リードの硬さとロングトーンの相互関係を考える

「良い音を出すために変化する対応力」も考えていますか?

ロングトーンは重要な練習方法ですが、それは「良い音を出すために変化する対応力」も考えていますか?

良い音の条件って色々とありますが、その中に「自分の思っている吹奏感と吐いた息のイメージが同じ」というのがあると思います。
要は息が詰まって苦しいとか、息が抜けて抜けて苦しいというのがない状態。息ってしっかり吐いても、吐く量と音量のイメージが合っていれば苦しくないんですよね。

で、その「息を吐く量と音量のイメージ」って常に同じだと思ってません?
それって結構違うんですよ。

場所によっても違うし、個人練かバンド練かによっても違うし、体調にもよるだろうし、リードの状態によってもぜんぜん違う。
つまり、「ロングトーンで良い音を見つけた」と思っていても、環境が変われば全然異なるんですよ。

その中でも、今回は特にリードに重点を置いてみます。




息を当てる場所を前後するだけでも鳴り方は変わる

ロングトーンでは自分は息をリードに当てるようにイメージするように言っています。
>>息とリードについての記事はこちら

では、良い音がするっていうリードに息が当たる場所を見つけたらちょっと別のリードに変えてみてください。
同じ場所で良い音を鳴らそうとしてもあまり上手くいかないと思います。

そこからちょっと前後に息を当たる場所をずらしてみるとまた鳴り方が変わってくると思います。
リードって一枚一枚、本当に異なるので、どれも同じ場所を狙っても良い音が出るとは限らないです。

ロングトーンをやって「あ、このリード硬いかも?」と思ったらほんの少し先端部分を狙うだけでも鳴るポイントがあるし、「息が詰まるなー」と思えばちょっとだけ奥(ネック)側に息を当てる場所のイメージをずらすだけでも全然変わります。もちろんリードミスが出る場合も同じく息を当てる場所を変えてみます。

同じリードでも新品と何日も使ったリードはもちろん、吹き始めと、何時間も吹いたあとでも異なります。もちろんそこまでシビアじゃないですが、高音を大音量で吹くときは神経を使いますね。

つまり、良い音が鳴る吹き方は毎回同じじゃないってことです。

ロングトーンでは毎回同じリードを使うやり方

自分はロングトーンでは毎回同じリードを使うやり方を勧めています。

ロングトーンの練習をやる場合はどのリードを使ったか、しっかりと覚えておき、まずは一枚のリードをしっかりと鳴らす場所を覚えることから始めます。自分の基準が出来てないうちにリードをコロコロ変えると良い音が見つからないのは当然といえば当然。

その次にリードを何枚か替えてみて、鳴るポイントが変わってもちゃんと対応できるようにというのが大事かなと思います。

「リードが鳴る」という場所がイメージしやすいのが自分の中で優先順位の高いリードになりますが、やはり自分の吹き方を無理に変えてまで鳴らそうとするのもどうかと思うので、そういう場合はサヨウナラとしています。

リードも安いわけではありません。結構高いと思います。どうやっても鳴らないリードはサヨウナラですが、自分に合うリードを見つけるだけでなく、リードに合う吹き方を見つける、「良い音を出すために変化する対応力」は使えるリードを増やすという意味で、コスト的にもいいかなと思います。

PR

舌の位置&形を考える(舌奥編)

吹いているときの舌の形を考え、舌先については「舌の位置&形を考える(舌先編)」で書きましたが、今回は舌の奥の方にスポットを当ててみます。

舌先と、舌奥のセットで考えてみましょう。

さて、演奏している時に舌先から舌の奥の方をイメージした時に、どこにいるか考えてみます。
舌の奥はどこにいますか?

  • マウスピースよりも高い位置にいる(舌先より上がった位置)
  • マウスピースよりも低い位置にいる(舌先より下がった位置)

舌奥の位置が下というのは「お行」、ホやロなどを声に出すときのような感じで、舌の位置が上というのは高い声で「う行」を声に出してみると分かりやすいと思います。

吹いている時の舌の形をもう一度考えてみましょう。




自分の場合は高い位置の方を推奨しています。
理由は音量バランスとピッチ。この2つの相互関係が崩れてしまうからです。

舌の奥の位置が下がれば口の中が広くなるので、間違いなく音量は大きくなります。
しかし、それと同時にピッチも低くなりやすく、大きい音を出そうとすればするほど、ピッチは低くなってしまいます。

ピッチだけでなく、音を大きく出すのはそれだけコントロールを犠牲にします。
舌の奥を下げると音量は大きく出しやすくなりますが、その分小さい音が出しづらくなります。つまり、メロディーの演奏に最適かどうかと言われれば疑問が残ります。

自分の場合は音量は息の量で調整するのではなく、リードをどのように鳴らすかだと思います。
いかに少ない息で、効率よくリードを振動させるかです。
リードに息を当てる事と音量の関係について考える

まずはピッチと小さい音量でのコントロール重視。

大きい音↔小さい音、高音域↔低音域のピッチの正確性。舌奥の位置確立はこの正確性が目的です。
舌奥の位置をマウスピースよりも高い位置にし、曲演奏中にその状態をキープできることから始めてみます。

また、舌の形が平らなのか、凹んでいるのか、リードミスや音が裏返ってしまう人はこの辺りを考えるだけでも十分変わってきます。

舌奥の形を考えるだけで、徐々にピッチや音量の変化がわかるようになるので、コントロールがつくようになります。
いい音を求めるあまり、コントロールを犠牲にするのではありません。コントロール出来る範囲でいい音を出すように心掛けるようにし、そこからコントロールの幅を広げる(舌奥の位置を明確にイメージできる)ようにしてみます。

舌の位置を下げ、喉からダイレクトにリードに当てるようにイメージする場合の吹き方で演奏するプレイヤーも多いので完全に否定することは出来ませんが、コントロールということに関してはおすすめ出来ないと思います。

ちなみに、サックスの場合、ピッチが合わない問題は口も舌も関係があります。
高音域のピッチが高くなるのは強く噛み過ぎ(つまり口)問題ですが、高音域が低くなるのは舌奥の位置を考えるようにします。
さらに、舌奥の位置を下げている場合はビブラートもかけづらくなるので、そういう理由でもおすすめしていません。

音量やピッチに関することの多くは舌の奥、リードミスや音色などに関することの多くは舌先に原因がいる場合がほとんどです。
音をよくしたいのであれば、舌の形を考えるように!

