Here’s that Rainy Day的コード進行でのソロ例

Here’s That Rainy Dayコード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「8分音符+2つの16分音符(半音階)」を使うことです。

8分音符+2つの16分音符は「タータタ」というリズムで、ここでは意図的にたくさん使用しています。また、それらの16分音符は全て半音階になっています。

このhere’s That rainy Dayはテンポのゆっくりな曲です。バラードで演奏されることも多い曲ですが、セッションではミディアムスローでも普通に演奏されます。

となると、8分音符でスケールの上昇下降だけでは変化が少ないので、フレーズのリズムの変化がほしくなります。

そこで手っ取り早くリズムに変化を入れる方法が、8分音符+2つの16分音符。ドレミファソラシドとスケールを上昇するような感じでも、どこかに1音、半音階を足すような感じです。

使用した場所

  • 3小節目1拍目
  • 6小節目4拍目
  • 8小節目4拍目
  • 12小節目4拍目
  • 20小節目2拍目
  • 22小節目4拍目
  • 26小節目2拍目
  • 28小節目4拍目
  • 29小節目4拍目

そして超重要なのは「タータタ」というリズムの次の音。つまり、その次の拍の頭の音。ここまで半音階にするようにしてみてください。

スケールに1つ音を足すだけでも雰囲気を変えることが出来る方法です。

PR

St. Thomas的コード進行でのソロ例

セント・トーマスコード進行でのソロ例です。

今回のコンセプトは速いテンポでのソロなので4分音符を中心に作ってみることです。

キーがAメジャーなので左手の小指が大活躍です。アドリブでも8分音符をどんどん使っていけばいいですが、小指を速く動かすためにはやはり技術が必要です。しかし、技術は一朝一夕で身につくもではないです。

そこで、4分音符を中心にソロを組み立ててみます。
もちろんただ単純にスケールを上昇/下降するだけではソロは組み立てられません。大事なのはインターバル(音程)です。

2〜3度の音程だけではなく、4度以上~1オクターブ以内の音程をどんどん取り入れてみてください。

上手く作れない場合は最後の音を「ラ」にするだけでセント・トーマスのコード進行はフレーズになります。

1コーラス目は4分音符を中心に、ラの音で終わることを意識しています。
2コーラス目は逆に8分音符を入れ、ラ以外の音で終わるように意識しています。

また、コード進行的な内容ですが、美味しいコードはC#m7(♭5)です。ここではAメジャーのスケールではないGナチュラルの音がコードトーン入ります。上手く取り入れるとコード感を出すことができます。

PR

SILVERSTEIN ALTA AMBIPOLY REED試奏

SilversteinのAMBIPOLY REED(アンビポリー・リード)というのがサックス用でも発売というの聞いて試奏してみました。

色々と興味深いリードです。

まずはその値段。¥6,264(税込)。普通に考えて高すぎ…。リードの一箱の値段がだいたい3,000円なので、約2倍。メーカーが約半年使えますとアナウンスしているけど、同じ樹脂リードでもレジェールのシグネチャーで3,500円くらいなので、それでもちょっと高いような…。

素材はアンビポリマーとのこと。アンビポリマーって何?って感じです。調べても出てこないので、シルバースタインの独自の素材なのかな?

「樹脂リードだけど吸水性があり、天然ケーンのような丸みのある温かなサウンド」となっているのですごく不思議です。樹脂リードなのに吸水性があるってので。

個人的には吸水性というのがすごく気になるところです。

他の樹脂リードも色々と試してみましたが、気になるのが口の水分を吸ってくれないのでリードが滑ること。滑るからちょっとアンブシュアに気をつけなければいけない。ケーンのリードは慣れているせいもあるんだろうけど、水分を吸ってくれるので口の中でリードが滑るという感覚があまりない。この吸水性は一つのポイントかなと。

さて、実際に試奏してみました。

AMBIPOLY REEDといっても硬さの他に「JAZZ」と「CLASSIC」の2種類あり、今回はその2種類で2+、2.5、2.5+の計6種類試してみました。

吹き終わった感想としてはそのリードの精度です。リードのツボが分かりやすい。本当に鳴るポイントがど真ん中にあり、硬さによってバラツキもない。厚さと硬さの好みが決まれば吹きやすいリードになります。

