「It Could Happen To You」でのソロ例

「イット・クッド・ハプン・トゥ・ユー」でのソロ例です。
今回のコンセプトは「♭9を使う」です。

It Could Happen Tou YouはキーがCですが、マイナーII-Vが多く使われています。ダイアトニックコードのIIm7、IIIm7、VIm7へのII-Vなので、理論的にはセカンダリードミナントとそのリレイテッドマイナーという解釈になります。

とりあえず理論的には難しいので、マイナーII-Vに対応するべきと考えておくだけで大丈夫です。

さて、マイナーII-Vではドミナントセブンで♭9thの音を使えるようにしてみます。

♭9thはA7ではシ♭、E7ではファというように、ルート音の半音上の音です。ルート音の半音上なので、不協和な音ですが、フレーズの中に入れると溶け込む音になります。

マイナーII-Vでどんどん使えるようになってみましょう。

https://youtu.be/O-DH2phnUJs


PR

「Unforgettable」でのソロ例

「アンフォゲッタブル」でのソロ例です。
今回のコンセプトは「バラードでしっかり休符を作る」です。

※テーマ部分の楽譜はありません

ナット・キング・コールとナタリー・コールの共演が有名なバラードのスタンダード曲です。

ナット・キング・コールとナタリー・コールのバージョンではキーがF(サックスでD)になっていますが、ここはスタンダード集に掲載されているキーのG(サックスでE)にし、テンポも遅めにしています。

さて、かなり独特なコード進行でトーナリティ(キー)が分かりづらい曲です。キー表記はEですが、最後のコードはAになっています。つまり、「キーがEかAか分からない曲」です。

コードはII-Vを中心に流れているので、アドリブも基本的にはII-Vのキーに合わせて演奏すると大丈夫です。

D△7-G7などはBm9-E7(alt)で、III-VI-II-Vのコード進行と解釈するとキーはAのアプローチで演奏することができます。

今回のソロは休符を多く取り入れるようにしています。バラードでしっかり休符を数えることが目的です。

長い音符で休符もなく演奏するとダラケてしまいます。速い音符を使ってしっかり休むようにしてみましょう。

https://youtu.be/bFWOa8dDeU8


PR

「悲しみは雪のように / 浜田省吾」楽譜販売開始

「悲しみは雪のように / 浜田省吾」のサックスとピアノの初心者用デュオ楽譜です。
スコア、サックス用楽譜、ピアノ譜の3種類です。

楽譜は下記から購入可能
E♭用:https://store.piascore.com/scores/164111
B♭用:https://store.piascore.com/scores/164112

原曲キーのG(アルトサックスでE、ソプラノ・テナーサックスでA)になっています。



PR

「L-O-V-E」でのソロ例(Ver.2)

「L-O-V-E」でのソロ例です。
今回のコンセプトは「4分音符を使う」です。

「L-O-V-E」のキーは前回はDでやりましたが、今回はナット・キング・コールもやっているキー(途中で転調するけど)のEでやってみます。

さて、今回は4分音符を多めに使うように意識しています。

8分音符多めのジャズフレーズをバリバリやりたくなるテンポですが、リズムに変化を出すために8分音符と4分音符を混在させるようにしています。

難しいキーなので、シンプルなフレーズになるように考えますが、3連符なども混ぜ、リズムに変化を与えるとフレーズも作りやすくなります。



PR

「Speak Low」でのソロ例

「スピーク・ロウ」でのソロ例です。
今回のコンセプトは「ラテンからスイングへ変化する」です。

Speak LowはA-A-B-Aのフォームですが、小節数が通常の32小節とは異なりAパートが16小節、Bパートが8小節で全部で56小節の曲です。

曲の中で同主調の転調しているので、臨時記号が多くなる曲です。

さて、今回はテーマ部分をラテンのアレンジにしており、アドリブパートはスイングにしています。リズムの切り替えがスムーズに行えるかどうかが重要です。

スイングに切り替わった時にハネすぎないように注意しましょう。


楽譜、音源のダウンロードはこちら
https://note.com/katsukado/n/n3e1e3e1c1006



PR

「水平線 / back number」楽譜販売開始

「水平線 / back number」のアルトサックスとピアノの初心者用デュオ楽譜です。
スコア、サックス用楽譜、ピアノ譜の3種類です。

楽譜は下記から購入可能です。
E♭用: https://store.piascore.com/scores/162416
B♭用: https://store.piascore.com/scores/162417

原曲キーのB♭(アルトサックスでG、ソプラノ・テナーサックスでC)になっています。



PR

「Lullaby Of Birdland」でのソロ例(Ver.2)

「バードランドの子守唄」のソロ例です。
今回のコンセプトは「半音下がるアプローチノートを使う」です。

キーはFメジャーですが、全体的には平行調のDマイナーという感じの曲です。

この曲の特徴は2拍ずつ変わるコード進行です。基本的にはルート音が4度進行しているので、II-Vになっていることも多いですが、半音ずつ下がるメロディーラインも使っているので、E7のところはコードトーンが意識できるといいと思います。

さて、今回はコードの繋ぎ目(8分音符で2拍目ウラ、4拍目ウラ)から半音上昇/下降するようなフレーズを多めに使っています。

両方ともアプローチノートですが、半音下からの「上昇」の場合は非常に使いやすいですが、半音上からの「下降」の場合は限定される事が多く、4拍目のオモテの音はさらに高い音から来るようにします。

4拍目オモテ(アプローチノートよりも半音上、もしくは全音上)→4拍目ウラ(アプローチノート)→1拍目

この流れが作れるようになると下降アプローチノートも自然に聞こえるフレーズになります。



PR

「サウダージ / ポルノグラフィティ」楽譜販売開始

「サウダージ / ポルノグラフィティ」のアルトサックスとピアノの初心者用デュオ楽譜です。

スコア、サックス用楽譜、ピアノ譜の3種類です。

楽譜は下記から購入可能です。

原曲キーのEm(アルトサックスでC#マイナー、ソプラノ・テナーサックスでF#マイナー)になっています。



PR

「今宵の月のように」楽譜販売開始

「今宵の月のように / エレファントカシマシ」のアルトサックスとピアノの初心者用デュオ楽譜です。

スコア、サックス用楽譜(E♭譜)、ピアノ譜の3種類です。

楽譜は下記から購入可能

原曲キーのG(サックスでアルトサックスでE、ソプラノ・テナーサックスでA)になっています。



PR

「Moanin’」でのソロ例(Ver.2)

「モーニン」でのソロ例です。
今回のコンセプトは「異名同音のソ#、ラ♭の使いわけ」です。

「モーニン」はテーマとソロのコード進行が異なり、ソロでは「Dm7-F7-E7-A7」の2小節のコード進行が中心になります。

このコード進行で問題になるのがF7です。キーはDマイナーなので、subV7/IIと考えることも出来ます。しかし、ここでは2拍しかないので、F7でもDマイナースケールで押し切っても問題ないかと思います(本当はDフリジアンスケール)。

さて、今回はソ#とラ♭の2種類を使っています。

使い分けの理由はE7のコードトーンとして考える(3rdのソ#)か、Dマイナーのブルーノート(♭5のラ♭)、半音階の上昇(シャープ)・下降(フラット)で使い分けます。

音名を統一してとりあえず演奏しやすくするのではなく、意味を理解して使い分けができるようにしてみましょう。


楽譜・音源のダウンロードはこちら
https://note.com/katsukado/n/nec77865734e3



PR

「ルージュの伝言」楽譜販売開始

「ルージュの伝言 / 荒井由実(松任谷由実)」のアルトサックスとピアノの初心者用デュオ楽譜です。

スコア、サックス用楽譜、ピアノ譜の3種類です。

楽譜は下記から購入可能

原曲キーのE♭(アルトサックスでC、ソプラノ・テナーサックスでF)になっています。



PR

「Candy」でのソロ例(Ver.2)

「キャンディー」でのソロ例です。
今回のコンセプトは「半音ずつ下がるルート音(ディミニッシュコード)での対応」です。

いわゆる「リズムチェンジ」なコード進行に近い曲ですが、最初からIV△7から始まり、次にIVm7に行く特徴あるコード進行です。

そしてC→B→B♭→Aと半音ずつさがるルート音もこの曲の特徴です。

その中でもBm7-B♭dim7-Am7とディミニッシュコードが使われているところが今回のポイントです。半音ずつ下がる中でディミニッシュコードが使われるのは「When You Wish Upon A Star(星に願いを)」でも使われているコード進行です。

B♭7だとE7の裏コードと解釈できますが、B♭dim7の場合色々と解釈が出来ます。

まずはE7(#11,13)とする場合です。これはEのH-Wディミニッシュ(コンディミ)を使います。

A7(♭9)としてインターポレイテッド・ドミナント(D7へのドミナント)と考えることもできます。今回はこのA7の感覚で作っています。

ディミニッシュは半音下のドミナントセブンと考えるとコードトーンもすぐに導き出せるようになります。


楽譜、音源のダウンロードはこちら
https://note.com/katsukado/n/n2d7ac36f1759



PR

「Nothing’s Gonna Change My Love For You / Bossa (Samba) Ver.」でのソロ例

前回の「Nothing’s Gonna Change My Love For You」と曲は同じですが、アレンジをボサノバ/サンバに変えています。

今回のコンセプトは「16分音符でスケール的なフレーズを演奏する」です。

今回は8分音符を多く使い、その分テンポを少し速くしています。難易度的には前回より抑えられていると思います。

さて、そんな中に出てくる16分音符ですが、なるべく跳躍音程を避け、スケールの上昇/下降になるようにしています。

ポイントは出だしの16分休符。この一瞬の休符で全てが決まると言っても過言ではありません。

「指が転ぶ」や「走る」と言われる場合は運指練習だけでなく、休符の練習も重要てす。

16分休符は結構「助走」的な役割を持っています。助走が正確に取れないのではフレーズが正確なリズムで演奏出来ません。

速いテンポでもしっかりと16分音符を感じれるようにしてみましょう。


楽譜、音源の購入はこちらから
https://note.com/katsukado/n/n507c8d3c91b1



PR

「Nothing’s Gonna Change My Love For You」でのソロ例

「Nothing’s Gonna Change My Love For You(変わらぬ想い)」でのソロ例です。
今回のコンセプトはサビメロから「アドリブに突入する」です。

ギターリストでもあるジョージ・ベンソンが歌ったヒット曲です。

オリジナルキーとは違い、B♭(サックスでG)のキーから始め、半音上へ転調しています。

テーマ部分のメロディー演奏からソロに突入するようにしています。コード進行はサビと同じです。この場合、定番の作り方は「高音を伸ばしてから始める」です。

転調前も転調後も高い音を伸ばしてから始めるようにしています。

その後はもう一度メロディーに帰ってくるようにするとソロの終わりも作りやすくなります。


楽譜、音源のダウンロードはこちら
https://note.com/katsukado/n/n116adba56c8f



PR

「君がいるだけで」楽譜販売開始

「君がいるだけで / 米米CLUB」のアルトサックスとピアノの初心者用デュオ楽譜です。

スコア、サックス用楽譜、ピアノ譜の3種類です。

楽譜は下記から購入可能です。

原曲キーのC(アルトサックスでA、ソプラノ・テナーサックスでD)になっています。



PR

「Over The Rainbow」でのソロ例

「虹の彼方に」をボサノバ(サンバ)アレンジしたものでのソロ例です。
今回のコンセプトは「16分音符の裏を使う」です。

キーはCです。

この曲はメロディーはシンプルですが、コード進行はノンダイアトニックコードを多用しており、アドリブする上ではかなり難しくなっています。

基本的には「セカンダリー・ドミナント」と、それに繋がる「リレイテッド・マイナー」、そして「サブドミナント・マイナー」で構成されていますが、とりあえず難しい用語は置いといて、「II-Vがたくさんのキーで使われている」と思っておけばいいと思います。

テンポが速いとCメジャー一発でも行けそうなコードの雰囲気ですが、通常はバラードで演奏し、今回もサンバ風なアレンジでもテンポは遅いので、コード進行に合わせたアドリブにしたいところです。

今回はそのコード進行に合わせる+サンバアレンジなので、16分音符でのシンコペーションや裏拍もたくさん使うようにしています。

16分音符で裏拍を取るのが最初から得意な人はいません。

その時にこのようなサンバやボサノバ系のリズムで取るようにしてみます。

テンポが速いように聞こえますが、今回も実際は90なので、そこまで速いテンポではありません。さらにパーカッションや伴奏で細かいリズムをたくさん入れているので、比較的リズムを取りやすくなると思います。

シンコペーションのリズムを確実にしてみましょう。


楽譜・音源のダウンロードはこちら
https://note.com/katsukado/n/nf80c8f421029



PR

「Just The Two Of Us / Bossa Arrange」でのソロ例

「Just The Two Of Us」をボサノバ(サンバ)アレンジしたものでのソロ例です。
今回のコンセプトは「16分音符でシンコペーションする」です。

キーはDマイナーです。

ボサノバともサンバとも言えるテンポです。ジャズのサンバとボサノバについては明確な違いがなく、テンポが速ければサンバ、遅ければボサノバという感じで大丈夫だと思います。

さて、テンポは75くらいを想定しています。

ブラジル系だろうがアフロキューバ系だろうが、いわゆるラテン系のリズムでの演奏のコツはシンコペーションの使い方だと思っています。つまり「タイ」をどのように使うかです。

今回はその16分音符での「タイ」を多用しています。つまりリズムも難しくなるということです。ただし、テンポがそこまで速いわけではないので、慣れるくらいにはちょうどいいくらいだと思います。

スケールは基本的にDマイナースケール(ナチュラルマイナー/ハーモニックマイナー)を中心に、F7でミ♭を使うようにしています。

走らないよう、しっかりとリズムキープしてみましょう。


楽譜、音源の購入はこちらから
https://note.com/katsukado/n/n45a227ae5279



PR

「Jailhouse Rock」でのソロ例

「監獄ロック/エルヴィス・プレスリー」でのソロ例です。
今回のコンセプトは「メジャーコードでドリアンスケールを演奏する」です。

エルビス・プレスリーのJailhouse Rockです。コード進行はB(実音D)のブルースですが、12小節ではなく、16小節のブルースになっています。

さて、キーがBだとシャープの数の多さから敬遠しがちですが、ロックではコードがメジャーでもマイナーのメロディーを演奏することがほとんどです。特にこのようなブルージーな感じでは。

メジャースケールで演奏するよりも「ブルーノート」を使うブルーススケールで演奏するほうが曲調に合いやすくなっています。

ブルーススケールはマイナーペンタトニック+♭5の音なので、マイナーのスケールです。

つまり、Bメジャーで考えるよりもBマイナーでソロを演奏してもいいんじゃないかということになります。
Bマイナーだと調号2つなのでジャズのスタンダードと変わらないですね。

しかし、今回はそこに「ソ」を半音上げて、Bドリアン・スケールで全体を演奏するようにしています。理由はE7というコードが入るからです。

ということで、Bドリアン・スケール+♭5(ブルーノート)という考え方で作っています。


楽譜・音源のダウンロードはこちら
https://note.com/katsukado/n/ne2fb2632b151



PR

「真夏の果実」楽譜販売開始

「真夏の果実 / サザンオールスターズ」のアルトサックスとピアノの初心者用デュオ楽譜です。

スコア、サックス用楽譜(E♭譜)、ピアノ譜の3種類です。

楽譜は下記から購入可能
 https://store.piascore.com/scores/154364

原曲キーから長2度下(-2)のC(サックスでA)になっています。



PR

「レンズ」楽譜販売開始

「レンズ / 幾田りら」『持続可能な恋ですか?〜父と娘の結婚行進曲〜』(TBS)主題歌 アルトサックスとピアノの初心者用デュオ楽譜です。

スコア、サックス用楽譜、ピアノ譜の3種類です。

楽譜は下記から購入可能

原曲キーのD(アルトサックスでB、ソプラノ・テナーサックスでE)になっています。



PR