PR

舌の位置&形を考える(舌先編)

自分の場合はアンブシュアといっても「舌の形を考えろ」とよく言います。

「吹いてる時、舌の形ってどうなってる?」
この質問から色々と見えてきます。その人の音色やピッチ、何を考えているかもだいたい分かるようになります。

もちろん吹いている時に舌なんて見えません。
見せることも出来ません。つまり、想像の世界でしかいないので、説明するのも難しくなるのですが…。

先程の「吹いてる時、舌の形ってどうなってる?」という質問に対し、一番多い答えが「分からない」です。
つまり、考えたことも無いという状態。

そりゃタンギングの時には舌の形は考えるかもしれませんが、音を出しているときは考えていないというのが一番多いです。

 

今回は舌の中でも「舌先」にスポットを当ててみます。




まず、舌先はどこにいる?

  • マウスピース(リード)の下
  • マウスピースの先端あたり
  •  舌の上は何も無い(マウスピースから外れた場所にいる)

この中で通常は「マウスピース(リード)の下」だと思います。先端あたりと答える場合は稀ですね。舌の上は何も無い場合は柔らかいタイプ(サブトーン)の音を出す場合などに使います。

次に舌先はどっちを向いてる?

  • 上向き(リード側)
  • まっすぐ前
  • 下向き(下の歯にくっついている)

自分の経験上は上向きです。やはりリードを振動させるためには息を上向きに、リードに当てると考えているからです。実際にそうやって吹いている人がほとんどです。

「まっすぐ前/下向き」でもいいんですが、リードミスが増えたり、ピッチの安定さにかけるので、個人的には上向きを推奨です。それこそ音のコントロールが気になるなという場合はここを修正することが多いです。

しかし、教えていて一番多いのは「まっすぐ前」と答える人。明らかに上向きなのに、まっすぐ前と答える。つまり、感覚と実際がズレているケース。

オクターブキーを押さずに高低練習をやるとよく分かります。低い音と高い音を出す場合で、リードに息を当てるけど、どこに当てる?高い音の時は特に特定の場所を狙わないと出ないはずです。そこから舌の形を考えてもらうと方向が分かりやすくなります。

思っている以上に質問攻めをすると自分の舌の形が分からなくなっていきます。そこから「何も考えていない」→「考えることが出来ればまだまだ音に改善の余地あり!」となります。

舌先を考える場合は場所と向き。重点的に。

PR

リードに息を当てる事と音量の関係について考える

サックスは息を真っ直ぐに入れるのではなく、リードに当てるような感じで吹くようにしています。

それについてはこちら
息をリードに当てる

低音域については奥側を狙い、高音域については手前側をねらうようなイメージで。

さて、ここにさらに「音量」というものが出てきます。
音量差についてはこちらについています

さて、「同じ音を大きく吹いて/小さく吹いて」と言われたときに何を変化させているか考えてみます。
ここで多いのが下記のような状態。単純に1音を出すためだけの話だとこうなる場合がほとんどです。

  • 深く咥えて、息をしっかり出せば大きい音になります。リードも奥の方を狙うような感じ。
  • 逆に浅く咥え、息を少なめに出せば小さい音になります。リードも手前側を狙うような感じ。

しかし、これは音量差を変えるためにアンブシュアを変えている状態です。推奨していません。
これでは曲では使えないからです。そもそもそんな余裕がないというのが一番ですが、ピッチも楽器のコントロールも崩れてしまいます。

音域によって息がリードを狙う場所を変えますが、音量では変えない!狙う場所は常に一定!

「同じ音の場合、大きい音も小さい音でも常にリードの同じ場所を狙い、音量差をつける。」と考えておきます。

こう考えた後に音量差をつけようと思っても、思っている以上に音量に変化が出ません。
逆にリードミスが増えたり、音が裏返ったり、ピッチが異常に変わる場合もあります。

それが現在の音量差の実力。それが曲の中で起こる事です。これを改善しなければいけません。
狙う場所は一定でも、ちゃんと音量差を出せることが望ましいです。

一番の目的は自分の中でコントロールできる範囲の中で音量差をつけれること。
そしてそのコントロールできる範囲を知ることです。

音量差を考えるというのは、ただ単純に音量差をつけれることではなく、「息がリードを狙う場所を変えずにどれだけ音量差をつけることが出来るのか」ということです。

そこでアンブシュアの見直しなどが必要になってくるわけです。

そこで一つロングトーン練習。

  1. 高いドの音を伸ばします。リードのどこに息を当てるのかしっかりとイメージします。
  2. 次に大きい音で同じ高いドの音を伸ばします。リードの同じ場所に当てるように。
  3. 小さい音で同じ高いドの音を伸ばします。これもリードの同じ場所に当てるように。

さて、この3種類を全部同じ場所で狙うと音量差を付けづらいということが分かります。

自分にとって音量差によって音が裏返らない、リードミスが起こらない、どこに息を当てるのが最適なのはどこかを考え、そこから徐々に音量差を広げることができるようにします。

出来るようになると低音も行ってみます。高音域とどのように変化があるのかを考えます。

  1. 低音ドの音を伸ばします。高音域とリードに息を当てる場所が異なるはずです。
  2. 次に大きい音で同じ低いドの音を伸ばします。上記とリードの同じ場所に当てるように。
  3. 小さい音で同じ高いドの音を伸ばします。超絶難しいです。楽器の状態も良くないと難しいです。

リードを狙う場所を考え、どれだけ音量差を出せるのかがロングトーンなどで行う重要な練習方法です。

PR

自分に合うサックスのリード選びを考える

サックスのリードの選択について考えてみます。

リードの考え方について

まずは基本的な自分のリードの考え方です。

自分の場合は少数派な考え方だと思いますが、1枚のリードをローテーションもせず、長く使っています。
もちろん本番と練習用というように分けてもいません。常に同じです。

理由は基本的な考え方は失敗しないリード選びを考えているからです。
つまり、「すごくいい音を求める」のではなく、リードミスや音の裏返りなどのリードが原因によるストレスが無い「安定した音」を優先しています。

その交換時期が大体1枚が1〜2ヶ月くらい。そのくらい使うと、リードミスが増え始めたり、音が異常に明るくなってきたなと感じるので、限界かなと思って変えます。

もちろんヘタってます。音のハリも無くなっています。
しかし、固定して使うと、そのリードの普段の状態が分かるので、吹き方を自分で調整しています。
普段は音が裏返らないのに、みんなと合わせたり、本番時に急に裏返ったり、息が詰まったような感覚があるのは自分のせい。音に異変があっても、その原因が自分にあると分かるだけで、息の使い方をコントロールすれば元に戻るからです。
演奏中に「冷静になれ」と言い聞かせる事も出来るメリットを優先しています。