「JAZZ」は全体的に薄く、リードのツボがちょっと奥側にある感じ。薄いので倍音が乗りやすく、明るい音色を作りやすい。

「Classic」は厚みがあり、リードのツボが先端側にある感じ。しっかりとした厚みは吹きごたえもあり、変な倍音もない。個人的にはClassicのほうが鳴り方が好きかも。

リードは「薄くて硬いリード」、「厚くて柔らかいリード」から探していくのが基本になりますが、自分はこのリードならば「厚くて柔らかいリード」を基本にするのが好きかな。とりあえず選ぶならClassicの2.5です。

ただ、吸水性に関しては期待通りの結果では無かったかな。確かに吸水性はある。けど、滑らなくなるかと言われればそうでもない。まぁまぁという感じ。
単純に音の方への影響のみと考えるのかな?となると、濡らす意味ってよくわからない。実際はどうなんでしょ?

音色はなかなかいいかも。樹脂リードってどれを使っても「あれ?」という倍音が高音域を使うと出てくる。通常のケーンだとその音色にはならないっていう、独特の音色。それがあまり感じられなかった(あまりっていうくらいなので、ちょっと引っかかる部分はあるけど)。でも、樹脂リードならではの安定性はありそうなのはいい感じ。

色々樹脂リードも吹いてみたけど、これは高いだけあって、いい感じで、樹脂リードの中では確かにすごくいいものだなという感想です。

録音したものを聞いてみて、JazzとClassicで思いの外、音色に違いがないんですね。吹いている時は吹奏感が結構違うので、もっと音色にも違いがあると思っていました。

とりあえず吹いてみた感想はこちら。

PR

5+4+3のアルペジオ練習

アルペジオの練習も音数を変えて行ってみます。運指技術だけでなく、リズム感を鍛える練習になります。

各アルペジオは以下のようになります。

  • 5音:ドミソシレ(9th)
  • 4音:ドミソシ(7th)
  • 3音:ドミソ(トライアド)

この5音、4音、3音のアルペジオを組み合わせたものが「A」です。上段が5+4+3、中段が4+3+5、下段が3+4+5です。他の組み合わせもありますが、まずはこの組み合わせの練習で、各アルペジオとリズムの組み合わせを正確にできるようにしてみます。

さて、「B」から5+4+3のみで行ってみます。5+4+3は足すと3拍のフレーズになるので、3/4拍子が基本になりますが、これを4/4のリズムパターンに乗せてみたものです。ドラムを聞きながらこれを行い、4/4のリズムをしっかりと身につけるようにします。

「C」はキーを変えたものです。GやFといった簡単なキーで練習し、なれたら徐々に難しくしてみます。オクターブの切り替えや、左手&右手の組み合わせが難しいので、たくさんのキーで出来ることが望ましいです。

「D」はエキスパートコース。半音ずつ上げていっています。ここでは途中で切れていますが、12のキーで全てできるようにすることが理想です。

アルペジオをしっかりとマスターしながらもリズムキープができるように。

PR

ソシレ・ソドレ・ソド#レの運指

「ソシレ・ソドレ・ソド#レ」と真ん中の音が半音ずつ上がる音使いです。「ソシレ・ソドレ・ソド#レ」といってもオクターブ上と下の2種類あります。どちらとも難易度が高く、サックスではこの運指に弱点が詰まっています。

「A」はオクターブ下ですが、ここで気をつけるのは左手親指のオクターブキー。オクターブの切り替えがスムーズに出来るようにしておきます。結構「レ→ソ」というオクターブキーを離す動きも難しかったりします。

「B」はオクターブ上です。ここで気をつけるのはレの時です。指が離れすぎないようになるべくキーに近づけておきましょう。

「C」は両方のオクターブ。A、B両方やるだけだから簡単だと思いきや、全く別物に変わります。オクターブキーを使うだけでガラッと雰囲気が変わります。

特に注意しておきたいのが親指と中指の力関係。オクターブキーを押すのに力が入りすぎるとそれに負けないように中指にも力が入ってしまいます。逆にオクターブキーを離すとそれに釣られるように中指も離してしまったり…。

