The Chicken的コード進行でのソロ例

「チキン」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「コードを分割する」です。

チキンは16小節ブルースと言われるもので、コードもブルースとよく似ています。ということで、同じコード(ドミナントセブン)が続きます。

この場合、コードトーンを中心にアドリブする場合だと、どうしても同じようなことばかりやってしまう問題が出てきます。

例えば最初のG7ではコードトーンはソシレファです。その音だけで4小節アドリブを演奏するには無理があります。

そこで、「コードを分割する方法」を使います。
その代表的なものがIIm7-V7化することです。

G7→V7で考えると、IIm7→Dm7になります。
「Dm7-G7」、よく見るII-Vですね。

つまり、「G7」となっているところではDm7を足して、|Dm7 G7 |と2拍ずつコードを分割しています。

もちろん他のコードでも使えます。C7ならGm7を足して、|Gm7 C7 |、B7は|F#m7 B7 |とコードを分割することも可能です。

となるとオリジナルが下記のコード進行ですが、、

|G7 |G7 |G7 |G7 |
|C7 |C7 |B7 |E7 |
|A7 |A7 |A7 |A7 |
|G7 |G7 |G7 |G7 |

下記のようにII-Vに分割しています。

|Dm7 G7 |Dm7 G7 |Dm7 G7 |Dm7 G7 |
|Gm7 C7 |Gm7 C7 |F#m7 B7 |Bm7 E7 |
|Em7 A7 |Em7 A7 |Em7 A7 |Em7 A7 |
|Dm7 G7 |Dm7 G7 |Dm7 G7 |Dm7 G7 |

IIm7はマイナーペンタトニックや半音階も足していますが、基本的にはコードトーン中心に考えています。

するとG7では「アボイドノートがドだからそれを避けて〜」みたいなことからも抜け出してフレーズを作りやすくなります。

ファンクでもII-Vといったジャズフレーズを応用した作り方の例です。

16分音符中心でつくったので、ここでは2拍ずつのコードチェンジにしましたが、1小節づつのコード分割でもいいと思います。

アドリブ時にコードに縛られてしまうのであれば、コードを分割することも感がてみましょう。

PR

右手小指のトレーニング

右手小指は右利きの人にとって最大の弱点の一つ。速い運指が出てきてもスムーズに動かしづらい運指です。

そこで右手を中心に運指強化。小指を中心に鍛える(いじめる)内容です。

どえも速く、長くやってみますが、やはり3~4回リピートが限界かも。もちろんこの限界の先が鍛えるということなので、我慢してやってみます。

しかし、腱鞘炎と隣合わせな内容なので、そこはほどほどに。

運指トレーニングの基本は離す動きが大きくなりすぎないこと。最小限の動きにしないと速くならないです。

利き腕の動きは遅い(というか思ったように動かしづらい)ので、安定した力調整→速さを心がけます。

PR

PR

Feel Like Makin’ Love進行でのソロ例【ソプラノ編】

フィール・ライク・メイキン・ラブ進行でのソロ例(ソプラノ編)です。
アルトサックス編はこちら

基本的にはアルトサックス編と同様に、シンコペーションや装飾音符を意識して作っています。

そして16分音符も多めに、ハ−フ/ホール・ディミニッシュスケールもドミナント7で使うようにしています。ちょっと難し目なスケールを使う場合は16分音符で速く吹くと不協和な独特な響きが合ってくると思います。

このようなテンポ/リズムでソロを作る上では16分音符とシンコペーションが重要なポイントになります。

PR

「ピロピロ」とサックストレーニング

子供用玩具として定番「ピロピロ」(そもそもこれの正式名称なんて知らないんど…)。今はこれが腹式呼吸用トレーニングとして使われているらしい。

は?ピロピロ?子供用でしょ?そんなもん効くの?
と思った最初のイメージ。実際調べてみると本当に出てくる。

これを生徒さんからいただいたので実際に使用してみた。

1mの長さって結構楽しい。

普通に楽しい。まさに子供の頃の遊び道具が大人化したイメージ。

じゃなくて、、、、

実際に吹いた感じの感想として「サックスに効く!」

このピロピロ、吹くのに結構力がいる。グッと力を入れないと伸びない。その力を入れる場所がまさにお腹。本当に腹式呼吸を使う感じ。

腹式呼吸は横隔膜を使う呼吸方法。横隔膜はみぞおち辺りにある筋肉。このピロピロは本当にそこに負荷がかかる。実際吹き終わった後はそこが疲れる。まさにサックスを吹き倒した後のように。