リードの選定について

さて、リードの選定についてですが、まずは一箱の中から数枚取り出して試してみます。
リードは「平均的に」という考え方を持たなければいけません。自然の産物なので、リードの個体差、いわゆる1枚1枚の硬や音質のバラつきが大きいからです。
つまり、硬さや音色、吹奏感については1枚を吹いて判断することは出来ません。同じ箱の中からでも何枚も試し、何枚中何枚良いのかという、母数(要は失敗経験)を増やさないと本当の硬さなどは分かりません。1枚試しただけで「吹きやすいからこれが良い/悪い!」というのは単なる運でしかありません。

最低、1箱(10枚)くらい試し、その中から何枚くらい気持ちよく吹けるかを考えてみましょう。ただ、リードも最近は高騰してきているので、何枚も何箱も一気に買えとは言えません(買ったほうがいいですが)。特に学生の吹奏楽部員には。そこで、自分の考え方をちょっとまとめておくと、、、

リードの箱選び

  • 「1箱10枚全て使える」→残念ながらありません。
  • 「1箱の中から5枚以上使える!」→大きい音、小さい音など音量を変えてもう一度チェックし、本当に5枚使えるのか見直す。
  • 「それでも1箱の中から3枚以上使える!」→まだ継続して使い、様子見。
  • 「1箱の中から1~2枚しか気持ちいいのがない…。」→硬さが合ってないから変える。(例:3→2 1/2など)
  • 「使えるリードは多いけど、息が詰まるタイプのリードが多い」→柔らかいので、硬さを少し上げることも考える。(例:2→2 1/2など)
  • 「息が抜け、スースーした音しか出ないものが多い」→硬いので、柔らかくすることを考える。(例:3→2 1/2など)
  • 「硬さは好きだけど、ヘタるのが早い」→リードのブランドを変える。(例 ダダリオ系→バンドレン系)
  • 「ヘタるのが早いけど、音は好き」→まだ継続して使い、様子見。
  • 「音をダークな音色にしたい」→リードの個体差の場合が多いですが、ハート部分(リードの中央)が厚いものを選ぶ(例:JAVA→青箱)
  • 「音を明るくしたい」リードの個体差の場合が多いですが、ハート部分(リードの中央)が薄いものを選ぶ(例:青箱→JAVA)

 
もちろんリードとマウスピース、リガチャーとの相性もあり、一概にこれが全てとは言えないですが、このように考えて、次のリード購入時に決めるようにしています。

リードのメーカー

PR

サックスの「指が転ぶ・指が動かない」問題を考える

サックスで運指に問題もなく、軽やかに動けばそれは素晴らしいです。しかし、誰しもが「思ったように動かない」という壁にぶち当たります。

その解決として出来ないところは何回もやって身体で覚える方法があります。しかし、それでは今度は「走る」という問題も出てきます。
つまり、身体で覚えるというのが、最も適した解決方法かどうか考える必要があると思います。

ここで、夜でも音を出さずに運指を高速化する練習方法というのやってみます。

ポイントになるのが「思ったように動かない」の「思ったように」という箇所です。
本当に自分の指の動きを正確に考えているかどうかです。曖昧な部分を全部なくしていきます。

指は勘で速くは動きません。ちゃんと運指を「考える速度を上げる」に向き合う必要があります。
何回も吹いて覚えるのも、結局は指の動きを考える速度を上げる方法なので、ただ、指の動きを考えることだけに特化する時間も作ってあげます。

例えば16分音符だらけの速いフレーズがあります。
これが出来ない場合、まずは音階名を声に出して言えるようにします。もちろん目標とする速さで、手拍子・もしくはメトロノームありで。
※理想は目標とする速さの1.2倍以上ですが。

もちろん声に出すので、#や♭は全て無視。
ドレミファ〜という感じです。

ここからが重要ですが、その言った音階名の指の動きを想像してみます。
もちろんここでは#や♭も含めて。オクターブキーの動きや、パームキーの動きも。

小指はちゃんと動いた?親指も正確に動いてる?
ラ#の動きは正確?ド#はちゃんと指を離してる?

このように、自分の指を動かさずに、ひたすら考える/想像するだけです。
やってみると、出来ないフレーズは見事に自分の指の動きのイメージができないということが分かります。つまり、正確に考えられないものは正確に動くはずがありません。勘で動かして正確なリズムで出来るはずもないです。つまり、指が転ぶという問題になってしまいます。

「運指が遅い」という改善方法ですが、運指を行わずに「自分の指の動きを考える速度を上げる」ことが非常に重要です。

もちろん、こればかりやっても吹けるようにはならないので、実際に吹いてみる練習が必要ですが、この考える練習を行った後にやると動きがガラッと変わります。
自分の指の動きをイメージするって思いの外難しいです。

出来ないフレーズがある

音階名を声に出して言うようにする

音階名を正確な速度で言えるようにする

指を動かしながら音階名を言ってみる

指を動かさずに、出来る限り指の動きをイメージしてみる

吹ける時間に実際に吹いてみる

イメージの通りに動いてるのか、そもそもイメージの速度が追いついていないのかを判断する

イメージは正確だけど、指の動きが間に合わない場合は練習あるのみ!!

PR

薬指・小指+人差し指の動き

薬指&小指の動きはサックス運指の最大の弱点です。そこに人差し指の動きも絡めるとさらに動きが鈍くなってしまいます。

Aは薬指&小指だけの動き。
前半が右手、後半が左手の動きになっています。

まずはこれを均等なスピードで出来るようにします。2〜3回のリピートではなく、ある程度時間(30秒間や60秒間など)を決めてこなせるようにします。
これが出来るようになってくると、人差し指に少し力を入れてあげると速く動くようになる事が分かるようになります。

その後にBをやってみます。人差し指の動きを足し、前述の「力が入る」というものを意図的に使えなくしたものです。
これを行うと中指に異常に力が入り、一気に薬指&小指の動きが遅くなるのが分かります。

コツは「力を抜く」しかないのですが、どのように力を抜くのが効果的なのかを分かってもらうための方法です。
しかし、やり過ぎには注意が必要です。慣れていないと疲れや痛みが腕部分ではなく、手の甲に来ます。これは力の入れすぎなので、出来るようになるまでやるのではなく、完成度は程々にしておき、日数をかけてやるようにします。