親指と中指を別々の動きにすることが結構難しいので、それを意識してみましょう。

「D」は応用です。かなり難しいです。オクターブのイメージをしっかりと持っておかないと運指の難しさだけではなく、音が裏返ったりするので。

なるべく速く、何回も行うのが理想ですが、まずは正確に。

PR

Aマイナーペンタトニックとグループ化

Aマイナーのアドリブでパラパラと高速フレーズで演奏するフレーズがあります。もちろん速く演奏するためには技術も必要ですが、そこには少し知識も必要です。

速いフレーズはAマイナーペンタトニックで、1拍のグループを連続している場合が多いので、まずはA、Bの練習をしてみます。4音グループの練習です。

この中でも特に重要なのが2小節目の「ラソミレ」もしくは「ドラソミ」です。この2つが非常によく使用されます。理由は「単純に高い音」&「オクターブキーの運指が入らないから(簡単な運指)」です。

「ラソミレ」もしくは「ドラソミ」を速く演奏するだけでも十分ですが、C・Dは少し変えて「ドラ」の音を足して6音グループを混ぜています。

Cが4音グループ+6音グループの繰り返し、Dが4音+4音+6音グループの繰り返しです。

もちろん難易度は上がりますが、裏拍と表拍が入れ替わるのでリズム的にも面白く聞かせることが出来ます。

E・Fはラの音のみを足した5音グループです。奇数音グループは非常にリズムが難しくなります。しっかりとしたリズム感を鍛える上でも練習になる方法です。

PR

Aマイナーペンタトニックのインターバル練習

Aマイナー(3連符)のスケール練習に続いて、インターバルの練習も。

A、B、C、DはそれぞれAマイナーでのインターバルの練習です。Bのみ下降型にしています。C、Dでも同じく下降型の練習も行えると理想です。

A’、B’、C’、D’はサックスの音域内をすべて使用しての練習です。Aマイナーの場合は下がド、上がミなので、その音域内を使っています。

A”、B”、C”、D”はさらに半拍ずらしてのスケール練習です。メトロノームを使って行うと非常に効果的です。

ペンタトニックでも使える音を直感的に判断するだけでなく、ちゃんと計算して使えるようにするための練習です。ペンタトニックの音感を鍛える上でも非常に効果的です。

PR

Aマイナーペンタトニック(3連符)のスケール練習

マイナー一発の曲やポピュラー系の楽曲での演奏で重要なのがペンタトニックスケール。シンプルで覚えやすいフレーズ作りには必ず必要なスケールです。

しかし、このマイナーペンタトニックスケールをゆっくりと演奏していたのではダサくなってしまいます。そこで、3連符でペンタトニックを使えるようにしてみます。

まずは[A]ですが、ペンタトニックを1音飛ばしで演奏出来るようにします。Aマイナーペンタトニックはラ、ド、レ、ミ、ソなので、「ラレ」「ドミ」のように1つ飛ばして戻るような感じです。

[B]〜[E]はそのペンタトニックの3連符です。1音飛ばしが出来るようになると、そこに1音足すような感じで3連符に変化させてみます。メトロノームなどを使用して、正確に3連符が演奏出来るようにします。跳躍音程が難しくなりますが、そこで遅れないようにしておきましょう。

[F]はマイナースケールに♭5thのブルーノートを足したブルーススケールです。こちらも3連符で演奏出来るようにしておくと1コードものでも対応力がつくようになります。

PR

ドレミで覚えるジャズ・スタンダード攻略法【霧の日(ア・フォギー・デイ)】

ドレミで覚えるジャズ・スタンダード攻略法の5曲目、A Foggy Dayの再生速度を変えたものを作成しました。

「ドレミで覚えるジャズ・スタンダード攻略法」は全てテンポ120で作成されています。遅いバージョンのテンポ-20(100)と、速いバージョンのテンポ+20(140)の2パターンを作っています。

練習素材として活用してみてください。

テンポ 100
テンポ 140
PR

サックス吹きはネコ好きが多い!?

※ネタ的要素です。本気にしないで下さい

生徒と話しをしていて、「サックス教室に通っている人ってネコ好きが多くないですか?」と聞かれた。

そう言われればネコ好き多いなーとふと思い、ちょっとTwitterでイヌ派かネコ派かで統計をとってみました。

結果は約6割がネコ好きという事でした。

本当はもうちょっと差がつくかなと思っていたので、予想とはちょっと違い、普通といえば普通の結果ですね…。

これでも十分ネコ派の方が多いという結論にしてもいいですが、そもそも世間一般的にはイヌ派じゃないの?と思って、調べてみました。

一般社団法人ペットフード協会の「平成30年 全国犬猫飼育実態調査」によると【ペット現在飼育状況】で最も多いのが犬で12.6%、続いて猫の9.8%でした。【ペット今後飼育意向】では犬が20.7%猫は15.8%と結構な差が開いていますね。【ペット過去10年飼育経験】については犬が21.3%猫は13.4%となっています。

これだけで考えるとイヌ派約6割、ネコ派約4割かな。やはり世間ではイヌ派の方が断然多い!

となると、今回の統計のサックス吹きのネコ好きが60%という結果は世間と全く逆に出てくるのは特殊かも。

結果、実数はそこまで差はつかないけど、サックス吹きにネコ好きが多いという印象は間違いではないという事にしておきました。

PR

ドレミで覚えるジャズ・スタンダード攻略法【朝日のごとくさわやかに】

ドレミで覚えるジャズ・スタンダード攻略法の4曲目、Softly, As In A Morning Sunriseの再生速度を変えたものを作成しました。

「ドレミで覚えるジャズ・スタンダード攻略法」は全てテンポ120で作成されています。遅いバージョンのテンポ-20(100)と、速いバージョンのテンポ+20(140)の2パターンを作っています。

練習素材として活用してみてください。

テンポ 100
テンポ 140
PR

ドレミで覚えるジャズ・スタンダード攻略法【枯葉】

ドレミで覚えるジャズ・スタンダード攻略法の3曲目、Autumn Leavesの再生速度を変えたものを作成しました。

「ドレミで覚えるジャズ・スタンダード攻略法」は全てテンポ120で作成されています。遅いバージョンのテンポ-20(100)と、速いバージョンのテンポ+20(140)の2パターンを作っています。

練習素材として活用してみてください。

テンポ 100
テンポ 140
PR

ドレミで覚えるジャズ・スタンダード攻略法【フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン】

ドレミで覚えるジャズ・スタンダード攻略法の2曲目、Fly Me To The Moonの再生速度を変えたものを作成しました。

「ドレミで覚えるジャズ・スタンダード攻略法」は全てテンポ120で作成されています。遅いバージョンのテンポ-20(100)と、速いバージョンのテンポ+20(140)の2パターンを作っています。

練習素材として活用してみてください。

テンポ 100
テンポ 140
PR

ドレミで覚えるジャズ・スタンダード攻略法【モリタート(マック・ザ・ナイフ)】

ドレミで覚えるジャズ・スタンダード攻略法の1曲目、モリタート(マック・ザ・ナイフ)の再生速度を変えたものを作成しました。

「ドレミで覚えるジャズ・スタンダード攻略法」は全てテンポ120で作成されています。遅いバージョンのテンポ-20(100)と、速いバージョンのテンポ+20(140)の2パターンを作っています。

練習素材として活用してみてください。

テンポ100
テンポ140
PR

Just Friends的コード進行でのソロ例

「ジャスト・フレンズ」コード進行でのソロ例です。

今回のコンセプトは裏拍での演奏です。

アドリブ初心者で陥りやすい現象で、「裏拍だらけの演奏」というのがあります。裏拍での演奏はリズム感も重要なので、一見難しそうに思えますが、ここに一つ落とし穴があります。

それが「裏拍ばかりの音で、8分音符を使えないこと」です。裏拍でウタッターのようなリズムを使ったリズムと8分音符を混ぜて使うことができれば何も問題ないのですが、短いフレーズばかりになってしまう場合は要注意です。

ここではその気をつけるべきところを考えて、裏拍の音使いと8分音符を混ぜるようにフレーズを作っています。

混ぜると急激にリズムが難しくなるので、しっかりとテンポキープできることも目標になります。

PR

左手全体とオクターブ切替&リズムの練習

左手全体とオクターブ切替&リズムの練習です。基本的には「ラソシラドシレド」です。

この「ラソシラドシレド」ですが、左手薬指の動きのほか、オクターブの切り替えも入っており、なかなか厄介な運指です。オクターブキーの親指の動きも含めて、しっかりと把握しておきましょう。