楽しいから調子に乗って吹きすぎたというのもあるかもしれないけど…。

正直、このピロピロってのがどうして腹式呼吸を使うことになるのかは分からない。もしかしたら自分がもう腹式呼吸を使う吹き方しか出来ないからかもしれない。

でも、間違いなくサックスを吹く上で適切な場所に負荷はかかっている。なかなかいいと思う。

さらに、、、

これだけの息の量を使い、吹くのであればそれに対応できる口の周りの筋肉も必要となる。つまり「アンブシュア」にも効く。

特に口の両サイドに効いていれば十分。

もちろん口笛を吹くような形で吹いてしまってはサックスには効かない。ちょっと唇を巻き、サックスのアンブシュアで吹くといいと思う。

腹式呼吸(横隔膜)とアンブシュア(口周りの筋肉)を鍛える上でいい感じかも。

これは夜中にサックス吹けないけど、ちょっと鍛えたいときにいいのでは?
サックスぶら下げて指だけつかって、ネック付けずにピロピロ。

、、、、、うーん、ちょっとシュールかも…。

ただし、弊害も考えて使うといいと思います。

弊害というか、前提にないといけないのがこれを吹いて「鍛えることはできるけど、サックスは上手くならない事」

サックスうまくなりたいのであればサックス吹いたほうがいいです。ロングトーンの方が効きます。当たり前です。

音域や音量によって吹き方も変わるのに、このピロピロを吹いて満足していたらいちばん重要な「音楽力」が身につきません。

サックスは「吹く楽器ではなく「歌う楽器」だからです。

ピロピロがメインになってはいけないと思います。

ということで、自分の考えた効果的な練習方法

1:サックスを使ったロングトーンはやらない。代わりにピロピロ。

音の大きいサックスを使える時間は限られています。単純なロングトーンをやるならこのピロピロつかってロングトーンで十分。

2:音量差を考えた吹き方=伸ばすスピードとして考える

ピロピロのいいところは自分の息を可視化できるところ。つまりどういうスピードで息を入れているのか見える。じゃ、サックスの場合だと、このスピードが結構「音量」に近いイメージ。大きい音だと速く、小さい音だと遅く伸ばすような感じ。速い方でも遅い方でも力の入れ方が変わるから負荷がかかる場所も変わる。自分がどの音量でサックスを吹いているか考えて吹くといいかも。一定のスピードで吹くのって難しい。

3:サックスの本体部分をもってネックの代わりにピロピロ。

上記にもかいたけど、指と息を同時に鍛える練習方法になるかも。

ロングトーンもそこまで長時間やる練習でもないので、適度にピロピロで10分くらいの練習として代用可能ですね。

ということで、そこまで高価でもない(サックスの練習器具としてという意味で、ピロピロとしては高いけど)ので、ま、ちょっとした雰囲気変えたりしたいのであればいいのではないでしょうか。

PR

Strasbourg St. Denisコード進行でのソロ例【ソプラノサックス編】

「ストラスブール・サン・ドニ」進行でのソロ例【ソプラノサックス編】です。コンセプトはアルトサックス編と同じくジャズフレーズで音を敷き詰めることです。

コードはB♭メジャーのダイアトニックコードですが、そこに唯一違うキーのG7が入ります。ここではそのG7でちょっとテンションを入れたスケールを使っています。

アルトサックス編と同様に、16分音符をたくさん使い、半音階+B♭メジャースケールを中心に組み立てています。臨時記号は基本的に16分音符の2、4音目にくるように作るようにしています(前述のG7は違うスケールを使っているので違いますが)。