あと、右利き・左利きも重要な要素です。
右利きは右(レレ#ミ)が動かず、左利きは左(ソソ#ラ)という、利き腕のほうが遅くなります。
自分は利き腕は力を抜く方を意識し、非利き腕は鍛えるというイメージを持つようにしています。

ダウンロード(PDF)

PR

左手親指のオクターブキーの動きを考える

以前右手の親指の動きを書いたけど、左手の親指の事も。

左手の親指はオクターブキーの動きで大活躍する指の動きだけど、ここの動きも負担を減らす動きを考えてみる。

「オクターブキーを押さえる」と言うとどういう意味に捉えて、どういう動きをするか見てみると、本当に楽器側にグッと押し込む動きをする人が多い。
オクターブキーを指圧マッサージするような感じ。

でも、これって力が入りすぎてるので遅い。
押さえる動きはいいかもしれないけど、離せない動きだから。

自分の構え方だとこんな感じになっている。

これで楽器を外すとこんな感じ。

 

サックスを持つように人差し指、中指、薬指を縦にまっすぐ並べるようにすると自然と親指って上を向くんですよね。
もちろん横向きにすることも出来るけど、それって力を入れるか、人差し指、中指、薬指を伸ばさないと出来ない。

親指が上を向いた状態で親指を動かすとこんな感じになる。

つまりオクターブキーの動きっていうのは「押さえる」という言い方がいいかというと必ずしもそうでもない。
最初はわかりやすいからそう言うけど、「親指を下に向ける」という方がイメージに近い。

左手親指を置く場所(サムレスト)の上部から下に向かって行く動きが出来るようになると親指の関節部分が宙に浮くこともなく、しっかりと動かせるようになる。

けど、もちろんこれも個人の関節の硬さにもよるところかあるので、一概に全部そうとはいえないけど、親指に負担がかかりすぎて痛くなる場合はちょっと考え方を変えてみるのも重要かなと。

PR

利き腕と非利き腕の練習

2014年の記事に「左手(非利き手)に右手よりも優れた能力があることが明らかに」というのがありました。

 日本学術振興会海外特別研究員の横井惇氏らによる研究グループは、左手(非利き手)が右手よりも「反対の手の動きに合わせて柔軟に対応する能力」が優れていることを明らかにした。

 利き手が右手の人の場合、左手は右手のサポートをすることがしばしばあるが、これは左右の手の優劣を反映した結果なのか、それとも左右の手それぞれが持つ能力によるものなのかは分かっていなかった。

 今回の研究では、左右の手が連動する運動学習をおこない、右手の学習効果は左手の運動に干渉されないが、左手の学習効果は右手の運動から大きな影響を受けていることが明らかになった。さらに、ワインボトルの開け閉めのように、一方の手の運動に応じてもう一方の手が受ける負荷が変化する実験をおこなったところ、左手の方が学習が迅速に進み、その学習量は右手の2倍にまで達することが分かった。これらの結果は、両腕を動作させる運動においては、左手の方が反対の手の動作に応じて柔軟に運動を調節できることを示している。

 今後は、左右の手で役割分担が生じる仕組みの解明や、効果的なリハビリテーション方法の開発がおこなわれていくことが期待される。

自分もサックスを吹いていて、前々からサックスは利き腕(右手)よりも非利き腕(左手)の方が指は速く動くと思っていました。
とはいえ、「鍛えないと動かない」とも思っているので、それこそ毎日左手の指のトレーニングは毎日欠かさず行い、それで左手も問題なく指は動くように鳴っていると思っています。

しかし、この記事を読んで、最近は左手の運指が動いていない(動きが遅い)と感じる場合にはあえて右手を重点的にやることで効果が得られることも分かってきました。

例えば「ソラソシソド」という左手の運指。これを右手に同じような指の形に置き換えると「レミレファレファ#」となります。自分の場合は明らかに右手よりも左手の方が速く動きますが、初心者の人は明らかに右手の方が速く、なおかつミスも少ないです。しかし、右手で重点的にやってもらった後に、左手に移すと何故かスムーズに動きます。
つまり指の動きを叩き込むためには利き腕を中心に行うと指の動きを理解しやすいんだなと思っています。

しかし、難しいのは左右混合の場合。例えば「レソレラレシレド」。これを左右の指を反転させると「ソレソミソファソファ#」となりますが、この場合は効果がないんですね。どちらか一方の指の動きに限定しないといけないみたいです。

肉体的なトレーニングも大事ですが、頭の中で指の動きを考えれるようにすると指は速く動くようになり、指の動きを考えるためには左右反転にするのも効果的だなと思っています。

PR

タンギングとアンブシュアの深さを考える

「タンギングが苦手です。」というのはたくさん聞く。それはタンギングがどこに、どのように、どんな感じでリードに当たっているか分からないという場合だよね。だからタンギングの有無だけでなく、リードミスやピッチの問題まで起こしちゃう。

ほとんどの原因がイメージのズレから起こるもの。初心者で代表的なズレはタンギングはマウスピースとリードの間を塞ぐもの→塞ぐのではなく、リードの振動を押さえるという風にしていく。
他にもタンギングをしようと思いすぎるあまり、舌先に力が入ってしまい、舌の奥(喉の上部)の力が抜けてしまう問題もよくある。

残念ながらタンギングはお互いに見せることが出来ない。だから「こうなっているかもしれない」という想像で教えるしか無い。
でも、最近はタンギングの教え方で分かりやすく効果がある教え方が分かってきた。

マウスピースを通常よりも極端に深く(場合によっては1cm以上)くわえてタンギングをやる。
その後に通常よりも浅くくわえてタンギングをやる。
それを2〜3回繰り返す。

もちろんこの場合はピッチがずれたり、リードミスが起こったりする。当然といえば当然なんだけど、これが起きる原因を考えると、アンブシュアの深さに比例してタンギングの当たる場所も変化しているから。これを「深さを変えても舌がリードに当たる場所を同じにする」と思ってもらうだけで全然変化する。

タンギングって、アンブシュアの深さが変わっても常に当たる場所は同じにしておく必要がある。だからアンブシュアの深さを変えてもタンギングの当たる場所は一定にしておくことが目的。つまり、これで安定したタンギングができるようになれば口の中でリードの位置を正確に把握できるようになっていきます。正確な場所=正確なタンギングに近づくという感じです。

毎回マウスピースをくわえる場所が寸分の狂いもなく一定だと思う?息継ぎしてもずれない?人間がやっているんだから絶対にずれる。マウスピースにつく傷とかを見れば一目瞭然。
他にも音域や音量によって若干だけど深さも変わる(ま、上の歯と下の歯問題もあるけど)。その時に舌がリードに当たる位置がずれればそれはタンギングの質も変化しちゃう。