Aが8分音符での演奏で、まずは確実に。
Bが16分音符でより速く演奏してみましょう。

次にC、D、Eですが、これは16分音符ずつずらしていったものです。メトロノームを使ってリズムを正確に合わせたいところです。

指の動きはラ→ソ、シ→ラのような「押さえる動き」と、ソ→シ、ラ→ド、「離す動き」とその両方の「交差する動き」があります。

押さえる動きが表拍になると簡単ですが、押さえる動きが裏拍になると急に難しくなるので、「1つ出来たら同じ動きなので全部できる」と思わないようにしておきましょう。


PR

All Blues的コード進行でのソロ例

「オール・ブルース」コード進行でのソロ例です。
コンセプトは3拍子でのブルーススケールです。

3拍子のブルースとして定番(むしろこれ以外に無いかも)ですが、ブルースなのでブルーススケールを入れて作成しています。

Eブルーススケールは「ミ・ソ・ラ・シ♭・シ・レ」です。このブルーススケールと通常のE7のスケールを混ぜたような感じで作っています。

この曲はテンポも遅いので16分音符で吹き倒したいところですが、ここでは8分音符中心にし、3連符を混ぜることでリズムに変化を出すようにしています。

ブルースではシャッフル(3連符のノリ)で演奏されることが多いので、ブルーススケールと3連符との相性は非常によく、3連符と8分音符の組み合わせは自然に使えるようにしておきたいところです。

PR

Moanin’的コード進行でのソロ例

「モーニン」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトはフラジオの「ソ」です。

全体的に高音域を使っているので、運指も結構難しくなっています。パームキーの運指も確実にしておく必要があります。

さて、今回はフラジオの「ソ」の音まで使っています。運指は両手とも人差し指と薬指を押さえて(中指を押さない)、さらに右手サイドキーのラ#(TAキー)を押さえています。

フラジオは特殊な運指を使って高音域を出す技術です。もちろんすぐに出ることはありません。

ここで重要なのが、フラジオを出すために最初に頑張るべきことは運指を覚えることです。フラジオを出すためにアンブシュアをいじったり、倍音練習したりするのではなく、まず最初にテンポに合わせて運指を覚えること。

曲の中で使うフラジオは難易度が高いので、そのうち音は出るから、まずは運指を確実にしておこうと思えるようにしてみてください。

運指が出来ていないのにフラジオが出る確率は0%に近いです。しかし、運指ができていれば偶然音が出ることもあります。まずはテンポに合わせて運指をしっかり練習してみましょう。

ちなみに、フラジオのコツなどはこちらに記載していますが、他にも運指などはサックス基礎トレ本や、サックスプレイヤーのための全知識に掲載しています。

PR

Kindle版半額セール

現在Amazon Kindle版の半額セール実施中です。

対象商品

  • 線から描くジャズアドリブの作り方
  • 100個のフレーズを吹くだけで飛躍的にサックスが上達する本 
  • 一生使えるサックス基礎トレ本 サックス奏者のためのハノン
  • 一生使えるアドリブ基礎トレ本 サックス編 瞬発力と応用力を高めるデイリー・トレーニング集
  • 1日10分の指慣らし! サックス奏者のための自主トレ・メニュー90

2/22に「ドレミで覚えるジャズ・スタンダード攻略法 セッション定番曲で学ぶ、アドリブ・フレーズの作り方」も出版されます。こちらも是非!!

PR

That’s All的コード進行でのソロ例

「ザッツ・オール」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトはコードトーンでのソロです。

ゆっくりめのテンポで演奏することの多い曲なので、バラードではなく、やや早めのテンポで作っています。

コードはGのダイアトニックコードを多用していますが、#IVm7(♭5)→IVm7など、ところどころでダイアトニックコードを外す面白いコード進行を使っています。さらに、コード自体も多いので、そのコードトーンを使ったソロを作りやすい曲です。

コードトーンだけで作る場合に気をつけるのが、同じ小節内で重複する音をなるべく使わないようにすることです。コードが変わるのに同じ音ばかりでは面白くなくなってしまいます。

リズムを変化させ、音数自体を変化させると重複する音を避けやすくなるので、リズムの変化も重要です。