm7-V7進行の他に、IV7やII7というドミナントセブンが存在する曲です。

さて、全体的にドミナントセブンの多い曲ですが、今回はそのドミナントセブンでハーフ・ホール・ディミニッシュ(コンビネーション・オブ・ディミニッシュ)を使うようにしています。

とはいえ、そこまで難しいことをやるのではなく、基本的にコードトーン中心です。

H-Wディミニッシュは、「ルートの半音上と、コードトーンの半音下」と考えると覚えやすいです。

D7なら「レ・ファ#・ラ・ド」がコードトーンです。そこにルートの半音上「レ#」と、コードトーンの半音下である「ファ・ソ#・シ」がスケール音になります。

コードトーンを中心に、たまにスケールの音を入れるという感じにし、あまり調性感を飛ばさないようにしています。

あとはテンションの音に聞き慣れる(演奏し慣れる)ことも大事です。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

Eマイナー/Gメジャー ペンタトニック+裏拍パッシングトーン

「ペンタトニックでソロ!」の幅を広げる方法です。

ペンタトニック・スケールをベースに、裏拍でスケールの間の音を入れる練習です。

Eマイナーペンタトニックは「ミ・ソ・ラ・シ・レ」の音です。各小節で、それらの音から始めるようにしています。

パッシングトーンとは経過音のことです。

今回は「ペンタトニックだけ」から、このスケールの経過音、いわゆるスケール外の音を入れています。

スケール外の音になるので、これらは裏拍に入れることを条件にします。

Aは1拍目の裏、Bは2拍目の裏、Cは3拍目の裏、Dは4拍目の裏にそのパッシングトーンを入れています。

表拍パッシングトーン(裏拍)表拍
ファ#
ソ#
ラ#
レ#

ペンタトニックは元々半音の無いスケールです。このように間の音を入れてあげることで、雰囲気も一気に変わってきます。



PR

I Shot The Sheriff的コード進行でのソロ例

「アイ・ショット・ザ・シェリフ」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「レゲエのリズムで16分音符を使う」です。

演奏難易度★★★★☆

ボブ・マーリー作曲のレゲエの代表曲の1つ、「I Shot The Sheriff」。

Eマイナーのダイアトニックコードのみで、コード進行もシンプルになっています。

ただし、小節数は中途半端で、21小節あります。16小節が普通の小節数ですが、そこに4小節足し、そして最後にキメが入って2拍伸ばしているような感じです。

ソロはEマイナー1発で大丈夫ですが、今回は16分音符で演奏するので、半音階を多用するようにしています。

レゲエは基本的にゆっくりなテンポなので、音数がポイントになります。

ここではEマイナースケールを中心に、16分音符の裏で半音階(臨時記号)を使うようにしています。

また、シンコペーションを使ったリズムの使い方も重要になります。

さて、レゲエですが、アドリブを演奏する上で難しいのがそのベースライン。通常は必ず入るベースの音ですが、小節頭のベースが抜かれることもあり、拍が惑わされやすいです。

今回はクラプトンのバージョンを参考にしているので拍も分かりやすいですが、ボブ・マーリーのレコーディングではベースラインがかなり特徴的です。

16分音符は走りやすいので、スカスカのベースラインでも、しっかりと拍を刻みながら演奏することが重要です。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

右手サイド A#キー(taキー)の動きとオクターブ跳躍の組み合わせ

サックスの弱点運指の1つが右手サイドキー。特にラ#キー(taキー)の動きは右手と左手の両方を使う運指なので、間違いやすい運指です。

bisキーで行うことも出来ますが、半音階の場合はサイドキーを使うことを勧めています。

速い運指の中でこの「ラ#/シ♭」が入ると間違えやすく、いわゆる「走る」という原因にもなりやすい運指です。

さらにこのサイドキーにオクターブの跳躍運指(左手親指のオクターブキー)が入ると左手と右手の動きの組み合わせになるので、さらに難易度が上がります。

そこで跳躍を含めた運指練習。

しっかりと運指の速さをコントロール出来るようにしてみましょう。



PR

Stand By Me的コード進行でのソロ例

「スタンド・バイ・ミー」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「ペンタトニック+半音階を使う」です。

演奏難易度★★★★☆

コード進行はシンプルに「I-VIm-IV-V7-I」という、王道中の王道。ド定番なコード進行です。

ただ、ロックに多いキーで実音A(サックスでF#)キーです。調号が#6個という超難しいキーです。

「ロックやポップスバンドでサックスを吹きたい!」って場合は絶対に克服しなければいけないキーです。

さて、定番進行なので、今回はペンタトニックを中心に作っています。コードトーンも無視して、ペンタトニックです。

ロックでもコードトーンに合わせたほうがもちろんいいです。しかし、今回は勢い任せでいいように、ペンタトニックです。F#ペンタなので、シとミを封印です。

しかし、シとミ封印だけではソロを長く作るのも困難なので、半音階を混ぜています。ペンタトニックだけでは臨時記号は入りません。臨時記号部分は半音階を使うことで、ちょっとしたアクセント的な要素にしています。

ペンタトニック+半音階で少しジャズ感も出てくるようになるので、サックスっぽさも出てくると思います。

また、ペンタトニックは6度(F#ペンタならD#の音)を上手く使う必要があります。コードトーンには含まれない音ですが、非常にオイシイ音です。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

C Jam Blues的コード進行でのソロ例

「C・ジャム・ブルース」でのコード進行です。
今回のコンセプトは「替え指を使う」です。

演奏難易度★☆☆☆☆

Cジャムブルースと言っても実音でCなのでサックスではAのブルースですね。

難易度は高くしていませんが、要注意ポイントが16分音符のところです。
「ドレドシ」か「ラシ」となっている音使いです。

ここは替え指を使わないと厳しいです。

まず「ドレドシ」。

ここでは「レ」が替え指になり、高音域(パームキー)のレで、オクターブキー無しで押さえます。

この運指は通常運指ではなく、ピッチも少し低くなります。しかし、速いフレーズなので、ピッチよりも滑らかな音使いを優先するので、この替え指で演奏します。

ちなみに、ソプラノやテナーではこちらの方をよく使うプレイヤーもいます。

他にも「レ」よりもピッチが正確な「レ#」のキーの方を押さえる場合もあります。

ラ#についてはシ(左手人差し指)+右手人差し指でやっています。ラ#は右手のサイドキーと、Bisキーが一般的ですが、これも速い音使い(装飾音符)のときにこちらの運指を使います。

ゆっくり演奏すると通常運指でも出来ますが、速いフレーズに対応できるように、替え指も知識として入れておくのは重要です。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

音を出さずにサックス練習【小指の動かし方をマスターしよう】

サックス運指の弱点でもある小指。指が動く人と動かない人では違いがはっきり分かります。

弱点の人は小指を「押さえる/離す」という動きですが、それが「押さえる/スライドする」という動きの違いになります。

小指だけ押さえるという運指は存在しません。他の指(人差し指・中指・薬指)も必ず押さえています。そこで、離すという動きは他の指と力の方向が逆向きになってしまうので、遅いというのが原因です。

スライドするというのは指の力の方向を同じにするという意味です。同じ方向に向くと力を抜きやすくなり、速く動くようになります。



PR

「レ」を使うオクターブの切り替え練習

オクターブの切り替えは難しく、脱初心者の壁の1つです。そのオクターブの切替練習です。

基本的には「ソ」「ラ」「シ」の3音と「ドレ」の組み合わせです。

1:ソドレ・ラドレ・シドレ基本パターンです。オクターブキーの動きに気をつけてください。
2:ソレド・ラレド・シレド1のド・レを入れ替えたものです。
3:ソドレ・ラドレ・シドレ(オクターブ上)1のオクターブ上です。パームキーを使うレに注意してください。
4:ソレド・ラレド・シレド(オクターブ上)2のオクターブ上です。
基本パターン

この4つのパーツをそれぞれ演奏するだけではそこまで難しくありませんので、初心者向けの練習です。

その後に4つを下記のように組み合わせてみます。

  • Aは1,1→1,2→1,3→1,4
  • Bは2,1→2,2→2,3→2,4
  • Cは3,1→3,2→3,3→3,4
  • Dは4,1→4,2→4,3→4,4

難易度が激変し、すごく難しくなります。

オクターブの切り替えの難しさ、親指(オクターブキー)の難しさが全然かわります。テンポを上げればかなり高難易度になります。

オクターブの切り替えのイメージがしっかり出来ていないとなかなか動かない運指なので、自分の演奏しているオクターブもはっきりとイメージできるようにしましょう。



PR

Solar的コード進行でのソロ例

「ソーラー」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「速い音使いでのド#を演奏する」です。

演奏難易度★★★★☆

1コーラス12小節の曲ですが、ブルース進行ではなく、転調も多いのでなかなか掴みづらい曲です。

キーはAmですが、3小節目からDのII-V、CのII-V、B♭のII-V、最後にAmのII-Vという4つのキーのII-Vがあります。そこのキーをしっかりと対応できるようにしておく必要がある曲です。

さて、今回はド#(レ♭)を入れるようしています。

速いフレーズのド#ですが、何も押さえないので簡単そうに見えますが、実は間違える箇所として多い運指です。

他の音使いは「押さえる」という動きに対して「離す」動きになるからです。

ついつい何か押さえてしまったり、走ったりするのがこのド#です。リズムもさまざまなものを使っているので、確実なリズムで演奏しておきたい演奏です。

ちなみに、15小節目のレの音は左手パームキーを使っています。速い運指だと通常のレの運指はできないので替え指を使います。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

Em(Root-9th)からの跳躍運指練習

Eマイナー・スケールの運指練習ですが、1・2音目でミ・ファ#を先に吹いてから3音目で上昇・下降するスケール練習です。

[A]は「ファ#(9th)・ミ(Root)」と吹いてから、その後に上昇/下降しています。

[B]は最初を「ミ(Root)・ファ#(9th)」と吹いてから、その後に上昇/下降しています。

ポイントとなるのはパームキーです。いかに高音の「レ・ミ」をスムーズに運指を行うかが重要になります。

[A’][B’]はその1オクターブ下です。

これも最初は簡単ですが、オクターブを跨ぐあたりで急激に親指の運指が難しくなります。

1オクターブ違うだけで難易度も異なるので、2オクターブ分しっかりと行ってみましょう。

指は中指に力が入りすぎてしまい遅れる傾向にあります。指が痛くなる場合は中指に意識してみましょう。もちろんオクターブキーの親指も力を抜く必要がありますが。



PR

Killer Joe的コード進行でのソロ例

「キラー・ジョー」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「オクターブ下の跳躍を入れる」です。

演奏難易度★★★☆☆

AセクションはI7と♭VII7の繰り返しです。コード進行を覚えるのは簡単ですが、1小節ずつ変わる調号(♯や♭)あわせた演奏にするには少し難しい進行です。

しかし、ファンク系でもよくあるコード進行なので、慣れておくことも大事です。

Bセクションも基本的にはII-V進行なので覚えやすいですが、これも調号が複雑です。本当にコード進行は覚えやすいけど、調号に適応させるには難しいという曲です。

さて、今回は8分音符でオクターブ下の跳躍音を入れています。

これは実際には吹かなくてもいい音です。

オクターブ跳躍なんて裏返りやすいし、オクターブキーの動きも難しいし、実際にすごく小さく吹くので、結構イヤな音です。

1音前の高い音が重要で、その音を4分音符で吹いちゃえばいいんです。

では、何故入れるのかというと、それが「スイング感を作る」ということに繋がるからです。

4分音符で「ター・ター・ター・ター」と吹くだけでも上手い人はスイングします。何故かというと「・」の部分に秘密があります。

「ターターターター」じゃないんです。「ター・ター・ター・ター」なんです。その「・」の部分に小さい音でオクターブ下の音を入れてあげるのが今回の目的となります。

何気ない4分音符でもカッコよくする方法の一つです。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

3音・3度音程のスケールとリズムの複合練習

3度音程のパターン練習です。基本的には下がって上がるパターンで、シンプルで定番の形です。その基本形と応用練習。

[A]は3度音程の下降パターン。まずは「3度下がる」を考えなくてもできるようにすることからです。

そこから[A’]。下がって、元の位置に戻る。この3音が今回の基本形です。

さて、[B][C]が応用パターンです。

[B]は8分音符で演奏します。3音パターンなので、表拍と裏拍が入れ替わります。騙されないように、3音グループの最初の音に軽くアクセントを入れると分かりやすくなると思います。

[B’]はそれを裏から始めたものです。裏拍からも入れるようにしておきましょう。

[C]はさらに難しくなります。3連符パターンですが、それが3連符1個分ズレています。ここでは表拍の音を意識できるようにしてみましょう。

[C]なら最後のミと表拍を合わせる、[C’]ならドの音を表拍と合わせるような感じです。

しっかりと拍と運指と音階名を合わせるトレーニング方法です。



PR

Sidewinder的コード進行でのソロ例

「サイドワインダー」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「同じような音使いで1音だけ上昇・下降する」です。

演奏難易度★★★☆☆

難易度はそこまで高くないと思っていますが、速い&パームキーが多いので、表記はちょっと高めにしています。

さて、コードは2拍ずつのコード進行になっていますが、B7やE7は無視です。実質Cの24小節ブルースです。

通常のブルースは12小節なので、倍の長さになったと考えておけばOKです。

C7C7C7C7
F7F7C7C7
G7G7C7C7
このブルース進行で、それぞれ2小節ずつなので24小節ブルースです。

ブルースなので、ブルーノート(キーCなのでミ♭)を使うようにしています。

フレーズは2~4小節目で「シ♭・ラ・シ♭・○」を使うようにしています。○の部分の音を上昇させているようにしました。

2段めの7~9小節目に「○・シ♭・ラ」を使っています。

この曲は16分音符で吹くにはテンポが速いので、上手く8分音符を使わなければいけません。

そこで、このようにメカニカルな事を持ってきてインパクト与えるようなフレーズ作りをしてみます。

連続する音使いでも1音変えるだけ変えると印象がガラッと変わる方法です。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

Aナチュラルマイナー・トライアドのアルペジオパターン

Aナチュラルマイナーのトライアド(3和音)アルペジオパターン練習です。

Amのアルペジオは「ラ・ド・ミ」や「ラ・ミ・ド」がありますが、そこにオクターブまでイメージする事ができるかどうかです。

音階名だけでオクターブのイメージをすることは「オクターブキーの運指の難しさ」、「音の裏返りの難しさ」に深く関係します。

アルペジオのパターンもオクターブをしっかりとイメージできるようにしましょう。

ちなみに、「ドレミで覚えるジャズアドリブの法則」では音階名をわざと記載していますが、これはオクターブのイメージをちゃんと出来ているかどうかも重要な要素です。



PR

Sugar的コード進行でのソロ例

「シュガー」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「♭7th→パッシングトーン→Rootを使う」です。

演奏難易度★★★☆☆

テンポはゆったり目です。

今回は♭7th→パッシングトーン→Rootを使うようにしています。分かりやすく言えば♭7thから3音の半音階を使うことです。

Am7ならソ・ソ#・ラ、E7ならレ・レ#・ミといった感じです。

3音なので、3連符を使うことになりますが、8小節目のように8分音符と組み合わせるのも使い方の一つです。

「♭7th→パッシングトーン→Root」はビバップスケールとも言われる音使いの一つで、フレーズでコードトーンを出す場合によく使われます。

3連符ではブルージーな雰囲気、8分音符ではビバップ的なジャズのフレーズ作りになりやすい音の使い方です。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

ミ○シの運指練習

サックスのフレーズでは頻繁に「ミ・ソ・シ」など、ミとシに挟まれるような音使いがあります。

その中でも2音目が左手の場合の運指練習です。

ミ○シとなる下記の音使いの練習です。

  • ミ・ソ・シ
  • ミ・ソ#(ラ♭)・シ
  • ミ・ラ・シ
  • ミラ#(シ♭)・シ

[A]はそれらを1つずつ繰り返し行うものです。楽譜では1小節(4回)のみにしていますが、苦手な場合はリピートして何回も叩き込むほうがいいでしょう。

[A’]は1回ずつ上昇・下降するようにしています。

[B]と[B’]はそれらの下降タイプです。

[C]は[A]と[B]の複合です。

個人的には「ミ・ラ#・シ」のタイプが嫌いです。ラ#は右手のサイドキー(taキー)を使うようにしていますが、サックスの弱点運指の一つです。



PR

Recorda Me的コード進行でのソロ例

「リコーダ・ミー」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「臨時記号の理由を知る」です。

演奏難易度★★★☆☆

この曲のアドリブの楽譜は異常に臨時記号が多い曲です。その理由が曲中での転調が多いからです。

16小節の曲ですが、F#マイナー→Aマイナー→Gメジャー→Fメジャー→E♭メジャー→Dメジャー→F#マイナーと転調しています。

曲自体はF#マイナーなので調号は#3個で記譜しますが、転調に対応するために臨時記号が楽譜に多くなります。

この曲では6種類のキーが存在する難しい曲なので、それぞれの調号をしっかりと把握しておくことが重要です。

キー調号
F#マイナーファ#、ド#、ソ#
Aマイナー調号なし(全てナチュラル)
Gメジャーファ#(ド、ソがナチュラル)
Fメジャーシ♭(ファ、ド、ソがナチュラル)
E♭メジャーシ♭、ミ♭、ラ♭(ファ、ド、ソがナチュラル)
Dメジャーファ#、ド#(ソがナチュラル)

調号さえ分かれば後はそれに対応するだけ!!ってそれが難しいですが…。

スケール練習も指体操ではなく、調号を把握するような練習が必要不可欠な曲です。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR