「太い音」とは

よく「太い音を出したいのですがどうすればいいですか?」という質問を受ける。

これはそういった指摘を他の人から受け、さらに自分なりに改善しようと試みたけど、上手くいかなかった場合に聞かれる質問です。

しかし、個人的にこの質問は嫌いです。
理由はこの「太い/細い」というのを誤解する場合が多いからです。

まず、「太い音」というのは何でしょう?
大きい音のこと?息をたくさん使った音のこと?

実際にはその通りで、息をしっかりと使い大きい音を出すわけなんですが、ここにもう一つ重要な要素があります。
それが音域。これを見落とすと来変なことになる。

単純に息をしっかりと入れ、大きく音量で吹くには低音域の方が圧倒的に簡単だからです。
少しアンブシュアの力を抜くだけで息はどんどん入っていくので、低音は太い音を作りやすく、体感しやすいために、低音域で音を太くするようなロングトーンなどの練習をしてしまいます。

しかし、これが問題です。

実は同じアンブシュア、同じ息量で高音域の音を鳴らすことはほぼ不可能だからです。
高音域は大量に息を入れようとすると息が詰まってマウスピースに入っていかないという問題が必ず出てきます。これはアンブシュアの噛み過ぎが原因で起こるのですが、それではどの位緩める必要があるのかを理解しておく必要もあります。

また、楽器の構造にも問題があります。
管が長い方が音量は大きく、逆に短い方が音量が小さくなる傾向にあります。
サックスのような木管楽器は低音域はトーンホールを塞ぐので、息が管全体に入るので響かせることが容易なのですが、高音域はトーンホールが開いた状態なので、管全体で音を響かせるのはなかなか困難です。
つまり、低音のほうが音は大きく、高音の方が音が小さくなってしまいます。

さらにピッチ(音程)の問題も出てきます。
「太い音を出す為には息を大量に送る」と思うと、今度はアンブシュアを緩めすぎる状態に陥ります。アンブシュアを緩めれば息もたくさん入るからです。
しかし、その分ピッチも低くなります。つまりアンブシュアの崩壊にも繋がってしまいます。

以上の問題点を踏まえた上での「太い音」を考えてみます。

高音域は息も詰まりやすく、なかなか入っていかないのですが、息がスムーズに入る息の入れ方というのがあります。それが倍音練習です。
倍音練習は息を入れる角度や息の量が適切で無いと出すのが困難ですが、正しい高音域の出し方は倍音練習でコツをつかむ方法が一番分かりやすく効果的な方法です。
※練習方法は「サックス基礎トレ本」「90日ウォーミングアップ本」に書いたのでそちらを参考にしていただければと思います。

さらにオーバートーンを出せるようになると音量も上がります。これは基音に倍音が足されるので、息量とは関係なく音量を上げる事になります。
この「基音+倍音」が太い音の原点になります。

曲でよく求められるのは高音域で伸びやかな音です。しかし、高音域は低音域のような太い音を出すことはほぼ不可能です。そこで、敢えて低音域を太く出さないということも考える必要があります。
自分の高音域の音量を把握し、それに合わせて低音域の音量を決める方法もあります。「高音域で大きい音」と「低音域で小さい音」が出るようになるとその音量差で高音域がより太く聞こえるようになります。太い音はメロディーの重要な部分などの必要な時に出すもので、それ以外は敢えて出さないようにしておくと音色にもダイナミクスが付くので、聴かせどころも出来てくるわけです。いわゆる「名演」と呼ばれるものも常に太い音を出し続けているわけではありません。使い分けているのでそのように聞こえるわけです。

また、高音域で息を入れた時のピッチも理解しておく方がいいのでチューナーなどを使うことも勧めています。

つまり、太い音というのは「高音域を大きく出し、低音域を小さく演奏する技術」の事です。
低音域だけ太い「デブ・サウンド」ではなく、高音域を大きく、低音域が小さい「逆三角形マッチョ・サウンド」作りを心がける事が重要です。

Share Button