リードに息を当てる事と音量の関係について考える

サックスは息を真っ直ぐに入れるのではなく、リードに当てるような感じで吹くようにしています。 それについてはこちら 息をリードに当てる 低音域については奥側を狙い、高音域については手前側をねらうようなイメージで。 さて、こ…リードに息を当てる事と音量の関係について考える の続きを読む

リードの硬さとロングトーンの相互関係を考える

「良い音を出すために変化する対応力」も考えていますか? ロングトーンは重要な練習方法ですが、それは「良い音を出すために変化する対応力」も考えていますか? 良い音の条件って色々とありますが、その中に「自分の思っている吹奏感…リードの硬さとロングトーンの相互関係を考える の続きを読む

自分に合うサックスのリード選びを考える

サックスのリードの選択について考えてみます。 リードの考え方について まずは基本的な自分のリードの考え方です。 自分の場合は少数派な考え方だと思いますが、1枚のリードをローテーションもせず、長く使っています。 もちろん本…自分に合うサックスのリード選びを考える の続きを読む

高音と低音の息の角度のイメージ修正

ある程度吹ける人向けの内容ですが、「思ったように高音が出ない(裏返る・音が細い)」などの問題の他にも「タンギングの立ち上がりが遅い」「高音域と低音域でピッチが違いすぎる」といった問題の場合は口の中の息の流れのイメージを修…高音と低音の息の角度のイメージ修正 の続きを読む

サックスのリードの硬さについて考える

サックスのリードの硬さについて考えてみます。 前回も記載しましたが、リードは振動の幅が音量、振動の速さが音程になります。 振り幅が大きいと音も大きく、逆に振り幅が小さいと音は小さくなります。そして振動の速度が上がれば音は…サックスのリードの硬さについて考える の続きを読む

アンブシュアと息を入れる角度について

吹く時に「息を真っ直ぐ入れる」ってのがあって、それには賛同する。頭で分かっているみたいだけど、本当は真っ直ぐ入っていないなというのは結構多い。 いわゆる一般的な骨格というのは噛みあわせた時に上の歯のほうが前に来る。それで…アンブシュアと息を入れる角度について の続きを読む

マウスピースだけの練習について考える

サックスの練習方法で「マウスピースだけで吹いて練習する」というのがあります。 この練習方法はいわゆる学校の吹奏楽部でよく行なわれるものですが、実はこの練習はよく指導者側で「意味の無いこと」とも言われています。 自分もこう…マウスピースだけの練習について考える の続きを読む

サックスのリガチャーの位置について考える

サックスはリードが振動して鳴る楽器です。 となると、リードの振動について考えればより効率的にいい音に近づきます。 今回はリードの振動とリガチャーについてさらに考えてみます。 振動の幅が音量、振動の速さが音程になります。 …サックスのリガチャーの位置について考える の続きを読む

バードストラップにロジウムメッキ加工の真鍮製フックを装着

とある所からバードストラップのフックを頂いた。 今までは通常のスナップフックを使っていたけど、ちょっと普通じゃないヤツです。 これは音川英二モデルにも付いている真鍮製のHeavy Weightフック!! カスタムパーツと…バードストラップにロジウムメッキ加工の真鍮製フックを装着 の続きを読む

サックスのストラップの高さを考える

サックスのストラップの高さというのは非常に重要です。 右手や、アンブシュアでの痛みがこれで解決出来る可能性がたくさんあるからです。 はじめてレッスンする人で多いのがストラップが低すぎる状態。 この低すぎる状態というのが右…サックスのストラップの高さを考える の続きを読む