3度音程と4度音程の組み合わせ

3度音程と4度音程の組み合わせのスケール練習です。

[A]はキーがCで、[B]はキーがGになっています。

それぞれ前半が3度-4度-3度の組み合わせで、後半が4度-3度-4度の組み合わせになっています。その組み合わせでスケールを上昇/下降しています。

3度音程や4度音程だけだと惰性で進んでしまいますが、組み合わせることでしっかり音符を考えるようになります。

3度音程と4度音程を身につけるための練習方法です。



PR

「My Foolish Heart」でのソロ例

「マイ・フーリッシュ・ハート」でのソロ例です。
今回のコンセプトは「テンポの遅い曲でも16分音符を使わないようにする」です。

演奏難易度★★☆☆☆

チェット・ベイカーの最後の数日間に焦点をあてた映画でタイトルにもなっているスタンダード曲「マイ・フーリッシュ・ハート」です。

今回もストリングスを入れたアレンジにしてみました。

さて、今回は遅いテンポでも16分音符を使わないようにすることがコンセプトです。とはいえ、全く無いのも間延びしてしますので、少しだけ入れていますが。

やはり遅いテンポだと16分音符のような速いフレーズを入れたくなります。4分音符や8分音符ばかりになると、ダラっとした感じになっちゃうからです。

とはいえ、ただ速く演奏してしまうと指が転ぶとか、技術的な問題も起きます。

そこで、4分音符や8分音符だけでも、フレーズにリズムの変化を与え続けるとゆったりとした音符でもソロを作りことが出来ます。

シンコペーションなどを利用し、リズムに変化を与え続けてみましょう。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

2拍ずつ[スケール – アルペジオ – スケール – アルペジオ]

2拍ずつ[スケール – アルペジオ – スケール – アルペジオ]と組み合わせたスケール練習です。

キーはCメジャー/Aマイナーで、スケールの上昇・アルペジオの下降・アルペジオの下降・スケールの上昇を2拍ずつ行い、それが徐々に下降していくようなスケール練習になっています。

速く正確にできるようにしましょう。

アルペジオの下降音が瞬時に考えることが出来るようにする目的です。スケールの上昇と組み合わせでもアルペジオの下降の音を間違えないようにしましょう。

また、アルペジオが2回連続になるので、そこで音が裏返らないようにすることも技術的に気をつけるようにしましょう。



PR

「Danny Boy」でのソロ例

「ダニー・ボーイ」でのソロ例です。
今回のコンセプトは「シンプルに吹く」です。

「ロンドンデリーの歌(Londonderry Air)」というアイルランドの曲に歌詞がつけられ、「ダニー・ボーイ」として有名になった曲です。

キーも色々とあり、ビル・エバンスは実音B♭(アルトでG)、キース・ジャレットは実音F(アルトでD)、サム・テイラーは実音E♭(アルトでC)など、演奏者によって異なりますが、今回は実音B♭(アルトでG)を選んでみました。

そしてストリングスも足してみたりと、ちょっとアレンジの音も足しています。

さて、そのダニー・ボーイでのソロですが、今回はシンプルにソロを作るようにしています。出来る限りGメジャースケールで演奏し、臨時記号があっても半音階の中にあるようにしています。ブルーノートも使いたくなったので、少し入れていますが。

ゆったりなテンポだと音数も多く使いたくなりますが、ここは少なく、なるべくシンプルな感じでジャズを歌う感じで演奏することが目的です。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

スケール(1-2-3-4)+アルペジオ(5-1-7-5)

スケール2拍とアルペジオ2拍の組み合わせです。

2拍スケールを上がり、2拍アルペジオになっています。ただしアルペジオでも5th、Root、7th、5thの順番になるようになっています。

それが[A]はCメジャースケール内で、[B]は半音ずつの上昇になっています。

[A]はスケール内の音程感覚を身につけるための練習、Bは半音ずつ上昇するのでキーと調号の練習になります。

もちろん速く演奏出来ることが望ましいですが、まずは正確に間違えずに演奏できるようにしてみましょう。



PR

「Stella By Starlight」でスケール練習(オルタード)

「星影のステラ/ステラ・バイ・スターライト」でスケール練習です。
今回はオルタードスケールです。

「星影のステラ」はメジャーでもマイナーでもII-Vがたくさん出る曲です。その分、転調も多いということで難しい曲です。また、難しい要素として、II-VもIに行かない事が多いので、キーを把握しづらいという曲です。

その星影のステラですが、攻略のコツがマイナーII-VのときのV7。ここでオルタードスケールを使うことです。

オルタードスケールは半音上のメロディックマイナーと同じ音です。

「F#7」と考えるより「Gメロディックマイナー」で考えたほうが簡単です。同様に、B7よりもCメロディックマイナー、E7よりもFメロディックマイナーというように、オルタードテンション(フラットやシャープの付いたテンション)の場合はこのオルタードスケールで考えると逆に簡単になります。

半音上のメロディックマイナーをなるべくそのまま上昇・下降するように使っているので、スケールの音の感覚を覚えてみましょう。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

「Blue Train」でのソロ例

「ブルー・トレイン」でのソロ例です。
今回のコンセプトは「16分音符の後に8分音符を使う」です。

演奏難易度★★☆☆☆

Aのマイナーブルースですが、少し変則的なコード進行になっています。

通常、AmのII-VはBm7(♭5)-E7になりますが、ここではDm7-G7になっています。これはAmの平行調でもあるCのII-Vです。同様に、Dmの平行調であるFへのII-VのGm7-C7にもなっています。

マイナーキーですが、メジャーキーのII-Vを持ってきている曲です。今回はAmを転回形でもあるC6として考えて、CのII-Vとしています。この場合、Amのハーモニックマイナーやメロディックマイナーを使うことが出来ないデメリットがありますが…。

さて、今回は16分音符や3連符などを多めに入れています。速い運指になるので、運指技術も必要です。

さらにそこから8分音符へリズムを変化させています。この8分音符で走らないように、しっかりテンポを保てるようにしてみましょう。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

3度音程強化メニュー(アルペジオとの組み合わせ)

3度音程の強化メニューです。

2拍アルペジオ(上昇/下降)と3度音程の組み合わせで1小節ごとに[A]は上昇、[B]は下降するようになっています。
音域も広くしてあるので、運指練習や3度音程を染み込ませるための練習方法です。

キーはCメジャーのみですが、他のキーでやることも素性します。



PR

「Cool Struttin’」でのソロ例

「クール・ストラッティン」でのソロ例です。
今回のコンセプトは「ブルース・スケールとビバップ・スケールを使う」です。

演奏難易度★☆☆☆☆

「クール・ストラッティン」はキーがアルトサックスでD(実音F)のブルースで、テンポもゆったり目と、まさに王道中の王道とも言える曲です。

さて、今回はその定番ブルースで、ブルーススケールを中心に作っています。しかし、それだけではジャズっぽさもあまり出ないので、そこにビバップスケールを入れて作るようにしています。

Dブルーススケールは「レ・ファ・ソ・ソ♯・ラ・ド」です。テーマがすでにこのブルーススケールで出来ています。オリジナルのソニー・クラークのレコーディングでもブルーススケールがかなり使われているので、やはりブルーススケールは使いたい所。

ブルースでのブルーススケールはコードに合わせて変えるものではなく、常にこのDブルーススケールで押し通します。ブルージーな雰囲気が一気に出てきます。

そこにビバップスケールを入れてジャズっぽさも混ぜてみましょう。

ビバップスケールはミクソリディアンスケールに経過音としてメジャー7thの音を足したものです。この経過音である半音の流れがジャズっぽさを出すことになります。

ブルース感とビバップ感の2種類を行ったり来たりするのが今回の特徴です。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

フラジオ運指練習

フラジオの運指練習です。

フラジオは特殊な運指で行う、高音域の事ですが、もちろん一筋縄ではいきません。最初は絶対に出ません。もちろんフラジオを自在にコントロールするためには音の練習を行う必要があるのですが、それだけでは曲で使えません。

まず大事なのは運指です。曲に合わせて運指ができていないとフラジオは出ないですから。

フラジオは正直、運指は何でもいいんですが、これは超上級者向けのお話。(本当に上級者はどんな運指でもフラジオをコントロールします)

まずは「フラジオを出す」のを目的にするのではなく、「フラジオの運指を正確にする」こともしっかりやっておきましょう。

運指が出来ていればフラジオが出る可能性はあります。しかし、運指ができていなかったらフラジオが出る可能性すら無いので。

ゆっくり運指を考えるのではなく、瞬時にフラジオ運指が出来ることも重要です。

つまり、音が出なくてもいいので、ちゃんとテンポに合わせて指が動くようにしてみてください。

上記の運指以外にもたくさんありますが、フレーズの前後関係などお好みで。自分はほぼすべてをこの運指でやっています。

フラジオ運指表については「サクブラ」に記事として書いたのでそちらに掲載しています。



PR

「Bye Bye Blackbird」でのソロ例

「バイ・バイ・ブラックバード」でのソロ例です。
今回のコンセプトは「フレーズの終わり3音を繰り返す」です。

演奏難易度★☆☆☆☆

コード進行はDのダイアトニックコードが大部分を占めており、Dメジャースケールのみでも大部分はカバーできます。

「D7」と「Fm7-B♭7」の2箇所のみダイアトニックから外れるので要注意の所です。

さて、このDメジャー一発でも行けるコード進行となったとき、ある程度制約を決めるほうがソロを作りやすくなります。

「自由に何をやってもいい」という方が難しいんですよね。

そこで、今回はフレーズの終わり3音を繰り返すようにしてみました。

1番最初は「レミファ」で終わっています。ということで、次のフレーズは「レミファ」で始まるようにしています。

その次は「レミド」で終わっているので、「レミド」で始まっています。

コルトレーンのソロはフレーズの終わりの音から始まる事が多くなっています。そうすることによってフレーズというか、1つのストーリーを作るような感じにもなります。

ちょっとこれを参考にして3音同じ音を使ってみようということです。

しかし、同じ音でも同じリズムにはしていません。わざとリズムには変化をもたせて、同じように聞こえないようにしています。

このように制約を持たせるとアイデアを考え、色々と試せるようになってきます。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

レ○○の運指練習

前回は「ソ○○の運指練習」をやりましたが、今回は「レ○○の運指練習」です。

レの後に2音付け足し、「レ+1・2、レ+2・1」といったように順番を入れ替えています。

ソの時はキーを変えていましたが、レは3オクターブ分あるので、オクターブを変えてやってみましょう。

Aはオクターブキーの動き、Bはパームキーの運指、Cは跳躍音程で音が裏返らないようにするという、それぞれ別の難しさがあります。

ちなみ、一番難しいのはAです。Aの全6小節の中、後半の2小節はオクターブキー+右手運指です。この運指はテンポが速ければ本当に出来なくなる、右利きにとってはかなり辛い運指になります。

ゆっくりと確実に出来るようになったら速くし、6小節がミスなく出来るようにしてみましょう。



PR

「Mac The Knife / Moritat」でのソロ例

「マック・ザ・ナイフ / モリタート」でのソロ例です。
今回のコンセプトは「弱小節で始まり、強小節で終わる」です。

演奏難易度★☆☆☆☆

「マック・ザ・ナイフ」と「モリタート」は同じ曲です。原曲のドイツ語だとDie Moritat von Mackie Messerを省略して「モリタート」、それが英語だと「マック・ザ・ナイフ」となっています。

曲のコード進行はほぼGのダイアトニックコードなので、Gメジャースケール1発でいってもいいのですが、それ以外のセカンダリードミナントも少しコードトーンを意識できるといいでしょう。

また、メロディーで6thの音(Gのコードの時にミの音)が結構使われています。意図的に6thの音を使うのであればメジャースケールもいいですが、平行調のブルーススケール(Eブルーススケール)でブルーノート(シ♭)を使うのも面白くなると思います。

さて、今回のコンセプトは「弱小節で始まり、強小節で終わる」としています。

強小節とは1,3小節目の奇数小節で、弱小節は2,4小節目の偶数小節です。もちろん例外もありますが、一般的なスタンダード曲はほぼこれに当てはまります。

※ちなみにこの曲のようにメロディーのピックアップ(弱起)がある場合は1小節目ではなく、0小節目が存在しているので要注意!

アドリブ初心者の陥りやすい例がフレーズの始まりが「すべて強小節で始まり、弱小節で終わる」です。これを改善するだけでも全然良くなります。

その改善方法の1つがメロディー(テーマ)の形を真似る事。この曲は0小節目があるので、ほぼメロディーのフレーズのすべてが弱小節から始まるようになっています。

メロディーの形や休符を真似て、同じような場所で始め、同じように休むようにしてみましょう。

そこから徐々にフレーズを長くするだけでもアドリブの形になっていきます。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

ソ○○の運指練習

ソ+2音の運指練習です。

ソを演奏した後に、2音演奏しますが、「ソ+1・2、ソ+2・1」といったように順番を入れ替えています。

その付け足した2音が徐々に上昇していくような形になっています。

[A]はCメジャースケール、[B]はGメジャースケール(ファ#)、[C]はDメジャースケール(ファ#・ド#)になっています。

前半部分がクロスフィンガリング(指を交差させる動き)、後半部分がオクターブキーの動きといったように、前半と後半で運指の難しさの質も異なってきます。

さらに音域も広くなるので、音が裏返らないように丁寧に演奏することも大事です。

ここではC、G、Dのキーでしか書いていませんが、他のキーでやってみてもいいと思います。

出来る限り速く出来るようになってみましょう。



PR

「When You Wish Upon A Star / 星に願いを」でのソロ例

「星に願いを」でのソロ例です。
今回のコンセプトは「リズムにバリエーションを持たせる」です。

演奏難易度★★★☆☆

コード進行は複雑ではなく、Aのダイアトニックコードを中心に構成されています。その中にF#7やD7といったセカンダリードミナントが入ってきています。

D7はG#7の裏コード(増4度上のドミナントセブン)なので、セカンダリードミナント扱いです。

この曲のポイントはディミニッシュです。C#m7→Cdim7→Bm7と流れるところが非常にオイシイ所です。

Cdim7の解釈は「F#7として考えて、C#m7→F#7のII-Vと考える」としてみましょう。

Cdim7のコードトーンはC、E♭、G♭、Aです。これってF#7のコンディミなんですよね。C(#11)、E♭(13th)、G♭(Root)、A(#9th)ということです。

こじつけに近いものになってしまいますが、そう考えると一段上の「A△7、F#7、Bm7」というコード進行と同じように演奏出来ちゃいます。「A△7/C#、F#7/C、Bm7」という分数コードにすると同じような響きになるという意味です。

となると、全体を通してAメジャースケール一発でもいけちゃう曲なので、Aメジャースケールをゴリ押しでもいいんですが、ここはちょっと半音階を多めに入れ、さらにテンポもゆったり目なものを考えているので、色々なリズムのバリエーションを入れるようにしています。

特に3連符。上昇、下降、アルペジオ、トリル(行って帰る)といった形の他に、タイを含むリズムも入れています。

少し複雑なリズムになっていますが、このリズムのバリエーションを演奏できるようになってみましょう。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

メロディックマイナーの3度インターバル強化練習

メロディックマイナーの3度上昇と3度下降の複合インターバルの練習です。

2拍で1グループになっており、2拍ごとに1音ずつ上昇下降しています。その中に3度インターバルの上昇と下降を詰め込んでいます。

メロディックマイナーのスケール音で3度インターバルを集中的に鍛えるための練習方法です。

動画ではCメロディックマイナーとGメロディックマイナーのみですが、楽譜は全キーで掲載しています。

出来る限り速く、正確に出来るようにしてみましょう。



PR

「Cleopatra’s Dream」でスケール練習(メロディックマイナー)

