AKAI Professional -EWI-について

AKAIから出ているEWI(Erectric Wind Instruments)の最大の特徴はタッチセンサーということです。これがサックスをやる人には一番慣れが必要なことですが、慣れるとサックスでやうよりももっと速い運指が可能になります。 またリップセンサーもなかなか素晴しいです。

音源の方は3020mあるいは3030mという選択肢があります。
アナログ音源の3020mはアナログ特有の暖かみのある音が特徴です。音作りなどやってみたい方はこちらです。
3030mはサンプリング音源で出来ているということです。どちらがいいとはいえませんが3020mの方がEWIらしい音がします。

EWI USB

現在はEWI4000Sとなり、音源とコントローラーが一体化されています。これにより3020よりも大きくなりましたが、今まで2Uあった音源ラックがなくなり、持ち運びに関してもかなり便利になったほか、エフェクターも搭載されているのでよりデジタル系のシンセサイザーとして確立された楽器になっています。

EWI4000s

また、PCで音を出す事を目的としたEWI USBも新たに発売されました。音源はPCを利用してソフトサンプラー(専用音源は付属)などになっています。
本体に音源やエフェクターは無く、出力はUSBのみ。その為、エフェクターや音色はPCのスペックに依存されます。
ただ、オクターブも5オクターブ(EWI4000は7オクターブ)と少なく、グライドも無いのがデメリット。
しかし、PCで音色を作れる事や、音源部分が無いのでコンパクトな設計、そして安い事も魅力です。

EWI3020

YAMAHA -WX-について

YAMAHAから出ているWXシリーズの特徴としてはやはりMIDIアウトが付いているということです。つまりWXからMIDI音源へ直にさせるということです。しかしこの楽器欠点は敏感すぎるということです。例えばドからレへいく時などの多少の指の遅れを見逃してくれないことです。

そしてこの楽器の最大の特徴はやはりVL70-mです。この音源はバーチャルアコースティック音源搭載ということです。ブレスノイズなどもシミュレートしてあるのでかなり使えます。
そしてこの音源はコンピュータでエディットもできるみたいです。(私はまだエディットしたことはないので詳しくはわかりません)いろいろな管楽器の音が欲しいという人にはこちらをどうぞ。

WX5

ウィンドシンセイサイザーを演奏しよう

今市販されているウィンドシンセサイザーはAKAIのEWI4000s、EWI USBとヤマハのWX-5になります。この2種類でも特徴があります。

まずは音源部分ですが、EWI4000sは本体に内蔵された音源を使用する事が出来ます。EWI USBはPCでソフトシンセを使用しての音だし、WXはVL70-mのような音源を別途用意する必要があります。

この音源部分ですが、個人的にはEWIシリーズの方がより電気的な音、VLシリーズのほうがよりアコースティックな音色がイメージしやすいです。

もちろんシンセサイザーの知識があればこの音色をエディットして自分の好みの音を出す事も可能です。

また、SAX奏者がウィンドシンセサイザーを演奏するとき、一番困るのがキーの動きです。EWIのタッチセンサー、WXの軽いキータッチ。慣れるまで少し時間がかかりますが、慣れてしまえば全然平気です。EWIにも後づけでキーが動くようにできますがEWIの特徴が一つ失われることになるのであまりオススメできません。

ウィンドシンセサイザーの上達方法で一番手っ取り早いのはやはりコピーです。好きなプレーヤーを見つけがんばってコピーしましょう。

基礎技術の上達で効果的なのはサックス用のエチュードがいいと思います。簡単なものでは”H.Klose 25 Daily Exercises For Saxophone”があります。