The Shadow Of Your Smileコード進行でのソロ例


「いそしぎ(シャドウ・オブ・ユア・スマイル)」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「平行調の3種類のマイナースケールを使う」です。

演奏難易度★★★☆☆

この曲のキーは調合が#1つのGメジャーです。しかし、この曲はコードにGが少なく、どちらかというとマイナーの雰囲気があります。

そこで、ちょっとGメジャーと同じ調合であるマイナー、いわゆる「平行調」で考えるとEマイナーで考えてみます。

すると、一見II-Vの多い転調だらけのコード進行でも、ほとんどがEマイナー関連スケール「ナチュラルマイナー、ハーモニックマイナー、メロディックマイナー」のダイアトニックコードに分類されます。

転調続きに見えても実際はあまりキーが変わっていないコード進行です。

このスケールが分かればコードを丸暗記するより少なく、非常に効率的にアドリブを作れるようになります。

今回はそのスケールが分かりやすくなるように、跳躍を減らし、スケールの上昇/下降 を主に使うようにて作っています。

ちなみに、「マイナー」として考えて、3種類ではなくナチュラルマイナーで押し通してもテンションに該当することが多いです。そのため、ハーモニック・メロディックを捨てて、ナチュラルマイナー一本で考えても無理矢理ですが、押し通すことも可能です。

楽譜、音源のダウンロードはこちら




PR

The Shadow Of Your Smileコード進行でのソロ例」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。