「Mac The Knife / Moritat」でのソロ例

「マック・ザ・ナイフ / モリタート」でのソロ例です。
今回のコンセプトは「弱小節で始まり、強小節で終わる」です。

演奏難易度★☆☆☆☆

「マック・ザ・ナイフ」と「モリタート」は同じ曲です。原曲のドイツ語だとDie Moritat von Mackie Messerを省略して「モリタート」、それが英語だと「マック・ザ・ナイフ」となっています。

曲のコード進行はほぼGのダイアトニックコードなので、Gメジャースケール1発でいってもいいのですが、それ以外のセカンダリードミナントも少しコードトーンを意識できるといいでしょう。

また、メロディーで6thの音(Gのコードの時にミの音)が結構使われています。意図的に6thの音を使うのであればメジャースケールもいいですが、平行調のブルーススケール(Eブルーススケール)でブルーノート(シ♭)を使うのも面白くなると思います。

さて、今回のコンセプトは「弱小節で始まり、強小節で終わる」としています。

強小節とは1,3小節目の奇数小節で、弱小節は2,4小節目の偶数小節です。もちろん例外もありますが、一般的なスタンダード曲はほぼこれに当てはまります。

※ちなみにこの曲のようにメロディーのピックアップ(弱起)がある場合は1小節目ではなく、0小節目が存在しているので要注意!

アドリブ初心者の陥りやすい例がフレーズの始まりが「すべて強小節で始まり、弱小節で終わる」です。これを改善するだけでも全然良くなります。

その改善方法の1つがメロディー(テーマ)の形を真似る事。この曲は0小節目があるので、ほぼメロディーのフレーズのすべてが弱小節から始まるようになっています。

メロディーの形や休符を真似て、同じような場所で始め、同じように休むようにしてみましょう。

そこから徐々にフレーズを長くするだけでもアドリブの形になっていきます。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

「When You Wish Upon A Star / 星に願いを」でのソロ例

「星に願いを」でのソロ例です。
今回のコンセプトは「リズムにバリエーションを持たせる」です。

演奏難易度★★★☆☆

コード進行は複雑ではなく、Aのダイアトニックコードを中心に構成されています。その中にF#7やD7といったセカンダリードミナントが入ってきています。

D7はG#7の裏コード(増4度上のドミナントセブン)なので、セカンダリードミナント扱いです。

この曲のポイントはディミニッシュです。C#m7→Cdim7→Bm7と流れるところが非常にオイシイ所です。

Cdim7の解釈は「F#7として考えて、C#m7→F#7のII-Vと考える」としてみましょう。

Cdim7のコードトーンはC、E♭、G♭、Aです。これってF#7のコンディミなんですよね。C(#11)、E♭(13th)、G♭(Root)、A(#9th)ということです。

こじつけに近いものになってしまいますが、そう考えると一段上の「A△7、F#7、Bm7」というコード進行と同じように演奏出来ちゃいます。「A△7/C#、F#7/C、Bm7」という分数コードにすると同じような響きになるという意味です。

となると、全体を通してAメジャースケール一発でもいけちゃう曲なので、Aメジャースケールをゴリ押しでもいいんですが、ここはちょっと半音階を多めに入れ、さらにテンポもゆったり目なものを考えているので、色々なリズムのバリエーションを入れるようにしています。

特に3連符。上昇、下降、アルペジオ、トリル(行って帰る)といった形の他に、タイを含むリズムも入れています。

少し複雑なリズムになっていますが、このリズムのバリエーションを演奏できるようになってみましょう。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

「Cleopatra’s Dream」でスケール練習(メロディックマイナー)

「クレオパトラの夢」でスケール練習です。
今回はメロディックマイナーです。

作曲がバド・パウエルというピアニストの曲で、日本でも有名な曲ですが、サックスではあまり聞かない曲です。
この曲はFマイナーで、スタンダード曲の中では珍しいキーで、サックスにとっては♭4つという結構苦手になるキーというのもあると思います。

コード進行はFマイナーのII-Vばかりで構成されており、覚えやすく難しいものではありません。キーが難しいだけです。

さて、今回はFmのコードでメロディックマイナーを使うようにしています。曲の半分がFmというコードなので、ほぼFメロディックマイナーで構成されているようなものですが。

ついでに、C7でもオルタード・スケールをたくさん使うようにしています。オルタードスケール=半音上のメロディックマイナーなので、C#メロディックマイナーになっているところも多いです。

メロディックマイナーをしっかりと叩きこんでみましょう。

ちなみに、テーマ部分はサックスにとって非常に厄介な運指です。オクターブキーとBisキーという運指トレーニングにもなる曲です。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