これはタンギングにトラブルを抱えている人だけでなく、音色や音量に問題を抱えている人にも効果的だった。要はそのマウスピースに対して自分のくわえる深さを理解するためにも。
マウスピースは深くくわえるとピッチが落ちていくけど、ピッチの許容範囲内でどこまで深くくわえることが出来る?みたいな感じで。

PR

舌の形とサックスの音との相互関係

音を形成する上でアンブシュアよりも喉を重要視しています。喉といえど、それをさらに上下に分割してみます。下側が楽器のコントロールを担う声帯、上側が音色に影響を与える下の付け根になります。ビブラートなどを含む音の揺れはほとんどこの舌のコントロールになっていますが、その舌の付け根部分を安定させると音色にもかなりの影響が出てきます。

 

しかし、ふと読んだこのサイトが気になりました。
http://www.viralitytoday.com/things-most-human-beings-cannot-do/2

6番のTongue Rollingというやつです。

 

舌を丸めることが出来ない?
自分は苦労することなく出来ます。むしろ全員できるものだと思っていました。しかし、サイトは99.9%出来ないとタイトルに書いてある。さらに気になるのが「遺伝」が理由で出来ないということです。

99.9%はさすがに嘘だろうと思って調べてみると、WikipediaにTongue Rollingという記載がありました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Tongue_rolling

すると日本人も24.72%が出来ないと書いてあります。

自分はサックスの音を出す時に息をマウスピースの中に入れるのではなく、リードに当てるイメージを持つことと言っています。その息の通り道をガイドするのが舌の役割だと思っているので、前述のとおり舌は音色に影響を与えます。

故に舌の形は非常に重要だと考えているので、舌の力の入れ方などはレッスンでもしっかりと取り入れています。しかし、約25%の人が遺伝が原因でタンギングや音色に改善の余地無しと出ると非常に面白く無いですね。
さらにサックス全体で約25%の人がタンギングなど舌に関することを苦手とするとは思えないんですね。ビッグバンドや吹奏楽などは5人以上いるので、1人が問題を抱えているはずもないので。

ということで、Twitterでアンケートを取ってみました。
すると全国から181人のサックス吹きの人から回答をいただけました。

見事にWikipedia通り25%が舌を丸めることが出来ないです。

と同時に、舌を丸めることが出来なくてもリードミスやタンギングに問題を抱えていないという回答も頂いています。

つまり、25%の人が舌の形を丸めることができない状態でも問題なくサックスを吹いているので、サックスにとって舌を丸めるような動きは必要ないですね。

確かに舌を丸める動きというのは舌先です。タンギングを含め、舌先を丸めるような動きは必要ありません。音の改善も舌の付け根に力を入れることで、舌先は力を抜けるようになるので、丸めるような舌先に力をいれることにはなりませんね。大事なのは舌先ではなく、舌の付け根(喉上の部分)だということを改めて思うようになりました。

よかったです、25%の人に遺伝が原因なので音やタンギングは諦めろと言わなくてもいいので。
とはいえ、舌のコントロールについては非常に重要なので、引き続き色々と調査してみたいと思います。

PR

楽譜と暗譜

楽譜と暗譜。これって結構対極にいることが分かってきた。

楽譜が得意な人は曲を覚えるのが苦手な場合が多い

実は楽譜を読むことが得意な人は失敗するのがとても嫌いな人に多い。演奏のミスが許せないから、徹底的に楽譜を読む。そして楽譜の準備も怠らない。「やってみよう」というと、絶対に楽譜の準備をしてくるし、その準備にちゃんと時間をかける。だから、それなりに出来る。

でも、メロディーを覚えれない。もちろん覚えようという意思はあるし、その努力も怠らない。けど、暗記出来ない。

原因は音感やリズム感にあると思っています。暗譜のやり方も、本当に一語一句間違えないように覚えようとするから中々入ってこないのは当然といえば当然。
もちろんそこで感覚に頼ることが大事なんだけど、音感やリズム感が絶対にあると言い切れる人は少ない。頼れない感覚よりも、しっかりと順序立てて数こなして覚えようとする。だから、余計に覚えれない。

曲を覚えるのが得意な人は楽譜が苦手な場合が多い

曲を覚える事が得意な人は感覚(音感やリズム感)に優れている人が多い。感覚で分かるから、とりあえず何事も出来る。拍も数えれるし、間違えそうな場合も事前に察知している事が多い。

けど、楽譜が読めていないから、「なんとなく」→「正確」が遠い。

楽譜にはたくさん情報が詰まっているから、シンコペーションなどの少しの変化に対応できないケースがほとんどです。
また、正確な16分休符なども取れていない場合がほとんど。感覚を鍛える練習に楽譜は必須なんだけど、そこを避けているから正確性は怪しい。

苦手分野の克服へ

実は両パターンともそれなりに出来る。楽譜が得意、暗譜が得意って場合も十分に演奏する実力は付きます。でも、そこからさらに伸びない。やはり「それなり」から抜け出せない。
苦手分野の克服がやはり一番の近道。楽譜が得意な人には暗譜の練習をしてもらう方がいいし、暗譜が得意な人は楽譜を読む練習をしてもらう。これをやってもらうだけで全然変わる。

そして両方とも同じ練習内容を勧める。それが「耳コピ」。
聞こえた通りに演奏するというやつです。

もちろん楽譜を書くことが前提です。
これにより楽譜が得意な人はさらに楽譜能力を鍛えることが出来る他、感覚を研ぎ澄ますようになれるし、暗譜が得意な人は読譜はもちろん、より休符などを意識した演奏が出来ます。
両方ともさらに自分を伸ばしつつ、弱点克服に繋がる練習です。

ただし、デメリットも。
それはツライ事…。

曲によっても変わる

暗譜と楽譜、得意分野は曲によっても変わります。
例えばファンクは覚えやすいけど、ジャズは全く覚えれないとか。もちろんこの場合はジャズをやれという感じになります。

しっかりと自分の特性を活かし、練習内容を組み立てる方が上達の近道となっていきます。

PR

構え方の右手の親指の方向について考えてみる

サックスの構え方にも色々とやり方があるけど、これは初心者には教えない内容です。こんなこと考えていたら曲が吹けなくなるから。ある程度の運指技術を身につけた人向けの内容です。

構え方で重要なのは右手の人差指、中指、薬指、小指。この4本が常に楽器本体に触っている状態が望ましい。レミファあたりのいわゆる押さえる音なら当たり前なんだけど、ソラシ辺りの左手しか押さえない時でも常に触っている状態にしてあげること。これが出来る様になると楽器の安定性が格段に上がるので、運指によるアンブシュアにもズレが出てこないという感じです。

それではその時の親指はどうなっているのかを考えてみると意外にヒントが見えてきます。

自分は指は押さえるというより、掴むという感覚のほうが近いので、軽くグーを作ってみます。もちろん親指が上で。
2015-11-13 11.16.29

 

すると、右手親指の方向は下方向に力が向くことが分かります。横ではなく、下方向に。
これを楽器に置き換えてみると下記のようになります。
2015-11-10 21.52.58

すると自然と他の指も曲がってくる感覚になると思います。

 

親指は横方向に向いていますが、明らかに力の方向は下です。グーの感覚と全く一緒です。

力の向きが下方向ではなく、横方向にしてみると、下記のように指を伸ばさないと出来ないです。
2015-11-13 11.16.40

つまり、指を伸ばした運指になるので、楽器からも指が離れてしまうという感じです。

他にも人差し指が親指よりも上にいる時も横方向に働きません。
これはサイドキーの誤操作を回避しているからこのような構え方になったとも考えられます。

親指の力の方向を考えるだけでもその他の運指に改善が見られる事が分かってきました。
親指は横に向いているからといって、横に力を入れるとは限りません。ちなみに上方向は楽器を親指で持ち上げている状態なので、間違いなく痛くなります(大体30〜40分が限界)。

確かに脱力することが運指を速くすることに繋がりますが、脱力するためには「力を抜く」という方法だけじゃなく、どこに力をどのように入れるかを考えてみることが大事です。

PR

高音と低音の息の角度のイメージ修正

ある程度吹ける人向けの内容ですが、「思ったように高音が出ない(裏返る・音が細い)」などの問題の他にも「タンギングの立ち上がりが遅い」「高音域と低音域でピッチが違いすぎる」といった問題の場合は口の中の息の流れのイメージを修正してもらうと解決することが多いです。
以前息をリードに当てるという事を書きましたが、そこからの応用になります。

息のイメージも慣れてくると自然と出来る様になるのですが、そこからさらに一歩踏み込んでみます。
「高音と低音どこをどのように変えて吹いている?」と聞いてみます。すると「リードの奥側に当てると低音域、リードの手前側に当てると高音域」といったように、リードに息を当てていることは出来ています。しかし、そこにもう一つ角度という感覚を持ってもらいます。

「息をどのような角度で当てていますか?」と聞いてみると、「低音域は上から下へ、高音域は下から上へ向かうイメージ」という答えが返ってくることが多いです。音感があるタイプの人は特に。
これは間違いではないです。特にサブトーンなどを出す場合は実際に下に向かうイメージが強くなります。しかし、前述の通り「思ったように高音が出ない」「タンギングの立ち上がりが遅い」問題の場合はここを修正する方が先決と考えています。

修正ポイントは息の角度を変えずに息の角度を前後移動できるかどうかです。
低音域は奥へ、高音域は手前に持ってくる感覚はそのままに、息の角度を一定に保つようにしてみます。これだけでも十分な変化が得られます。
2015-09-08 09.58.00

息の当てる角度が変わってしまうということは口の中、つまり舌の角度が変わっているということです。舌の角度が変わっているのでタンギングやピッチなどにも影響するということです。舌の角度や力の入れ具合をコントロールすることで低音域から高音域までバランスよく音を出すことにつながります。
もちろん「全く角度に変化なし」というわけではなく、許容範囲の感覚を掴む事が目的ですが。

もう少し進めてみると今度は「どこまで奥?どこまで手前?」という感じに音によって息の当たる場所の変化を考えてもらい、「どのくらいのスピードで奥にもっていけた?どのくらいのスピードで手前に持ってこれた?」みたいにその移動する速さも追求してみます。

実際の曲で行うのではなく、ロングトーンなどで考える重要な内容です。舌の形などは見ることも見せることも出来ません。どれだけ想像するかが重要になります。

PR

左手小指の位置を考える

親指(オクターブキー)の痛みと左手小指の関係

サックスで親指の付け根の関節が痛くなるのは関節が柔らかい人(特に女性)に多いです。親指をグッと逆方向に押してみると角度が90度以上行く場合はほぼ痛みを抱えた経験があると思います。それは30分以上演奏した場合に顕著に現れます。

2015-03-20-09.26.16

それでは痛みが無くなるためにはどうしたらいいのかというとやはり力を抜いて指を動かせるようになるしか方法を考えるしかありません。もちろん関節周りの筋肉を鍛えるという方法もあると思いますが、運指を速くするという本来の目的から遠のいてしまうような気もするので…。

その脱力の目安となるのが小指です。小指というのは力を抜くと自然と曲がったような形になっているのですが、伸ばしたままキーを押さえているのは要注意です。つまり指を曲げた状態のまま押さえることが出来るだけで痛みはかなり緩和されます。

小指を曲げなければ押さえれない位置でやってみる

しかし、実際の演奏で小指を曲げながら演奏するというのもなかなか上手くいかないものです。そこで、少し発想を変えてみます。

小指を曲げなければ押さえれない位置を使ってみます。

ソ#の運指はテーブルキーの上部にあります。ここを指全体で、キー全体の面積を使って押さえるのではなく、上部外側のみの面積(全体の1/4)のみを押さえてみます。

2015-03-17 19.49.29

2015-03-17-19.50.58

そこを押さえるようにするだけでも指は軽く曲がったようになっていきます。
それでも指が伸びてしまう場合は指だけじゃなく、左手の肘の位置など構え方を全体的に見直す必要があると思います。

(テーブルキーその他の押さえる位置もラッカーの剥がれ具合で大体わかりますね)

スケール練習でチェック

実際に自分もこの上部外側がメインの位置です。とくに装飾音符などを多用する曲の場合はここを定位置としておかないと指も速く動かないので。

しかし、いきなり曲で練習しても難しいので、スケール練習などでやってみてください。

押さえる位置が安定してくると指全体の力も抜け、速く動く運指/痛みのない運指というようになっていきます。

 

その他運指のことなどはこちら

PR

サックスの音量差への考え方

適正な音量とは

サックスの「適正な音量」というのは音程のズレがない状態で裏返ったりしないように吹ける状態の音量のことです。音量を大きくし過ぎる(息を入れ過ぎる)とピッチ(音程)は下がってしまい、コントロールもしづらい(裏返る)状態になってしまいます。

音量コントロールという意味では「平均的な音量調整」なのか、「音量差を出せるようにすること」なのかの2つの観点から見ていく事が重要になると思っています。

ここでは「音量差を出せるようにすること」に絞ってみたいと思います。

音量を上げる理由が「自分の音が聞こえないから」「バンドの人に言われたから」とという理由のみだと平均的な音量を上げる意味も含まれていますが、フレーズの音量差によって解決するケースもほとんどだからです。

音量差によって大きく聞こえる理由

実はプロであろうとアマチュアであろうとサックスで出せる大きい音、小さい音というのはそこまで差があるものではないと思っています。
(もちろんその僅かな差を出せるのに苦労しますが… 要ロングトーン!)

しかし、何故か大きく聞こえたりするんですよね。

その秘密がアーティキュレーションの使い方です。必要な時に最適な音量で、最適な音の長さで吹くこと。これだけであまり音が大きくなくてもズバッと聞こえます。ここの見分け方が上手い人は演奏がすごく適した音量に聞こえます。

実際にジャズでは高音のアクセントの音ははっきり聞こえますが、低音はあまり聞こえないフレーズが結構たくさんあります。コピー譜などの楽譜には書いてあるけど聞こえないというのが多いはずです。

常に大きい音というのは「大きい声で叫び続ける」という状態に似ており、逆に何を言っているのか分からない状態に陥りやすいです。コントロール不能に陥りやすいし。

重要なところだけ大きい声で言ってもらうほうが分かりやすいですよね(例:「ここテスト出るぞ」など)。

こういった人間的な心理部分に寄るところがサックス演奏時でも多いからです。

大きく音を出せるということは音量差を付けれるということ

まずは大きい音を出す練習も行ってみます。しかし、これは大きい音で吹いて聞こえるようにしようというのが目的ではなく、大きい音を出せるようになれば音量差による表現力を増やすことができるという意味です。

注意しなければいけないのが、大きい音のみを追求しすぎる場合は小さい音が全く出なくなっていくケースです。ただ単純に音量を上げるにはアンブシュアを緩めて吹けばいいのですが、それでは前述の通り、ピッチは下がってしまいバンド演奏で音痴状態になることが多いです。そしてアンブシュアが緩んでしまっては小さい音もでなくなってしまいます。

大きくするべき音はもっと大きく、小さくするべき音はもっと小さくといったようにコントロールできる範囲を広げることが目的なので、大きい音と小さい音の両方を行うようにします。

また、チューナーなどを見ながら音量や音域を変えてもピッチの誤差が出過ぎないように行うようにすると効果的です。

DSC_1011

ロングトーンやスケール練習でも音量差を考えた練習方法を取り入れることが重要です。

PR

8分音符だけのII-Vフレーズを変化する例

今では多数のフレーズ集も発売されており、実際に覚えたものを使ってみると取ってつけたような感じが出てノレないという経験がある人向けの内容です。

この「ノレない」という現象はほとんどがテンポに問題があります。

アドリブ初心者にとって速過ぎるテンポは難しすぎるので、市販のジャズのカラオケなどでは意図的にテンポを遅くしたものを録音していることが多いです。それもそのはず、いきなり速いテンポの曲でアドリブをやれというのが無理な話ですから。おそらくテンポ120位が多いと思います。しかし、ジャズの場合は120位はミディアムスローとなっており、やや遅いテンポです。

この120くらいのテンポというのは実は結構厄介で、初心者がアドリブ(いわゆる完全に思いつきフレーズ)をするには速く感じるテンポであり、逆にフレーズ集(決められたこと)を吹くには遅く感じるテンポです。
つまり、ゆったりなテンポで8分音符を演奏する場合はモッサリ感たっぷりの「取ってつけたような感じ」になって当然なんです。実際のジャズのアドリブを聴いても分かると思いますが、このくらいのテンポで8分音符だけで演奏している「名演」っていうのは無いです。つまり、なにかしら変化を付ける必要があります。

解決方法は2つ

1つは速くすること。
いわゆる最低でも160位(いわゆるミディアムファースト)まで上げるとフレーズもちゃんと機能し始めます。180位まで上げれるようになると8分音符だけでの演奏も十分かっこよく聞こえます。
しかし、このデメリットはアドリブ部分が難しくなることです。速いテンポで8分音符を吹き続ける技術も必要になります。

もう一つの方法がフレーズ自体にリズムの変化を入れることです。つまり、8分音符だけにせずに、3連符や16分音符を混ぜることです。
まずはこちらの方法を取り入れることを薦めています。

実際の例

最上段をオリジナルのフレーズとし、それを変化させたものです。

8分音符だけのII-Vフレーズを

変化の主な方法は4通り

  1. 休符&3連符に変化させる
  2. トリルを入れる
  3. 半音階を入れる(3連符に変化させる)
  4. 休符を入れる

1の休符&3連符はジャズ特有の裏拍始まりを作ることができます。
2のトリルはこの楽譜上ではABCの16分音符になっているところです。一瞬上の音に行くような感じです。
3のように半音階を足すので3連符にする必要があります。これもジャズ特有の半音階を使うことができるので効果的です。
4では2拍休みを入れてみます。始まりが変わるだけでも雰囲気は結構違います。これは「コードから外れるのでは?」と思われるかもしれませんが、コードよりももっと大事な「キー」がしっかりしているので大丈夫です。

このようにちょっとした変化を取り入れ、徐々に速いテンポに慣れるようにし、「使えるフレーズ」として覚えることが効果的です。

 

ジャズのアドリブに関してはこちら↓

PR

クロスフィンガリングと中指/薬指の難易度について考える

サックス運指の弱点、クロスフィンガリング。
このクロスフィンガリング時の難易度をもう少し考えてみます。

まずは下記のような譜例を演奏してみます(右利き用です)。
便宜上リピートマークにしていますが、10回以上、速く繰り返して演奏するようにします。

A,B,Cがそれそぞれ対になっており、最初の音が「ソ」か「ラ」になっているだけです。
クロスフィンガリングの難易

これを演奏した時にソトラ、どちらが苦手ですか?

