Just The Two Of Us的コード進行でスケール練習(オルタードスケール+5th)


「ジャスト・ザ・トゥー・オブ・アス」コード進行でスケール練習です。

今回のコンセプトは「A7でオルタード・スケール+5thを使う」です。

コード進行はシンプルです。基本はB♭△7-A7|Dm7 |の2小節の繰り返しです。そこにち少し変化を入れるために、2小節目にB♭のII-VであるCm7-F7を入れて4小節の繰り返しにしています。

♭VI△7-V7-Im7となっていますが、コードのハーモニーを考えるとB♭△7はEm7(♭5)と同じような響きです。つまり、マイナーII-Vですね。

となると、A7で色々とやってみたくなります。

一番定番なスケールは「Aミクソリディアン♭9♭13」です。ハーモニックマイナーP5↓ってやつです。

もちろん♭9、♭13の入るオルタード・スケールもすごくオイシイ音です。

ということで、今回はその2つを混ぜてみました。

「ラ・シ♭・ド・ド#(レ♭)・レ#(ミ♭)・ミ・ファ・ソ」です。

「オルタード・スケールにコードトーンである5thの音を入れただけ」と考えてもいいですし、「Aミクソリディアン♭9♭13で4thがアボイドノートになるので半音上げた」と考えてもいいと思います。

とりあえず臨時記号はA7のところだけ。そこに変化を入れれるようになってみましょう。

楽譜・音源のダウンロードはこちら




PR