B♭の方はさらに音程差も考えて入れています。スケールでの演奏に慣れたら音程差も考えてフレーズを作るのもアイデアの一つです。

PR

Just The Two Of Usコード進行でのソロ例【ソプラノサックス編】

Just The Two Of Usコード進行でのソロ例【ソプラノサックス編】です。アルトサックス編と同じく、コンセプトはバップフレーズを使うことです。

B♭管でのキーはGマイナーです。アルトサックス編と同様に、Gマイナー・スケールを中心に作っています。

ポイントはD7。ここではファ#の音を入れるようにしています。D7でシ♭、ミ♭が入るので、Gハーモニックマイナーでの構成になっています。いわゆるD7hmp5↓(D7ハーモニックマイナー・パーフェクトフィフス・ビロウ)というスケールです。

シンプルに作るにはマイナーペンタトニックになりますが、半音階などを取り入れ、ビバップ風フレーズを取り入れた作りにしています。

PR

3連符の3音グループと2音グループ

3連符の3度音程での3音グループと2音グループの練習です。アルペジオで3連符での練習は定番のスケール練習ですが、それの応用で、3度音程の2音グループで下降/上昇したものを混ぜてみます。

3音グループの3連符はリズムも取りやすく、比較的簡単になります。しかし、2音グループにするとリズムが割り切れなくなるポリリズムになるので、急激に難易度が上がります。

いきなり3連符・2音グループで始めるのではなく、まずは3音グループで音符の速さを一度身に付けてから、2音グループに変化する方法なので、リズムトレーニング系のスケール練習でも比較的わかりやすいものになります。

2小節目はスラーの位置によっては簡単になります。しかし、簡単にすることが目的ではなく、3連符の速さを理解することが目的なので、しっかりとスラーを守るようにしてみましょう。

PR

PR

Satin Doll的コード進行でのソロ例

「サテン・ドール」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「移調したフレーズを使う」です。

この曲のキーはAメジャーですが、色々なキーでのII-Vが存在しています。

まず最初に「Bm7-E7」。その後に全音上に上がって「C#m7-F#7」。
※注)ここはテーマ演奏は2拍ずつのII-Vで、アドリブでは|Bm7|E7|C#m7|F#7|と1小節ずつコードが変わるのが定番ですが、今回は2拍ずつのコード進行で行っています。

その後に「F#m7-B7」、「Fm7-B♭7」という半音ずつ降りてくるII-Vというコード進行です。

たくさんのII-Vが出てくるのでもちろん難しいコード進行です。今回はそのII-Vを移調した同じフレーズを使うようにしています。

「Bm7-E7」と「C#m7-F#7」が移調したフレーズ、「F#m7-B7」と「Fm7-B♭7」が同じフレーズです。

これはアドリブの定番練習でもある12Keysの練習を曲でも使ってみる方法ですが、もちろん瞬時に反応できるようになるには時間がかかります。

コツは楽譜の下に書いてある数字です。これはコードのスケールディグリーと言われるものです。分かりやすくするとコード度数ですね。

このスケールディグリーを覚え、目的のコードに当てはめるようにします。

もちろんアドリブで直ぐにできるようになる訳ではないので、ひたすら修行あるのみですが、慣れてくるとだんだんスピードが上がるようになります。

まずは移調したフレーズを曲の中で使えるようにしてみましょう。

PR

Last Christmasコード進行でのソロ例

「ラスト・クリスマス」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「メジャースケール+半音階&16分音符を使う」です。

クリスマス曲の定番でもあるWham!(ワム!)のラストクリスマス。コード進行は定番中の定番「I-VI-II-V」。前回の「サンタが街にやってくる」でも使われていますが、今回は1小節ずつのコード進行です。

キーがAなので、Aメジャースケールで吹ききることができますが、半音階を入れ、なるべくAメジャー以外の音を使うようにしています。Aメジャースケールで行ったり来たりにばかりになってしまう場合は半音階をどんどん入れるようにしてみます。

しかし、ここでテンポの問題が。

テンポは105となっており、8ビートでこのくらいのテンポは非常に難しいテンポです。やはり8分音符だけでなく、16分音符を使いたくなるけど、16分音符だと速く感じるテンポだからです。

特に速いテンポでは運指的に左手小指の「ソ#」も難しいところ。ソ#の運指をうまく使えるようにしてみましょう。

小指練習

PR

Santa Claus Is Coming To Town的コード進行でのソロ例

「サンタが町にやってくる」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「メロディーを少し活かす」です。

有名なクリスマス曲の一つの「サンタが街にやってくる」なので、クリスマス時期に耳にすることは多いと思います。

となると、ソロを演奏するときはメロディー(テーマ)を完全にぶっ壊すのではなく、ちょっと活かすようにしてみます。

これはメロディーのフェイクでもよく使う方法ですが、メロディーには「覚えやすいところ」と「うろ覚えなところ」があります。

その覚えやすいというのは「強小節」に多く見られます。

小節は強弱が繰り返し行われます。下記のような感じに。
|強小節|弱小節|強小節|弱小節|強小節|弱小節|強小節|弱小節|

これをもう少し大きく、2小節単位で捉えると、前半2小節が強く、後半2小節が弱いと考えることも出来ます。
|強小節|   |弱小節|   |強小節|   |弱小節|   |

つまり、強弱は同じ長さで交互に訪れ、強い性質はメロディーを覚えやすいことが多いという事です。もちろん例外もたくさんあるのが音楽ですが。

さて、このソロは2小節単位
|強小節|   |弱小節|   |強小節|   |弱小節|   |
で、強小節の部分でメロディーをなるべく使うようにしています。

メロディーっぽい音使いが聞こえてきませんか?

もちろんメロディーの音ばかり使っていてはジャズアドリブ感もなくなるので、ジャズフレーズも取り入れたいところ。今度は強小節ではなく、弱小節がポイントになります。

弱小節もメロディーの音を使っていますが、音数を増やして原曲メロディーを壊すようにしています。

メロディーを活かしたい場合は強小節でメロディーを取り入れてみてください。その後は結構音を入れても原曲の雰囲気を出しやすくなると思います。

PR

Blue Moon的コード進行でのソロ例

「ブルー・ムーン的」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「ドレミファソラシドで作る」です。

この曲のコード進行は「循環進行」とも呼ばれる「I-VI-II-V」のコード進行です。王道中の王道のコード進行です。Bセクションで一時的にE♭メジャーに転調しますが、ほぼCメジャー1発で出来るコード進行です。

今回は超絶シンプルに作るために「ドレミファソラシド」を並べただけのソロにしています。

振り仮名だけを見ると分かると思いますが、最初はド~ドで行ったり来たり。後半部分でド以外の音でも折り返していますが、基本的には「ドレミファソラシド」です。アルペジオも半音階も使っていません。