最初は間違いなく「ソ」、いわゆる薬指を使う運指が苦手なケースが多いです。
速くすると指の遅れがさらに出て来るので難易度の高い運指です。

しかし、ある程度練習を積み、さらに演奏スピードを上げる(大体120くらい)と、これが不思議なことに「ラ」の方が難しくなります。

1回だけなら簡単ですが、複数回連続で行うと3本指を動かすよりも2本動かすほうが圧倒的に難しくなります。
「自分がどの指を動かしているのか分からない」という状態になります。特に中指を離しているのか押さえているのかわからなくなります。
この混乱状態を解決してあげることがクロスフィンガリングの克服に繋ると思っています。とは言え、「クロスフィンガリングが得意!」っていう人はありえないと思いますが。

とりあえず、まず習得したいのは3本運指でのクロスフィンガリング、そして速く連続して行うのが難しい2本運指を極める道筋がいいのではないかと思っています。もちろん指を痛めてはいけないので、練習量は程々にしておかないといけないですね。

ちなみに自分もアドリブ時に「ラドシドラドシド」みたいなフレーズを思いついて実際に吹こうとすると指が「もたつく」と感じることがあります。ソドシドは大丈夫なんですが…。

また、この弱点運指は左手親指が痛くなる人であれば特に重要視します。中指の力を抜くことでその親指の痛みからも開放されることが多いからです。


クロスフィンガリングを含めた運指ウォームアップ練習はこちら↑

PR

マウスピースだけの練習について考える

サックスの練習方法で「マウスピースだけで吹いて練習する」というのがあります。
この練習方法はいわゆる学校の吹奏楽部でよく行なわれるものですが、実はこの練習はよく指導者側で「意味の無いこと」とも言われています。

自分もこう考えていましたが、実はこのマウスピースだけで吹くというのも非常に重要な「初心者にとってサックスの音を知る」方法だと思っており、全く無駄なことではなく、非常に重要な役割もあると考えるようになっています。

サックスという楽器は音を出しやすい楽器です。正直、ある程度の肺活量があれば誰でも音を出せる楽器だと思っています。しかし、「良い音を出す」というのは本当に難しいです。サックス本体を組み立てて演奏するといわゆる「悪い吹き方(アンブシュアなど)」でも音は出ます。つまり、初心者にとっては音の善し悪しを判断するのが難しくなります。

そこで簡単な判断方法の1つとしてマウスピースだけで吹いてみます。その時に以下のことを重点的に聴いてみます。

  • どんな高さの音が出ているのか
  • どれだけ音を伸ばすことが出来るのか
  • 歯に不必要な振動を感じていないのか

基本に忠実な吹き方というのは高い音で、10秒以上伸ばせる状態で、歯に振動は感じません。大体10秒(男性なら13秒)以上伸ばせる状態であれば問題のないケースが多いです。
出来ない場合はアンブシュアが原因であり、改善する必要があります。リードやマウスピースの交換も必要あると思っていますが、10秒位ならダメなリードでも行ける可能性が高いです。(ちなみに自分の場合は60秒位は伸ばすことが出来ます)

実際に楽器を使った練習で「急に息が続かなくなった(音を伸ばせなくなった)」「音が割れるようになった」など、音に関するトラブルが出た時はもう一度マウスピースだけで吹いてみます。すると吹き方に問題が出ていることに気づきやすいです。
他にもマウスピースだけで綺麗に音が出ているが、楽器を付けた状態で異変があれば楽器(リードを含む)側に原因ということも考えられ、対処方法を考えることもできます。

マウスピースだけで吹くというのは「練習」というより「確認」という意味が強いです。指導する上でも初心者の人にサックスの吹き方を理解してもらう、分かりやすい方法です。聞いていて明らかに不自然な「音色・音の揺れ」が出て来るからです。

確かにある程度吹ける人にとってはあまり意味のない事になってしまいますので、吹き方のコツさえ掴めれば後は必要ないでしょう。

PR

サックスのリードの硬さについて考える

サックスのリードの硬さについて考えてみます。

前回も記載しましたが、リードは振動の幅が音量、振動の速さが音程になります。
振り幅が大きいと音も大きく、逆に振り幅が小さいと音は小さくなります。そして振動の速度が上がれば音は高くなり、振動の速度が遅くなると音は低くなります。

リードの振動で考えると高音は速い振動にしたいので、振り幅を小さくする(音を小さくする)方が音を出しやすくなります。逆に低音は振り幅を大きくする(音量を大きくする)方が出しやすくなります。

リードの硬さで考えてみると、柔らかいリードはしなるので、遅い振動(低音域)を出しやすくなります。逆に硬いリードは張りがあるので速い振動(高音域)を出しやすくなります。

つまり、高音域(フラジオを含む)をスムーズに出すためには硬めのリードをつけて小さく吹けば出すことは簡単です。
低音域を出すためには柔らかめなリードを使ってやや大きめに吹くほうが簡単です。

しかし、ここで問題になってくるのが音楽的演奏体力・筋力面の問題です。

メロディーは高音域を大きい音量で、逆に低音域は小さい音量で演奏するのが一般的です。リードの適した振動とは全く逆になってしまいます。高音域のアクセントや低音域の小さい音でのロングトーンはすごく難易度が高いです。

また、硬いリードはアンブシュアの筋力維持が難しく、すぐにバテてしまいます。吹き始めはいいのですが、連続して30分以上演奏するとそれは顕著に現れます。

残念ながら「高音域が大きい音で出せて、低音域を小さい音で軽やかに出せて、それでいてアンブシュアにも負担をかけないリード」という万能リードは存在しません(極稀に有りますが…)。

プレーヤーはリードの硬さに合わせて、適した奏法が出来る事が重要だと思っています。以下のようなのが考え方の例です。

  • 柔らかいリードは高音域が裏返りやすい。高音域は丁寧に吹くようにしよう
  • 硬いリードだから噛み過ぎに注意してアンブシュアに負担をかけないようにしよう
  • 大きい音量で高い音をスムーズに出したいのでやや硬めのリードを選んでみよう
  • まずは運指を確実にしたいので、吹奏感が楽な柔らかめなリードにしよう

個人的には柔らかめなリードで高音域を丁寧に吹くようにすることを薦めています。高音域でまずは小さく吹いて運指や吹き方に慣れてから徐々に大きくしていくという感じです。

ちなみに、柔らかいリードで高音域を出すと息が詰まったり、オクターブ下の音やリードミスが起こりやすくなります。逆に硬いリードで低音域を出すと音が掠れたように、遅れて発音してしまいます。

自分に適したリード選びが出来ることも重要な「音に対する技術」です。

他にも息の量も重要になりますが、これは以前書いた内容で解消するケースがほとんどです。振動を息の量でコントロールするのではなく、息の当て方でコントロールしようという内容です。とはいえ、息の量を入れすぎてすぐに詰まってしまう場合はリードよりもマウスピースの変更を視野に入れないといけないですが。

自分の現在の愛用はWoodstoneの2 1/2。ちょい高いけど、好みな硬さ。