What Is This Thing Called Love?的コード進行でのソロ例

「What Is Thins Thing Called Love / 恋とは何でしょう」的コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「ハーモニックマイナーとメロディックマイナーを使い分ける」です。

演奏難易度★★☆☆☆

この曲はマイナーII-Vが多用される曲です。

そのマイナーII-Vは2種類あり、Em7(♭5)-A7-Dmと、Bm7(♭5)-E7-A△7があります。通常マイナーII-Vはマイナーコードに解決するので、Bm7(♭5)-E7-A△7のメジャーセブンに解決するのはかなり珍しいタイプになります。

さて、今回のポイントがV7のA7とE7です。

マイナーII-VのV7の場合は完全5度下のハーモニックマイナーを演奏します。A7ならDのハーモニックマイナーです。

それに対し、E7の方はメジャーコードに解決するので、ハーモニックマイナーよりも完全5度下のメロディックマイナーで演奏する方がスムーズな流れを作ることが出来ます。

  • A7→Dハーモニックマイナー(レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ♭・ド#)
  • E7→Aメロディックマイナー(ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ#・ソ#)

もちろんA7でDメロディックマイナーを使っても大丈夫ですし、E7でハーモニックマイナーを使っても問題ありませんが、このスケールを使うとテンションもしっかりとハマりつつ、前後のコードのハーモニーに合わせやすくなります。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

ダブル・クロマチック・アプローチを使ったスケール練習

アプローチノートはジャズのアドリブで重要な音使いです。そのアプローチノートでも、さらにもう1音半音を足したのが「ダブル・クロマチック・アプローチ」です。

分かりやすく言うと1拍分の半音階です。

ここでは1拍目と3拍目をターゲットノートにして、2拍目と4拍目でダブル・クロマチック・アプローチを使っています。

しかし、いつでも使えるわけではありません。

1小節目の4拍目などがそうですが、ターゲットノートがファの場合、ダブル・クロマチック・アプローチを使うと表拍がミ♭から始めなければいけません。しかし、ミ♭はスケールの音ではないので、できる限り表拍から避けたいので、ここでは通常のアプローチノートにしています。

他にもダブル・クロマチック・アプローチが使えない場合は通常のアプローチノートにしています。

[A]はCメジャースケール、[B][C]はドミ・レファ〜と3度音程スケール練習のバージョンで作っています。

これはできれば[D]を見ながら(B,Cを見ないで)やってみると瞬発力を養う練習にもなります。



PR

Shiny Stockings的コード進行でのソロ例

「シャイニー・ストッキングス」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「アドリブに装飾音符を入れる」です。

演奏難易度★★★☆☆

スムーズジャズでは当たり前のように使われる装飾音符で、かっこよくメロディーを聞かせる技術です。

その装飾音符ですが、4ビート系では使われることは少ないです。特にアドリブは。

しかし、メロディーをかっこよく聞かせる方法なので、今回はアドリブでもガンガン取り入れて作っています。

装飾音符は運指的な問題で偶然入ってしまうこともありますが、もちろん意図的に使いたい技術です。

装飾音符はほとんどが半音下の音を足すというように考えていますが、特に重要なのが「シ♭→シ」。シ♭は両手とも人差し指を使う運指でやっており、装飾音符の定番中の定番なので、是非マスターしておきたい運指です。

装飾音符だと比較的簡単に作っていますが、装飾音符を入れると難易度が上がります。まずは装飾音符無しをマスターし、どのように指の動きを足すの考えるとわかりやすくなっています。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

Cheese Cakeコード進行でのソロ例

「チーズケーキ」進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「2種類のメロディックマイナーを使う」です。

演奏難易度★★★★☆

AセクションはAマイナーとDマイナーの2つのマイナーキーが存在しています。

そこでAマイナーではAメロディックマイナー、DマイナーではDメロディックマイナーの2種類のメロディックマイナーを使っています。

スタンダードでマイナーコードの場合、3和音か4和音は結構重要ポイントで、3和音の場合はナチュラルマイナー、ハーモニックマイナー、メロディックマイナーの3種類から選ぶことが出来ます。

この曲は「Am」でも「Am6」として演奏されることが多いので、ここではメロディックマイナーを選択しています。

マイナーコードで長7度の音(いわゆるマイナー・メジャー7)を使う事に慣れてみましょう。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

3連符とタンギング強化のスケール練習

同じ音が連続する場合は基本的にタンギングを使って音を切りますが、それを3連符に入れたものです。

[A]はCメジャースケールで、2回同じ音+1音上昇/下降するパターンです。

同じ音が2回連続する時、ここでは3連符の2個目の音でタンギングするようにします。

大事なのは、それ以外にタンギングをなるべくやらないこと。

タンギングが遅くなる原因の1つに「タンギング多すぎ」というものがあります。必要最小限のタンギングにしておくことが大事です。

その2番目の音にアクセントを持ってくると分かりやすいと思います。



PR

Fly Me To The Moon (3/4拍子)的コード進行でのソロ例

「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」の3拍子バージョンでのソロ例です。
今回のコンセプトは「3拍子でアプローチノートを使う」です。

演奏難易度★☆☆☆☆

Fly Me To The Moonは「In Other Words」というタイトルで、もともとは3/4拍子の曲だったようです。

今回はその3拍子で作ってあります。

3/4拍子でももちろん小節の変わり目などで、アプローチノートは使います。ターゲットノートの半音下を裏拍で入れることには変わりありません。今回はその3拍目でアプローチノートを多用しています。

4拍子と入る場所は異なりますが、3拍子でも使えるようにします。フレーズは難しくないので、シンプルな中に半音を入れ半音を使えるようにします。

アプローチノートは裏拍で入れるので、4/4拍子でも3拍目の裏でもよく使います。3拍の感覚に慣れるようにしてみましょう。

楽譜・音源はこちら



PR

Smile的コード進行でのソロ例

「スマイル」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「5連符を使う」です。

演奏難易度★★☆☆☆

バラードで演奏されることの多い曲ですが、ミディアム・スローくらいで作っています。

今回は5連符をたくさん使うようにしています。

1拍に5つの音を入れる時、ジャズの場合は「3連符+16分音符2つ」、もしくはその逆で「16分音符2つ+3連符」で演奏することが多いです。

実際、この譜面もそのリズムで演奏してもいいと思います。

しかし、ここは敢えて5つの音を均等にという5連符にしています。テンポが速いと「5つの音を入れる!」と思えば5連符になるのですが、テンポゆったりだと均等というのも考える必要があります。

大事なのは、5連符の後の表拍。ここがピッタリ合うようにすればリズムも合わせやすくなると思います。

楽譜、音源のダウンロードはこちら



PR

3度音程+オクターブ跳躍の練習

3度音程の練習にオクターブの運指も混ぜた練習です。

基本的には3度インターバル→オクターブ跳躍→3度インターバル→7度インターバルの繰り返しです。

3度音程を音階名だけでなく、混乱しやすいオクターブキーの動きも含めてしっかり叩き込むためのスケール練習です。

Aを基本形にして、Bは3連符で3度インターバルをスケール的に分解しています。跳躍がないですが、その分、速くしています。

AよりもBの方が基本的なので、こちらの方を先に練習するほうがいいかもしれません。

CはAを半拍遅れにしたものです。裏拍始まりにしただけで超絶難しくなります。しっかりと表拍の音を感じながら演奏する必要があります。

どれも速くすると急激にできなくなる「テンポの境目」があります。これを少しづつ速くしていけるようにしてみます。



PR

「一生使えるサックス基礎トレ本」Part8動画

「一生使えるサックス基礎トレ本」のPart8にある3曲の動画をアップしておきました。

ただし、普通にやるのであれば付属の音源でいいので、テナーサックスではなくソプラノサックスに変えてみたり、音源を変えてみたりと、少しだけ付属のものから変えてあります。

Someday My Prince Will Come

The Way You Look Tonight

Someone To Watch Over Me

使用音源(The Way You Look Tonight)

The Way You Look Tonightは今回スイングでカラオケを作ったのでダウンロード可能にしました。



PR

Doxy的コード進行でのソロ例

「ドキシー」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「ダブル・クロマチック・アプローチを使う」です。

演奏難易度★★☆☆☆

「アプローチ・ノート」は目的の音に向かって使う導音です。ジャズでは半音下の音をよく使い、「クロマチック・アプローチ」となります。

その「クロマチック・アプローチ」が2音、半音階で進む場合を「ダブル・クロマチック・アプローチ」と言います。

わかりやすく言うと「1拍以上の半音階」です。

半音階も上昇型だけではありません。下降型もあります。通常のクロマチック・アプローチでは上からの半音階はあまり使われないので、ダブル・クロマチック・アプローチになる場合が多いです。

今回は4拍目にダブル・クロマチック・アプローチを多用しています。

それにしてもこの「Doxy」という曲はドミナントセブンばかりのコードで、本当にコードトーンの通りに演奏するととんでもなく難しい曲です。

しかし、いろいろなプレイヤーの演奏を聞くと分かりますが、ドミナントをマイナーセブンとして演奏しているフレーズがたくさんあります。

ドミナントセブンも#9thというテンションを使うと考えれば、通常の3rdの音じゃなく、マイナースケールでもいけるということです。

つまり、ダイアトニックコードになるので、アドリブしやすくなります。今回も色々なところでマイナーに変えてみたり、ブルーススケールにしてみたりしています。

楽譜、音源のダウンロードはこちら



PR

アプローチノートを含んだアルペジオ練習(Cmajor & Gmajor)

ジャズでよく使われるアプローチノートとアルペジオを混ぜたスケール練習です。

[A]はCメジャー、[B]はGメジャーになっています。

2拍ごとのグループになっており、それぞれ最初の音がド、レ、ミ、ファと順に上昇/下降するようになっています。

ここでポイントが2拍目の裏と4拍目の裏の音。これが次の音(ターゲットノート)の半音下になっています。

半音下のアプローチノートの場合はさらにその1つ前の音(ここでは2拍目と4拍目の表拍)はターゲットノートよりも高い音になることが重要です。

アルペジオ+アプローチノートはその形を作りやすく、アドリブフレーズでも多用される音の並び方です。

1.5拍でアルペジオ、残りの0.5拍でアプローチノートを使えるための実践的なスケール練習です。



PR

One Hundred Ways的コード進行でのソロ例

「ワン・ハンドレッド・ウェイズ」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「16分音符のシンコペーション(16分音符-8分音符-16分音符)を使う」です。

演奏難易度★★★★☆

本来はまだBメロ&Aメロがまだ続きますが、Aメロ繰り返しの16小節✕2回で。

今回は16分音符のシンコペーションを多用しています。「タ・タ−・ター・ター〜」といった感じに連続する16分音符ウラです。

テンポが90なので、16分音符は必須です。そこで、16分音符を連続するだけでなく、うまく音を伸ばし、音数を増減コントロールすることも重要です。

その伸ばし方で重要なのがシンコペーションです。フレーズの中に伸ばしを入れる時に楽譜の「タイ」が入っているかどうかです。

今回はたくさん入れていますが、「タイ」を自由自在に使えると16分音符も生きてきます。

あとはドミナント7thでオルタードスケールもどんどん入れるといい感じになるコード進行です。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

4音半音階の上昇下降・パームキー

前回の「4音半音階の上昇下降」を高音域でパームキーを中心に行ったものです。

パームキーは半音階でも難しく、指がバタつきやすいところです。運指の難易度も上がります。

今回はさらに、タンギングの要素も付け加えます。

基本的には裏拍タンギングです。このパームキーあたりは運指を勘でやってしまいがちです。

勘でやってしまうとタンギングと運指が全然合わなくなってしまいます。

しっかりとコントロールし、運指とタンギングを合わせるようにします。

[A]は半音ずつ上がるパターンで、パームキーを使っています。

[B]はそれを16分音符ずらしたものです。タンギングの位置に気をつけます。

[C]は基本的にCメジャーキーでのパターンです。拍の最初の音と最後の音がCメジャーのスケールの音になるような組み合わせを書き出したものです。



PR

Mercy Mercy Mercy的コード進行でのソロ例

「マーシ・マーシー・マーシー」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「16分音符の三連符を使う」です。

演奏難易度★★★★☆

コードはAセクション「G7-C7」の部分が本来8小節ですが、ここは16小節にしています。その後にBセクションになっています。

セッションなどでは「G7-C7」がオープン(合図出るまで)で演奏する場合が多いですね。

さて、G7-C7でのソロではコードトーン無視で、Cミクソリディアン1発で無理やり押し切っても大丈夫です。G7で「シ♭は#9のテンションだ!」と言っちゃえばいいので。もしくは「G7でブルーノートを意識したからシ♭」でもいいですが。

