Em(Root-9th)からの跳躍運指練習

Eマイナー・スケールの運指練習ですが、1・2音目でミ・ファ#を先に吹いてから3音目で上昇・下降するスケール練習です。

[A]は「ファ#(9th)・ミ(Root)」と吹いてから、その後に上昇/下降しています。

[B]は最初を「ミ(Root)・ファ#(9th)」と吹いてから、その後に上昇/下降しています。

ポイントとなるのはパームキーです。いかに高音の「レ・ミ」をスムーズに運指を行うかが重要になります。

[A’][B’]はその1オクターブ下です。

これも最初は簡単ですが、オクターブを跨ぐあたりで急激に親指の運指が難しくなります。

1オクターブ違うだけで難易度も異なるので、2オクターブ分しっかりと行ってみましょう。

指は中指に力が入りすぎてしまい遅れる傾向にあります。指が痛くなる場合は中指に意識してみましょう。もちろんオクターブキーの親指も力を抜く必要がありますが。



PR

Killer Joe的コード進行でのソロ例

「キラー・ジョー」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「オクターブ下の跳躍を入れる」です。

演奏難易度★★★☆☆

AセクションはI7と♭VII7の繰り返しです。コード進行を覚えるのは簡単ですが、1小節ずつ変わる調号(♯や♭)あわせた演奏にするには少し難しい進行です。

しかし、ファンク系でもよくあるコード進行なので、慣れておくことも大事です。

Bセクションも基本的にはII-V進行なので覚えやすいですが、これも調号が複雑です。本当にコード進行は覚えやすいけど、調号に適応させるには難しいという曲です。

さて、今回は8分音符でオクターブ下の跳躍音を入れています。

これは実際には吹かなくてもいい音です。

オクターブ跳躍なんて裏返りやすいし、オクターブキーの動きも難しいし、実際にすごく小さく吹くので、結構イヤな音です。

1音前の高い音が重要で、その音を4分音符で吹いちゃえばいいんです。

では、何故入れるのかというと、それが「スイング感を作る」ということに繋がるからです。

4分音符で「ター・ター・ター・ター」と吹くだけでも上手い人はスイングします。何故かというと「・」の部分に秘密があります。

「ターターターター」じゃないんです。「ター・ター・ター・ター」なんです。その「・」の部分に小さい音でオクターブ下の音を入れてあげるのが今回の目的となります。

何気ない4分音符でもカッコよくする方法の一つです。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

3音・3度音程のスケールとリズムの複合練習

3度音程のパターン練習です。基本的には下がって上がるパターンで、シンプルで定番の形です。その基本形と応用練習。

[A]は3度音程の下降パターン。まずは「3度下がる」を考えなくてもできるようにすることからです。

そこから[A’]。下がって、元の位置に戻る。この3音が今回の基本形です。

さて、[B][C]が応用パターンです。

[B]は8分音符で演奏します。3音パターンなので、表拍と裏拍が入れ替わります。騙されないように、3音グループの最初の音に軽くアクセントを入れると分かりやすくなると思います。

[B’]はそれを裏から始めたものです。裏拍からも入れるようにしておきましょう。

[C]はさらに難しくなります。3連符パターンですが、それが3連符1個分ズレています。ここでは表拍の音を意識できるようにしてみましょう。

[C]なら最後のミと表拍を合わせる、[C’]ならドの音を表拍と合わせるような感じです。

しっかりと拍と運指と音階名を合わせるトレーニング方法です。



PR

Sidewinder的コード進行でのソロ例

「サイドワインダー」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「同じような音使いで1音だけ上昇・下降する」です。

演奏難易度★★★☆☆

難易度はそこまで高くないと思っていますが、速い&パームキーが多いので、表記はちょっと高めにしています。

さて、コードは2拍ずつのコード進行になっていますが、B7やE7は無視です。実質Cの24小節ブルースです。

通常のブルースは12小節なので、倍の長さになったと考えておけばOKです。

C7C7C7C7
F7F7C7C7
G7G7C7C7
このブルース進行で、それぞれ2小節ずつなので24小節ブルースです。

ブルースなので、ブルーノート(キーCなのでミ♭)を使うようにしています。

フレーズは2~4小節目で「シ♭・ラ・シ♭・○」を使うようにしています。○の部分の音を上昇させているようにしました。

2段めの7~9小節目に「○・シ♭・ラ」を使っています。

この曲は16分音符で吹くにはテンポが速いので、上手く8分音符を使わなければいけません。

そこで、このようにメカニカルな事を持ってきてインパクト与えるようなフレーズ作りをしてみます。

連続する音使いでも1音変えるだけ変えると印象がガラッと変わる方法です。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

Aナチュラルマイナー・トライアドのアルペジオパターン

Aナチュラルマイナーのトライアド(3和音)アルペジオパターン練習です。

Amのアルペジオは「ラ・ド・ミ」や「ラ・ミ・ド」がありますが、そこにオクターブまでイメージする事ができるかどうかです。

音階名だけでオクターブのイメージをすることは「オクターブキーの運指の難しさ」、「音の裏返りの難しさ」に深く関係します。

アルペジオのパターンもオクターブをしっかりとイメージできるようにしましょう。

ちなみに、「ドレミで覚えるジャズアドリブの法則」では音階名をわざと記載していますが、これはオクターブのイメージをちゃんと出来ているかどうかも重要な要素です。



PR

Sugar的コード進行でのソロ例

「シュガー」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「♭7th→パッシングトーン→Rootを使う」です。

演奏難易度★★★☆☆

テンポはゆったり目です。

今回は♭7th→パッシングトーン→Rootを使うようにしています。分かりやすく言えば♭7thから3音の半音階を使うことです。

Am7ならソ・ソ#・ラ、E7ならレ・レ#・ミといった感じです。

3音なので、3連符を使うことになりますが、8小節目のように8分音符と組み合わせるのも使い方の一つです。

「♭7th→パッシングトーン→Root」はビバップスケールとも言われる音使いの一つで、フレーズでコードトーンを出す場合によく使われます。

3連符ではブルージーな雰囲気、8分音符ではビバップ的なジャズのフレーズ作りになりやすい音の使い方です。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

ミ○シの運指練習

サックスのフレーズでは頻繁に「ミ・ソ・シ」など、ミとシに挟まれるような音使いがあります。

その中でも2音目が左手の場合の運指練習です。

ミ○シとなる下記の音使いの練習です。

  • ミ・ソ・シ
  • ミ・ソ#(ラ♭)・シ
  • ミ・ラ・シ
  • ミラ#(シ♭)・シ

[A]はそれらを1つずつ繰り返し行うものです。楽譜では1小節(4回)のみにしていますが、苦手な場合はリピートして何回も叩き込むほうがいいでしょう。

[A’]は1回ずつ上昇・下降するようにしています。

[B]と[B’]はそれらの下降タイプです。

[C]は[A]と[B]の複合です。

個人的には「ミ・ラ#・シ」のタイプが嫌いです。ラ#は右手のサイドキー(taキー)を使うようにしていますが、サックスの弱点運指の一つです。



PR

Recorda Me的コード進行でのソロ例

「リコーダ・ミー」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「臨時記号の理由を知る」です。

演奏難易度★★★☆☆

この曲のアドリブの楽譜は異常に臨時記号が多い曲です。その理由が曲中での転調が多いからです。

16小節の曲ですが、F#マイナー→Aマイナー→Gメジャー→Fメジャー→E♭メジャー→Dメジャー→F#マイナーと転調しています。

曲自体はF#マイナーなので調号は#3個で記譜しますが、転調に対応するために臨時記号が楽譜に多くなります。

この曲では6種類のキーが存在する難しい曲なので、それぞれの調号をしっかりと把握しておくことが重要です。

キー調号
F#マイナーファ#、ド#、ソ#
Aマイナー調号なし(全てナチュラル)
Gメジャーファ#(ド、ソがナチュラル)
Fメジャーシ♭(ファ、ド、ソがナチュラル)
E♭メジャーシ♭、ミ♭、ラ♭(ファ、ド、ソがナチュラル)
Dメジャーファ#、ド#(ソがナチュラル)

調号さえ分かれば後はそれに対応するだけ!!ってそれが難しいですが…。

スケール練習も指体操ではなく、調号を把握するような練習が必要不可欠な曲です。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

7-1始まりのアルペジオ

アルペジオ練習ではどうしても「1から順番に」ってやってしまうと7は後回しになってしまいがち。

もちろん7thの音から始める練習も必要です。ということで、7th-Rootから始まるアルペジオ練習です。

Key=Cのダイアトニックコードで、[A]は7-1-3-5、[B]は7-1-5-3というパターンです。

これを音符が書いていない[C]を見ながら行うのが効果的です。もちろんコードトーンがすぐに分かる必要があるのでそれは難しいですが。

[D]は半音ずつ上昇する7-1-3-5のパターンです。これも楽譜を見ずに行うことが望ましいですが、それは難しいので徐々にですね。

「7-1」のパターンはクラシックに慣れている人にとってはあまり無いパターンです。例えば「C」と言われると「ドミソ」もしくは「ドミソド」と出てくるけど、「ドミソシ」は出てこないんですよね。「シドミソ」なんて特に。

ということで、慣れです。

このようなパターン練習を行って徐々に7thの音が早く出てくるようにしましょう。



PR

Polka Dots And Moonbeams的コード進行でのソロ例

「ポルカ・ドッツ・アンド・ムーンビームス」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは8分音符を使わないようにする」です。

演奏難易度★★☆☆☆

テンポは遅めで演奏されることが多い曲です。となると、音を敷き詰めたくもなるのですが、今回はフレーズのリズムの緩急で対応するようにしてみます。

ビバップなど、速めのテンポでは8分音符が中心になりますが、今回は8分音符を使わないようにしています。使っても1拍以内です。

テンポが遅めだと8分音符が連続するとダラダラしちゃいます。そこで16分音符や3連符などを駆使してリズムに変化を与えるようにします。

重要なのは「音のリズムの変化」であって、「音の数」ではありません。

8分音符だと2拍で音数は4音です。この4音でリズムを変化させるようにするという意味です。

今回も8分音符は使わないようにしていますが、2拍で音数4音は当たり前のようにつかっています。

フレーズのリズムの緩急も考えるようにしてみましょう。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

What Is This Thing Called Love?的コード進行でのソロ例

「What Is Thins Thing Called Love / 恋とは何でしょう」的コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「ハーモニックマイナーとメロディックマイナーを使い分ける」です。

演奏難易度★★☆☆☆

この曲はマイナーII-Vが多用される曲です。

そのマイナーII-Vは2種類あり、Em7(♭5)-A7-Dmと、Bm7(♭5)-E7-A△7があります。通常マイナーII-Vはマイナーコードに解決するので、Bm7(♭5)-E7-A△7のメジャーセブンに解決するのはかなり珍しいタイプになります。

さて、今回のポイントがV7のA7とE7です。

マイナーII-VのV7の場合は完全5度下のハーモニックマイナーを演奏します。A7ならDのハーモニックマイナーです。

それに対し、E7の方はメジャーコードに解決するので、ハーモニックマイナーよりも完全5度下のメロディックマイナーで演奏する方がスムーズな流れを作ることが出来ます。

  • A7→Dハーモニックマイナー(レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ♭・ド#)
  • E7→Aメロディックマイナー(ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ#・ソ#)

もちろんA7でDメロディックマイナーを使っても大丈夫ですし、E7でハーモニックマイナーを使っても問題ありませんが、このスケールを使うとテンションもしっかりとハマりつつ、前後のコードのハーモニーに合わせやすくなります。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

ダブル・クロマチック・アプローチを使ったスケール練習

アプローチノートはジャズのアドリブで重要な音使いです。そのアプローチノートでも、さらにもう1音半音を足したのが「ダブル・クロマチック・アプローチ」です。

分かりやすく言うと1拍分の半音階です。

ここでは1拍目と3拍目をターゲットノートにして、2拍目と4拍目でダブル・クロマチック・アプローチを使っています。

しかし、いつでも使えるわけではありません。

1小節目の4拍目などがそうですが、ターゲットノートがファの場合、ダブル・クロマチック・アプローチを使うと表拍がミ♭から始めなければいけません。しかし、ミ♭はスケールの音ではないので、できる限り表拍から避けたいので、ここでは通常のアプローチノートにしています。

他にもダブル・クロマチック・アプローチが使えない場合は通常のアプローチノートにしています。

[A]はCメジャースケール、[B][C]はドミ・レファ〜と3度音程スケール練習のバージョンで作っています。

これはできれば[D]を見ながら(B,Cを見ないで)やってみると瞬発力を養う練習にもなります。



PR

Shiny Stockings的コード進行でのソロ例

「シャイニー・ストッキングス」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「アドリブに装飾音符を入れる」です。

演奏難易度★★★☆☆

スムーズジャズでは当たり前のように使われる装飾音符で、かっこよくメロディーを聞かせる技術です。

その装飾音符ですが、4ビート系では使われることは少ないです。特にアドリブは。

しかし、メロディーをかっこよく聞かせる方法なので、今回はアドリブでもガンガン取り入れて作っています。

装飾音符は運指的な問題で偶然入ってしまうこともありますが、もちろん意図的に使いたい技術です。

装飾音符はほとんどが半音下の音を足すというように考えていますが、特に重要なのが「シ♭→シ」。シ♭は両手とも人差し指を使う運指でやっており、装飾音符の定番中の定番なので、是非マスターしておきたい運指です。

装飾音符だと比較的簡単に作っていますが、装飾音符を入れると難易度が上がります。まずは装飾音符無しをマスターし、どのように指の動きを足すの考えるとわかりやすくなっています。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

Cheese Cakeコード進行でのソロ例

「チーズケーキ」進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「2種類のメロディックマイナーを使う」です。

演奏難易度★★★★☆

AセクションはAマイナーとDマイナーの2つのマイナーキーが存在しています。

そこでAマイナーではAメロディックマイナー、DマイナーではDメロディックマイナーの2種類のメロディックマイナーを使っています。

スタンダードでマイナーコードの場合、3和音か4和音は結構重要ポイントで、3和音の場合はナチュラルマイナー、ハーモニックマイナー、メロディックマイナーの3種類から選ぶことが出来ます。

この曲は「Am」でも「Am6」として演奏されることが多いので、ここではメロディックマイナーを選択しています。

マイナーコードで長7度の音(いわゆるマイナー・メジャー7)を使う事に慣れてみましょう。

楽譜・音源のダウンロードはこちら



PR

3連符とタンギング強化のスケール練習

同じ音が連続する場合は基本的にタンギングを使って音を切りますが、それを3連符に入れたものです。

[A]はCメジャースケールで、2回同じ音+1音上昇/下降するパターンです。

同じ音が2回連続する時、ここでは3連符の2個目の音でタンギングするようにします。

大事なのは、それ以外にタンギングをなるべくやらないこと。

タンギングが遅くなる原因の1つに「タンギング多すぎ」というものがあります。必要最小限のタンギングにしておくことが大事です。

その2番目の音にアクセントを持ってくると分かりやすいと思います。



PR

Fly Me To The Moon (3/4拍子)的コード進行でのソロ例

「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」の3拍子バージョンでのソロ例です。
今回のコンセプトは「3拍子でアプローチノートを使う」です。

演奏難易度★☆☆☆☆

Fly Me To The Moonは「In Other Words」というタイトルで、もともとは3/4拍子の曲だったようです。

今回はその3拍子で作ってあります。

3/4拍子でももちろん小節の変わり目などで、アプローチノートは使います。ターゲットノートの半音下を裏拍で入れることには変わりありません。今回はその3拍目でアプローチノートを多用しています。

4拍子と入る場所は異なりますが、3拍子でも使えるようにします。フレーズは難しくないので、シンプルな中に半音を入れ半音を使えるようにします。

アプローチノートは裏拍で入れるので、4/4拍子でも3拍目の裏でもよく使います。3拍の感覚に慣れるようにしてみましょう。

楽譜・音源はこちら



PR

Smile的コード進行でのソロ例

「スマイル」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「5連符を使う」です。

演奏難易度★★☆☆☆

バラードで演奏されることの多い曲ですが、ミディアム・スローくらいで作っています。

今回は5連符をたくさん使うようにしています。

1拍に5つの音を入れる時、ジャズの場合は「3連符+16分音符2つ」、もしくはその逆で「16分音符2つ+3連符」で演奏することが多いです。

実際、この譜面もそのリズムで演奏してもいいと思います。

しかし、ここは敢えて5つの音を均等にという5連符にしています。テンポが速いと「5つの音を入れる!」と思えば5連符になるのですが、テンポゆったりだと均等というのも考える必要があります。

大事なのは、5連符の後の表拍。ここがピッタリ合うようにすればリズムも合わせやすくなると思います。

楽譜、音源のダウンロードはこちら



PR

3度音程+オクターブ跳躍の練習

3度音程の練習にオクターブの運指も混ぜた練習です。

基本的には3度インターバル→オクターブ跳躍→3度インターバル→7度インターバルの繰り返しです。

3度音程を音階名だけでなく、混乱しやすいオクターブキーの動きも含めてしっかり叩き込むためのスケール練習です。

Aを基本形にして、Bは3連符で3度インターバルをスケール的に分解しています。跳躍がないですが、その分、速くしています。

AよりもBの方が基本的なので、こちらの方を先に練習するほうがいいかもしれません。

CはAを半拍遅れにしたものです。裏拍始まりにしただけで超絶難しくなります。しっかりと表拍の音を感じながら演奏する必要があります。

どれも速くすると急激にできなくなる「テンポの境目」があります。これを少しづつ速くしていけるようにしてみます。



PR

Doxy的コード進行でのソロ例

「ドキシー」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「ダブル・クロマチック・アプローチを使う」です。

演奏難易度★★☆☆☆

「アプローチ・ノート」は目的の音に向かって使う導音です。ジャズでは半音下の音をよく使い、「クロマチック・アプローチ」となります。

その「クロマチック・アプローチ」が2音、半音階で進む場合を「ダブル・クロマチック・アプローチ」と言います。

わかりやすく言うと「1拍以上の半音階」です。

半音階も上昇型だけではありません。下降型もあります。通常のクロマチック・アプローチでは上からの半音階はあまり使われないので、ダブル・クロマチック・アプローチになる場合が多いです。

今回は4拍目にダブル・クロマチック・アプローチを多用しています。

それにしてもこの「Doxy」という曲はドミナントセブンばかりのコードで、本当にコードトーンの通りに演奏するととんでもなく難しい曲です。

しかし、いろいろなプレイヤーの演奏を聞くと分かりますが、ドミナントをマイナーセブンとして演奏しているフレーズがたくさんあります。

ドミナントセブンも#9thというテンションを使うと考えれば、通常の3rdの音じゃなく、マイナースケールでもいけるということです。

つまり、ダイアトニックコードになるので、アドリブしやすくなります。今回も色々なところでマイナーに変えてみたり、ブルーススケールにしてみたりしています。

楽譜、音源のダウンロードはこちら



PR

アプローチノートを含んだアルペジオ練習(Cmajor & Gmajor)

ジャズでよく使われるアプローチノートとアルペジオを混ぜたスケール練習です。

[A]はCメジャー、[B]はGメジャーになっています。

2拍ごとのグループになっており、それぞれ最初の音がド、レ、ミ、ファと順に上昇/下降するようになっています。

ここでポイントが2拍目の裏と4拍目の裏の音。これが次の音(ターゲットノート)の半音下になっています。

半音下のアプローチノートの場合はさらにその1つ前の音(ここでは2拍目と4拍目の表拍)はターゲットノートよりも高い音になることが重要です。

アルペジオ+アプローチノートはその形を作りやすく、アドリブフレーズでも多用される音の並び方です。

1.5拍でアルペジオ、残りの0.5拍でアプローチノートを使えるための実践的なスケール練習です。



PR