「クレオパトラの夢」でスケール練習です。
今回はメロディックマイナーです。

作曲がバド・パウエルというピアニストの曲で、日本でも有名な曲ですが、サックスではあまり聞かない曲です。
この曲はFマイナーで、スタンダード曲の中では珍しいキーで、サックスにとっては♭4つという結構苦手になるキーというのもあると思います。

コード進行はFマイナーのII-Vばかりで構成されており、覚えやすく難しいものではありません。キーが難しいだけです。

さて、今回はFmのコードでメロディックマイナーを使うようにしています。曲の半分がFmというコードなので、ほぼFメロディックマイナーで構成されているようなものですが。

ついでに、C7でもオルタード・スケールをたくさん使うようにしています。オルタードスケール=半音上のメロディックマイナーなので、C#メロディックマイナーになっているところも多いです。

メロディックマイナーをしっかりと叩きこんでみましょう。

ちなみに、テーマ部分はサックスにとって非常に厄介な運指です。オクターブキーとBisキーという運指トレーニングにもなる曲です。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

ジャズメロディックマイナーのアルペジオ&スケール組み合わせ

メロディックマイナースケール(旋律的短音階)の各音から3度上昇のアルペジオを行い、3拍目から下降するスケール練習です。

通常、メロディックマイナーは下降の場合はナチュラルマイナーとなりますが、ジャズメロディックマイナーは上昇も下降も同じ構成音です。

そのメロディックマイナーを使用したスケール練習です。

メロディックマイナーは半音下のオルタードスケールとしても使えます。

CメロディックマイナーはBオルタードスケールなので、B7で使用することが出来ます。特にマイナーII-VのときのB7で使うのは効果的な使い方です。
他にも「ロクリアン#2」や「リディアン♭7」など、スタートの音が違えば名前が違うというスケールです。

最初の音を変えて行うとこのように「使えるスケール」になっていきます。

同じ音ばかりからスタートしていくとそれは指体操になってしまい、使えるスケールになりません。
また、「BオルタードはCメロデイックマイナー」とばかり考えていてはコードトーンも使うことが出来ません。

スケールの始まりの音を変えるようにするだけでも練習になります。

動画は1枚目のCとGのみ


PR

「Waltz For Debby」でコードトーン練習

「ワルツ・フォー・デビィ」でのソロ例です。
コードトーンのみでソロを作成しています。

※テーマ部分は掲載致しませんのでご了承ください

この曲はキーがDで、その3-6-2-5進行で進むかと思いきや、マイナー7中心の3-6-2-5とドミナント7中心の3-6-2-5があったりと、なんとも複雑です。

ルート音の動きはそこまで複雑ではないのですが、ドミナント7が多く、ハーモニーが特徴的です。

となると、キーを捉えることが難しくなります。そこで、スケールを中心にソロを作るのではなく、コードトーンを中心に考えてみると作りやすくなると思います。

とはいえ、テンポも早く、2拍ずつコードチェンジを行うのも大変ですが…。

またシンコペーションを使い、音数を減らす工夫をすると作りやすくなると思います。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

1・5・3 + アプローチノートの練習

3音アルペジオで順番を入れ替え、Root-5th-3rdにアプローチノート(次の音の半音下)を入れたものです。

[A]がGメジャースケール、[B]がFメジャースケールでのダイアトニックコードになっています。

コードに素早く対応すること、アプローチノートを叩き込むことを目的にした練習です。

上昇型と下降型も最初の3音は1・5・3なので変わりませんが、アプローチノートは次の音の半音下になるのがポイントです。

ここが瞬時に出てくるようになるとジャズのフレーズを作りやすくなると思います。

やはりアプローチノートを考えているようではなかなかフレーズを作ることが出来ません。こればかりは染み込ませるまでやるという反復あるのみです。



PR