それでも、ここはコードトーンを守って「シ↔シ♭」と小節ごとに変えるようにしています。

さて、このテンポ100前後で16分音符だけではソロのリズムに変化を出すことが出来ません。

そこで今回は16分音符の3連符を多用しています。

作り方はシンプルに、普通に16分音符を4音並べて1拍作る→最初の音を8分音符(0.5拍)に伸ばして、残り0.5拍に3音詰める(3連符にする)という感じで作っています。

もちろん運指も速くなる訳ですが、それをきれいに演奏すると逆にのっぺりとした演奏/平坦な演奏になってしまします。

あえて何を吹いたか聞き取れないようにちょっと小さめに吹くのもカッコよくなる方法の1つです。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

4音半音階の上昇下降

半音階を4音、半音ずつ上昇下降するスケール練習です。

半音階の譜面なので、楽譜を見るほうが逆に難しいです。まずは4音ずつ半音階を上昇/下降することが出来るようにします。

止めずに演奏できることが目的です。

基本的には拍の最初の音をしっかりと覚え、しっかりと半音階の運指に反応し、考えなくても半音階の運指が出来るようになることが目的です。

そして「B」は16分音符分ずらしたものです。

こうなると、最初の音だけでは出来ません。表拍の音(タイで繋がれた最後の音)までしっかりとイメージできないと、この半音階は出来ません。

「A」で無意識でも出来るような運指の練習となりますが、「B」は無意識からまた音を考える練習になります。

AとBでは全然レベルが異なりますが、半音階を確実にできるようにしていくための練習です。

半音階なのでカラオケはどれを使っても大丈夫です。ここではモリタートの100でやっています。


PR

Bossa Antigua的コード進行でのソロ例

「ボサ・アンティグア」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「■.5拍のモチーフを3回連続で使う」です。

演奏難易度★★☆☆☆

キーはFで、コード進行はIIm7-V7-IIIm7-VI7という逆循環進行です。

2-5-3-6は曲のエンディングでは定番の使い方です。とはいえ、曲のコード進行ではあまり見ないかも。普通の1-6-2-5(もしくは3-6-2-5)は定番ですが。

さて、今回は同じようなリズムの形を3回連続で使いますが、全て「■.5」拍というように中途半端な拍数にしています。

つまり、フレーズの表拍と裏拍が入れ替わります。

カッコのところが該当するフレーズになります。

聞くと分かりますが、同じ形を使ったようには聞こえないと思います。もちろんそこが狙いなのですが。

作成するソロなど、マンネリ化していく場合は何かしらアイデアを入れていかなければ打破できないです。

「表と裏を入れ替える」というのも立派なアイデアの1つだと思います。

もちろんこの表と裏を入れ替える場合はアドリブで出てくるようなものではないと思っています。瞬時に入れ替えるなんてなかなか厳しいです。

アドリブ譜を書く場合、いわゆる「書き譜」を作る時に使えるアイデアだと思ってみて下さい。

楽譜、音源のダウンロードはこちら



PR

小指を絡めた1オクターブ以上の跳躍スケール

サックスで簡単そうに見えて難しい運指がオクターブキーの動き。

そのオクターブキーの動きに小指を混ぜると、難しい運指になるだけでなく、跳躍音程で音も裏返るし、超難易度アップです。

また、小指とオクターブキーが絡むと、スピードによっても難易度は激変します。遅いと簡単ですが、速いと超難しくなります。

ということで、下記のようなスケール練習。

[A]は右手、[B]は左手の練習です。

基本的には「レ・レ#・ミ」もしくは「ソ・ソ#・ラ」でその後に半音ずつ上昇/下降する音が付くようになります。

やると分かりますが、オクターブの「レ#」「ソ#」の跳躍がすごく難しいです。

しかし、「レ#」「ソ#」の箇所だけやると出来ます。全体を通すと急に難しくなります。

音は高くなるけど指を押さえるという感覚が重要になります。

出来ない場合は徐々に難しくしてみます。

  1. 1拍ずつ個別にゆっくりやる
  2. 複数拍を連続してゆっくりやる
  3. 1拍ずつ速くやる
  4. 複数拍速くやる
  5. 全体をゆっくり
  6. 全体を速く

是非挑戦してみて下さい。



PR

極小サウンドでサックス練習【フラジオ・ラ】

サックスで家でもできるくらいの極小サウンドで練習するフラジオ・ラです。

「フラジオ・ソ」でもやることは基本的に同じです。

しかし、「フラジオ・ラ」は片手でできる運指です。つまり、右手を使うことが出来ます。

音を出すのはソの方が簡単です。フラジオのラは息の入れ方がガラッと変わるので。

ガラッと変わる分、単発でラは出しやすいと思う場合もありますが、やはり「曲の中で使えるフラジオ」となるとラの方が難しいと思います。

そんな「フラジオ・ラ」ですが、簡単に出す方法が唇を上向きに押さえること。もっと行ってリード自体を指押さえてみてもいいです。

すると、どこかのポイントでフラジオに変わるところがあります。

そこがアンブシュアでも力を入れる場所です。

ただ噛み締めて、息をしっかり入れるのではなく、必要最小限に力を入れる。

そのために、極小サウンドで、指を使うというのは非常に効果的だと思っています。



PR

Footprints的コード進行でのソロ例

「フットプリンツ」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「異なるキーのマイナーペンタトニックを使う」です。

演奏難易度★★★☆☆

この曲は3/4拍子の24小節マイナーブルースです。半音ずつ降りてくるようなコード進行が特徴的ですが、基本的にはブルース進行です。

ブルースにおいてマイナーペンタトニックは鉄板なスケールなので、Am7でもDm7でもマイナーペンタトニックを使っています。

Aマイナーペンタトニックラ・ド・レ・ミ・ソ
Dマイナーペンタトニックレ・ファ・ソ・ラ・ド

しかし、それは1コーラスまで。

2コーラス目はペンタトニックでもAm7でBマイナーペンタトニック、Dm7ではEマイナーペンタトニックという、異なるキーのペンタトニックを使っています。

通常、キーはAマイナーなので、Am7では通常Aナチュラルマイナースケールを使います。

しかしこの独特なベースライン、そしてこの雰囲気。ナチュラルマイナーで普通に演奏するのもいいですが、ちょっと同じマイナースケールでも雰囲気を変えてドリアンを使用してみます。

「モード曲」扱いです。

ナチュラルマイナーからドリアンに変えてもAマイナーペンタを使用しても全然問題ないですが、ここでもう一つ、全音上のBマイナーペンタも全然使えます。

Aドリアンラ・シ・ド・レ・ミ・ファ#・ソ
Bマイナーペンタシ・レ・ミ・ファ#・ラ

Bマイナーペンタの音はAドリアンに含まれているんですね。だから使用しちゃえということです。

あとはマイナーペンタで普通に演奏してもいいし、モードのアドリブっぽくフレーズに4度インターバルを織り交ぜると面白くなると思います。

もちろんAm7ではなく、Dm7ではDドリアンなので、DマイナーペンタとEマイナーペンタを使っています。

音源、楽譜のダウンロードはこちら



PR

音を出さずにサックス練習【フラジオ・ソ】

サックスの音の技術で大きな壁として存在するのがフラジオ

もちろんフラジオを極めればサックスも3オクターブに音域が広がり、いろいろな曲を演奏できるようになります。

が、もちろんそこには技術が必要です。
フラジオを出すコツもあります。

そしてもう一つ、練習方法も少し考えてみましょう。

フラジオの練習って音を出さなきゃいけないですか?

いや、そんな事はないです。小さい音でも、息だけの音でも十分練習になります。

フラジオの印象って高い音をパーンっと吹くわけですが、高い音を大きく出すのは技術です。つまり難しい。

音とは波(空気の振動)のこと。速い波=高い音となるので、力任せに一気に息を入れる方がイメージに近いかもしれません。

しかし、それは逆効果です。むしろ速い波を作りやすい小さい音のほうが簡単です。

口の中の形を作るだけです。口の中で息の流れをコントロールすることが重要です。

運指をしっかりと覚え、息だけで吹いてもフラジオの音は聞こえます。そこから極小サウンドに持ち込めば家でも十分にフラジオの練習はできます。コツを覚えれます。

速い波を作りやすい小さな音でフラジオを練習し、そこから大きくするほうが断然つかみやすいです。

ということで、息だけの音→極小サウンドでフラジオ・ソのコツを掴んでみましょう。



PR