「Waltz For Debby」でコードトーン練習

「ワルツ・フォー・デビィ」でのソロ例です。
コードトーンのみでソロを作成しています。

※テーマ部分は掲載致しませんのでご了承ください

この曲はキーがDで、その3-6-2-5進行で進むかと思いきや、マイナー7中心の3-6-2-5とドミナント7中心の3-6-2-5があったりと、なんとも複雑です。

ルート音の動きはそこまで複雑ではないのですが、ドミナント7が多く、ハーモニーが特徴的です。

となると、キーを捉えることが難しくなります。そこで、スケールを中心にソロを作るのではなく、コードトーンを中心に考えてみると作りやすくなると思います。

とはいえ、テンポも早く、2拍ずつコードチェンジを行うのも大変ですが…。

またシンコペーションを使い、音数を減らす工夫をすると作りやすくなると思います。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

「You’d Be So Nice To Come Home To」でスケール練習(オルタード)

「You’d Be So Nice To Come Home To」でのソロ例です。今回のコンセプトは「オルタードスケールを使う」です。

曲はGメジャーですが、全体的にはEマイナーのII-Vがたくさん入っているので、平行調のEマイナーの感じがします。

マイナーのII-Vはミクソリディアン♭9♭13(ハーモニックマイナーP5↓)というスケールがいわゆる普通と言われるものですが、やはりこれだけテンションが入るならオルタードを使ってみましょう。

ということで、B7とF#7はオルタードスケールになっています。
オルタードスケールは難しそうな雰囲気が漂うスケールですが、マイナーII-Vの場合は逆に簡単になる場合がほとんどです。

オルタードスケール=半音上のメロディックマイナーと同じスケール音です。となると、、、

  • Bオルタードスケール=Cメロディックマイナー→調号はミ♭だけ
  • F#オルタードスケール=Gメロディックマイナー→調号はシ♭とファ#

普通のミクソリディアンなんかよりも全然簡単になります。

ちなみに、Emのコードでもメロディックマイナーを意識しています。「Em7」ではなくII-Vから解決で「7」が無い場合はメロディックマイナーやハーモニックマイナーも考えてみるといいでしょう。

https://youtu.be/ZT9POhEKb1o

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

「Confirmation」でコードトーン練習

「コンファメーション」でのソロ例です。
今回のソロ例はコードトーンしか使っていません。ということで、コードトーンのみでしっかりソロを作る練習です。

チャーリー・パーカー作曲の代表的なビバップの曲です。

目まぐるしく変わるコードトーン、速いテンポ、そして覚えづらいメロディーという、まさにビバップと言われるジャンルの特長が詰まっている曲です。

さて、チャーリー・パーカーの曲は5小節目に「IV」に行くことが多いんですよね。ということで、これもちょっとブルースを意識するといいんじゃないかと思ってみたり…。

とりあえずII-Vがたくさん。いつでもII-Vです。

これだけコードが有ると大変なんじゃないの?とも思うんですが、逆にコードトーンが自分のフレーズをガイドしてくれるような感じにもなります。

コードトーンを中心に組み立てればフレーズが出来上がるってことです。

もちろんアドリブを極めるためには逆にコードトーンに縛られないようにというのも意識するんですが、今回は徹底的にコードトーンに従ってみましょう。

コードトーンのみでソロを作る時の意識してみることです。

  • 同じ小節内に、同じ音がなるべく来ないように
  • 同じ音域にとどまらないように
  • 伸ばす音を使う
  • 8分音符が続くところを作る
  • コードチェンジの時にあまり音が離れないようにする
  • 裏拍で跳躍音程を入れる
  • たまに表拍で跳躍音程を入れる

ルールがたくさんあるじゃないかとも思うんですが、このように細かいルールがある方が最初に作りやすくなります。

※ちなみに一番難しいルールは「何でも有り」です。

これだけコードの多い曲だとコードトーンだけでも十分にソロを作ることは出来ます。コードトーンが瞬時に出てくるようにするためにも、コードトーンだけでソロを作る練習はいい方法だと思います。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

「Honeysuckle Rose」でスケール練習(H-W ディミニッシュ)