もちろんこれは強引極まりない方法ですが、振り仮名を見ただけで、こういう応用が効くかどうかです。

リズムによるアイデア、インターバルの取り方の2つが今回の主な使い方になりますが、ドレミファソラシドだけでもいろいろなアイデアが生まれます。

楽譜で音符を見るだけでなく、振り仮名を見ながら演奏したときに、上記のようなアイデアを持つことも管楽器でアドリブで重要な事だと思います。

PR

Chameleonコード進行でのソロ例

「カメレオン」でのソロ例です。
今回のコンセプトはドリアンスケール+半音階です。

キーはGマイナーなので、シ♭、ミ♭が調号になりますが、実際はGm7-C7のII-V進行ばかりなのでGドリアン・スケールです。

ファンクなビートなのでGマイナーペンタトニックが王道スケールになりますが、今回はジャズっぽくシてみるということで、このドリアン・スケールを考えて作っています。

Gドリアンスケール
ソ・ラ・シ♭・ド・レ・ミ♭・ファ

分かりやすくすると「ミ」にナチュラルが付くだけですね。

さて、「ドリアンスケール」と言われると本当にこのスケール内でフレーズを作ろうとしてしまいますが、もちろんそれだけでは限界があります。

そのドリアン・スケールの間を埋めるように半音階を入れることで、フレーズにバリエーションを持たせる事ができます。

もちろんどこでもいいという訳ではありません。基本は16分音符の裏。つまり、16分音符の2音目と4音目です。臨時記号の多くはそこについているはずです。

もちろん1音目と3音目にも付きますが、そこはドリアンスケールにするためのミ・ナチュラルであったり、半音階を戻すナチュラルが主な使い方です。

音数を減らし、シンプルに行きたい場合はペンタトニック。普通に行きたい場合はドリアン・スケール、音数を増やしたい場合はドリアン・スケール+半音階という作り方というように、作りたいフレーズの音数によって変化させてみます。

PR

Funk In Deep Freezeコード進行でのソロ例

「ファンク・イン・ディープ・フリーズ」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは2つのキーのマイナースケールです。

なかなか複雑なコード進行の曲です。もちろんコードに合わせてソロを取るわけですが、この曲のキーを考えるとそこまで複雑ではないです。

この曲ではたくさんのドミナントセブンが出てきます。特に連続するドミナントはエクステンデッド・ドミナントなんて言われたりもしますが、、、ここでは簡単にするコツがあります。

そのカギが「IV7」と「♭VII7」。

マイナースケールは「ナチュラルマイナー」「ハーモニックマイナー」「メロディックマイナー」という3種類があります。各スケールにはダイアトニックコードというのが存在しますが、「♭VII7」はナチュラルマイナーのダイアトニックコード、「IV7」はメロディックマイナーのダイアトニックコードです。

つまり、両方とも同じマイナーキーで解釈することができます。

そうすると連続するドミナントのG7-C7はDマイナー、F7-B♭7はCマイナーで考えることも可能です。

つまり何が言いたいかというと、この曲は下記のようなキーで演奏可能なので、簡単に演奏したい場合は2つのキーのマイナースケールを練習しておこうという事です。

DマイナーCマイナーDマイナーDマイナー/少しコード意識
DマイナーCマイナーDマイナーDマイナー/少しコード意識
DマイナーCマイナーDマイナーDマイナー/少しコード意識
DマイナーCマイナーDマイナーDマイナー/少しコード意識
GメジャーGメジャーGメジャーGメジャー
B♭メジャーB♭メジャーB♭メジャーDマイナー
DマイナーCマイナーDマイナーDマイナー/少しコード意識
DマイナーCマイナーDマイナーDマイナー

この曲のアドリブは上記のスケールを考えて作っています。

キーを簡単に解釈する方法は「ドレミで覚えるジャズ・スタンダード」に記載しています。まずはキーをしっかり理解し、そのスケールを演奏できれば音を外すということは無くなります。

PR

PR

If I Were A Bellコード進行でのソロ例

「イフ・アイ・ワー・ベル」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトはII7をメロディックマイナーで演奏することです。

この曲のキーはDなので、II7はE7です。V7/Vというセカンダリードミナントがバークリー的な音楽理論のアナライズですが、簡単にするためにここはII7で。

スタンダード曲はこのII7が結構多いです。コール・ポーターの曲はこのII7が使われた曲がたくさんあります。

普通はIIm7ですが、II7になるのがポイントですね。

基本的なII7の攻略方法については「ドレミで覚えるジャズ・スタンダード攻略法」でも記載しましたが、ここでも同じくメロディックマイナー攻略を使っています。

II7の次のコード(ここではE7の次にあたるA)のメロディックマイナーを演奏するという手法です。

Aメロディックマイナーはラ・シ・ド・レ・ミ・ファ#・ソ#です。Eミクソリディアン♭13というスケール名というのが正式ですが、楽に考えるためには次のコードのルート音のメロディックと考える方が簡単です。

もちろん他のスケールを使うことも可能ですが、ここではこのスケールでフレーズを作っています。

テンションとコードトーンを意識したスケールです。

PR

Strasbourg St. Denis的コード進行でのソロ例

「ストラスブール・サン・ドニ」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトはジャズフレーズで音を敷き詰める事です。

コード進行はシンプルです。ほとんどがFのダイアトニックコードです。D7がありますが、 ♭9thのテンションがあるので、Dm7(Fのダイアトニック)で無理やり押し通すこともできます。

つまり、最初から最後までFメジャースケールで演奏することが可能です。また、リズムフィール的にも16分音符でハネているようなパターンなので、Fメジャーペンタトニックは間違いなくしっくりきます。そしてその応用のDマイナーペンタやDブルーススケールが王道の使い方です。

が、今回は全てそれを無視します。半音階やアプローチノートをいれたビバップ系のフレーズをどんどん入れてみました。ちょっと強引に使っていますが…。

90〜100くらいのテンポは16分音符で演奏できるとカッコよくなるのですが、メジャースケールやペンタトニックだけではすぐにネタ切れ感が出てしまいます。(もちろんメジャースケールやペンタトニックだけでカッコいいのが理想だと思っていますが…)

となると、音数を増やすためにどうするかを考えると、「半音階を入れる」という選択肢を持てるようにします。

もちろん表拍にはFメジャースケールの音が来るように考えなければいけないのが難しいところですが、ジャズのフレーズにはたくさんヒントが詰まっているので、ビ・バップ系のフレーズをどんどん使うようにしています。

ちなみに、D7のところはH-Wディミニッシュを使っています。

あと、どうでもいいことですが、「Strasbourg St. Denis」って「ストラスブール サン・ドニ」って読むんですね

PR

メジャースケール+半音階のスケール練習

メジャースケールと半音階を連続で演奏するスケール練習です。

メジャースケールの後に半音階と半音階の後にメジャースケールの2種類を2オクターブで上昇・下降と行います。

AはCメジャー、BはD♭メジャーになっています。

これをメトロノームを使って正確なリズムで行いますが、メジャースケールのルート音が表拍と裏拍のどちらにあるかしっかりと把握することが重要です。

例えばAの場合はCの音が最初に来ますが、次の1オクターブ上の音は4拍目の裏、2オクターブ上の音は2拍目の裏にきます。この裏拍に来る場合はリズムが崩れやすくなる(走ったり、転んだり)のでしっかりとリズムキープ出来るようにしましょう。

Cメジャーで出来れば半音上のD♭メジャー(B)でもやってみましょう。超絶難しくなりますが…。

2オクターブの音域が出来るスケールであればできる他のキーでも挑戦してみてください。

PR

Like Someone In Love的コード進行でのソロ例

「ライク・サムワン・イン・ラブ」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「♭9thを使う」です。

この曲のコード進行はたくさんII-V進行が入っている曲です。その全てのV7で今回は♭9thというテンションを使っています。

♭9thはドミナント7のコードで使えるテンションです。メジャー7やマイナー7では使うことは出来ないので注意です。

アドリブで♭9thのテンションを使えるようにできるとジャズっぽさがアップします。しかし、慣れていないと超気持ち悪い音です。

それもそのはず、ルート音の半音上の音だからです。半音でぶつかるので、伸ばすとかなりの不協和音です。

ということで、♭9thを使いこなすにはテンポ感も必要です。つまり、速く演奏できるようにする技術も必要ということです。速く演奏できると自然と溶け込むような不思議な音使いに変わります。

さて、♭9thを含むスケールといえばオルタードスケールやハーフ・ホール・ディミニッシュというスケールです。もちろんここでもそのスケールを使用しています。

しかし、最初はスケールを考えるよりも「コードトーン(1,3,5,♭7)+ルートの半音上(♭9)」と考えてみると分かりやすいと思います。これで自然とディミニッシュスケールの完成です。

特にこの曲ではドミナント7が2拍の場合が多いので、スケールを考えるよりも速く考える事ができると思います。

ルートの半音上を瞬時に考えるようにしてみましょう。