「ハニーサックル・ローズ」でのソロ例です。
今回のコンセプトは「H-Wディミニッシュ(コンディミ)を使う」です。

コード進行はそこまで複雑なものではありませんが、II-Vが多いのが特長です。

時折でてくるG7はドミナントモーションというより、IV7的でブルージーな響きに聞こえます。

メロディーでもBセクションで♭3rdのブルーノートを入れているのもブルース感を少し意識しているんじゃないでしょうか。

さて、2拍ずつ同じII-Vが出てくるとアドリブもそれに合わせると同じフレーズの繰り返しになってしまいがちです。

特にこの曲では4小節間、同じII-Vが続きます。

となると、変化を与えて違う発想がでるようにしてみます。

その方法の一つが1小節づつ|Em7|A7|Em7|A7|というように大きく捉える方法。1小節ずつ進むので、フレーズも大きく考えやすくなると思います。

そしてV7だけにしたところで、H-Wディミニッシュを使っています。

緊張感も生まれて来るので面白いと思います。

楽譜、音源のダウンロードはこちら



PR

Take The “A” Trainでスケール練習(ホールトーンスケール)

「A列車で行こう」でのソロ例です。
今回のコンセプトは「ホールトーンスケールを使う」です。

「A列車で行こう」の特長とも言えるのがAセクション3~4小節目のB7#5です。いきなりII7というのはよく使われるコードですが、この3~4小節目で、しかも#5が入るのはこの曲ならではです。

オーギュメントとも呼ばれる「#5th」で使われるスケールで一般的なのがホールトーンスケール。全て全音(英語でWhole Tone)で構成されているスケールで、半音が存在しないスケールです。

他にもコンディミやオルタードなんかも#5thが入るので使ってもいいと思いますが、ナチュラル9thと#5thの組み合わせがこの曲のハーモニーの特徴なので、やはりホールトーンが1番しっくり来るんですよね。

B7で上手く「ソ」を使いたいところです。

21~22小節でもB7が出てきますが、ここは#5thではないので、Bミクソリディアンが普通の響きのスケールになります。もちろんオルタードスケールあたりも面白いと思いますが。

楽譜、音源のダウンロードはこちら



PR

Just Friendsでスケール練習(半音階→アルペジオ)

「ジャスト・フレンズ」でのソロ例です。
今回のコンセプトは「半音階の後にアルペジオを使う」です。

キーはDメジャーですが、たくさんのキーに転調する曲です。II-Vが多いので、しっかりとキーに対応していけるかどうかがポイントの曲です。

まずはDメジャーのダイアトニックコードとノンダイアトニックコードに振り分けてみます。

ノンダイアトニックコードはII-Vになっていることが多いので、後はそのキーに対応していくだけです。

キーの移動については「ドレミで覚えるジャズ・スタンダードの法則」でも記載しています。

さて、今回はその中でも半音階を使い、その後にアルペジオ(コードトーン)を使うことを意識しています。

やはりジャズフレーズでは半音階の使い方がポイントになります。その後にアルペジオを入れることで、コード感も出てくるので、半音階→アルペジオはジャズフレーズの鉄板とも言える組み合わせです。

小節線も意識してみます。

1小節内だけでやるのではなく、小節をまたぐように組み合わせてみるのも非常にオイシイ使い方の一つです。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

Beautiful Loveでスケール練習(オルタードスケール)

「ビューティフル・ラブ」でのソロ例です。
今回のコンセプトは「オルタードスケールを使う」です。

キーはBマイナーです。

コード進行はII-Vが主体の構成となっており、曲もマイナーのII-Vから平行調のII-Vで始まるという、王道とも言えるコード進行です。

さて、マイナーII-Vといえばオルタードスケールをどんどん使ってもそこまで違和感なく聞かせることができるので、F#7でオルタードスケールをメインにつかっています。

E7でもオルタードを使っていますが、ここは普通に記譜しています。Fメロディックマイナーで記譜してもよかったのですが、なんとなくホールトーンスケール+半音階といった考え方に近いので、シャープを使っての記譜にしています。

半音上のメロディックマイナーに反応できるかどうかがオルタードスケール攻略の秘訣です。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

Softly, As In A Morning Sunriseでスケール練習(ブルーススケール)

「朝日のようにさわやかに」でのソロ例です。
今回のコンセプトは「ブルーススケールを使う」です。

「朝日のようにさわやかに」というタイトルですが、実際はマイナー感タップリな曲で、AセクションはマイナーII-Vばかりです。Bセクションはメジャーに転調していますが、この辺が爽やかな部分なんですかね?

それはさておき、管楽器はロングトーン使ったり、吹き倒したり出来る曲で比較的人気が高い曲ですが、ピアニストからはシンプルすぎるコード進行がで、フレーズに変化を出す事が難しいと言われる曲です。

さて、この曲ではブルーススケールを主に使ってみます。Aマイナーの曲で、Aブルーススケールをどんどん使います。本当はII-Vも無視してゴリ押しでも良かったのですが、そこは対比を出すということで、Am7ではブルーススケール、Bm7(♭5)-E7ではAハーモニックマイナーを使っています。

特長はAm7で「シ、ファ」を使わない(少し使っていますが)ことと、m7でのブルーノート、♭5thの音を使うことです。

マイナーでシンプルなコード進行の曲はブルーノートを使って特長ある音をいれたくなります。本来はマイナー・スケールを使うべきところですが、敢えてブルーススケールを使うのもいいと思います。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

But Not For Meでスケール練習(H-Wディミニッシュ・スケール)

「バット・ノット・フォー・ミー」でスケール練習です。
コンセプトは「H-Wディミニッシュ・スケール」を使うです。

基本的にはCのダイアトニックコードで構成されていますが、違うキーのII-Vも混ざってきています。

ここではそのII-VのV7でH-Wディミニッシュ(ハーフ・ホール・ディミニッシュ)を使うようにしており、譜面の線の部分が特に意識しているところです。

といってもコードトーンのみで演奏しても「H-Wディミニッシュ!」って言ってもいいんですけど、そのコードトーンの合間にちょこっと半音を入れたような感じです。

ディミニッシュスケールの覚え方は下記のように覚えるとやりやすいと思います。
ルート、ルートの半音上、3rdの半音下、3rd、5thの半音下、5th、♭7thの半音下、♭7th

あとはこのハーモニーに慣れるだけです。

ディミニッシュスケールはバップっぽい演奏する上では必要不可欠。しっかりと身につけておきたいところです。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

Jingle Bells(ジングル・ベル)的コード進行でのソロ例

「ジングルベル」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「シンプルなコード進行で半音階」を使うです。

演奏難易度★★☆☆☆

コード進行はシンプルですが、4和音にするなどして、少しハーモニーを足すようにしています。

とはいえ、ほとんどダイアトニックコードのシンプルなコード進行です。

そのシンプルなコード進行で、ジャズフレーズを出すように、半音階のフレーズを使うようにしています。

基本はメロディーの音を多く使い、なるべく曲がわかるようにしながらも、アプローチノートなどの半音階などを入れています。

B7やA7のドミナントコードではオルタードスケールのようなフレーズも入れてフレーズが少し複雑に聞こえるようにもしています。

誰もが知るクリスマスの定番曲なので、普通に演奏してもいいですが、それだけではつまらないので、リズムなどにも変化を与えるとジャズ風のクリスマス曲になると思います。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

Silent Night(きよしこの夜)的コード進行でのソロ例

「サイレント・ナイト(きよしこの夜)」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「ゆったりとしたテンポで3連符を演奏する」です。

演奏難易度★★☆☆☆

今回は前テーマ、後テーマも入れて3コーラス分です。

ソロも運指難易度は難しくせず、リズムに3連符を多用して作っています。

フレーズはメロディーの音を主に使っています。ゆったりなテンポだと走ったりしてどこをやっているか分からないという、ロスト状態になりがちですが、メロディーの音をしっかりと覚えておくと対処しやすいかなと思います。

あとはしっかりとメロディーを歌い切るのみ。特にサックスはド#の音が低くなりがちなので、音を伸ばすときには注意が必要です。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

Libertango的コード進行でのソロ例

「リベルタンゴ」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「タンゴのリズムで16分音符で吹く」です。

演奏難易度★★★★★

キーはF#マイナーで、4つのコードのみです。ルート音はF#の音でずっと続きますが、ハーモニーが変わっていきます。

基本はF#マイナースケールで大丈夫ですが、G#のところでスケールをG#ミクソリディアン♭9♭13(hmp5↓)にしています。

最初の8小節は8分音符を中心に、次の8小節はスケール、次の8小節はアルペジオ、最後の8小節はバップフレーズというように変えています。

そして、タンゴといえど、この曲はテンポが速い。コード進行はシンプルでも、ついていくのが精一杯かも。自分で作っておきながら超難しかった…。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

Moon River的コード進行でのソロ例

「ムーン・リバー」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「バラードで3連符を使う」です。

演奏難易度★★☆☆☆

3拍子の曲で、テンポはゆったりとした感じです。

コード自体はDのダイアトニックコードが中心なので難しくありませんが、小節数が半端だったりと普通のコード進行の流れではないので、アドリブを作る上では難しい曲だと思います。

普通のスタンダード曲というのは4小節の流れを掴みやすいですが、この曲はその4小節の感覚を掴みづらいので、ジャズっぽいフレーズを作りづらい印象です。

コツとしてはメロディーをしっかり歌えるようにすることですかね。

さて、このゆったりテンポの中では3連符を使うとスイング感を出しやすくなります。

ということで、8分音符の3連符、16分音符の3連符をたくさん使っています。

そして重要なのが、3連符の後。8分音符になるようにしていますが、これがハネるとかっこ悪いです。3連符と8分音符の切り替えができるとリズムの変化も出しながらスイング感も出しやすくなります。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

Lazy Bird的コード進行でのソロ例

「レイジー・バード」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「転調に対応する」です。

演奏難易度★★★★☆

コルトレーンの作曲したLazy Birdは転調の多い曲で、尚且テンポも速く難易度の高い曲です。

「曲の中で転調が多い=臨時記号が多い」ということになるので、アドリブはもちろん、読譜も大変です。

さて、コード進行はII-Vが多いので、基本的にはそのII-Vのキーで行うようになりますが、トニック音はAメロで「E」と「C」、BメロでF#から「半音ずつ降りてくる」と解釈してみます。

トニック音の動きはシンプルですが、もちろん調号は簡単にはいきません。調号をしっかりと理解しておく事が必要な曲です。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

I’ll Close My Eyes的コード進行でスケール練習(オルタード・スケール)

「瞳を閉じて」コード進行でスケール練習です。
コンセプトは「マイナーII-Vでオルタードスケールを使う」です。

この曲でマイナーII-Vは全部で3種類あり、V7はF#7、C#7、B7になります。

マイナーII-VのV7でオルタードスケールは簡単になる事が多いので、そのV7をオルタードスケールにしてみます。

オルタードスケールは半音上のメロディックマイナーと同じ音なので、下記のようになります。

  • F#7→Gメロディックマイナー(シ♭、ファ#)
  • C#7→Dメロディックマイナー(ド#)
  • B7→Cメロディックマイナー(ミ♭)

メロディックマイナーは「メジャースケールから3rdを半音下げる」と考えると比較的分かりやすいかなと思います。

もちろん瞬時に反応できるようにするためには時間がかかると思いますが。

楽譜のダウンロードはこちら



PR

Just The Two Of Us的コード進行でスケール練習(オルタードスケール+5th)

「ジャスト・ザ・トゥー・オブ・アス」コード進行でスケール練習です。

今回のコンセプトは「A7でオルタード・スケール+5thを使う」です。

コード進行はシンプルです。基本はB♭△7-A7|Dm7 |の2小節の繰り返しです。そこにち少し変化を入れるために、2小節目にB♭のII-VであるCm7-F7を入れて4小節の繰り返しにしています。

♭VI△7-V7-Im7となっていますが、コードのハーモニーを考えるとB♭△7はEm7(♭5)と同じような響きです。つまり、マイナーII-Vですね。

となると、A7で色々とやってみたくなります。

一番定番なスケールは「Aミクソリディアン♭9♭13」です。ハーモニックマイナーP5↓ってやつです。

もちろん♭9、♭13の入るオルタード・スケールもすごくオイシイ音です。

ということで、今回はその2つを混ぜてみました。

「ラ・シ♭・ド・ド#(レ♭)・レ#(ミ♭)・ミ・ファ・ソ」です。

「オルタード・スケールにコードトーンである5thの音を入れただけ」と考えてもいいですし、「Aミクソリディアン♭9♭13で4thがアボイドノートになるので半音上げた」と考えてもいいと思います。

とりあえず臨時記号はA7のところだけ。そこに変化を入れれるようになってみましょう。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

On The Sunny Side Of The Street的コード進行でスケール練習(H-Wディミニッシュ)

「オン・ザ・サニー・サイド・オブ・ザ・ストリート/明るい表通りで」コード進行でスケール練習です。

今回のコンセプトは「セカンダリードミナントでハーフ・ホールディミニッシュ(コンディミ)を使う」です。

キーはAメジャーです。となると通常のV7はE7。

この曲にはそのE7以外にもC#7、B7というドミナントセブンが入っています。II7とIII7ですね。

II7(B7)はミクソリディアン、III7(C#7)はミクソリディアン♭9♭13が定番スケールです。

しかし、ここではハーフ・ホール・ディミニッシュ(コンビネーション・オブ・ディミニッシュ)を使ってみました。

H-Wディミニッシュスケールの覚え方は「コードトーン+ルートの半音上+3rd、5th、7thの半音下」が簡単です。

♭13thとか、テンション名ではなかなか覚えれません。「コードトーンの半音下!」くらいな感覚の方がスムーズに入ってきます。

ということで、ディミニッシュスケール使えるようになってみましょう。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR