The Chicken的コード進行でのソロ例


「チキン」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「コードを分割する」です。

チキンは16小節ブルースと言われるもので、コードもブルースとよく似ています。ということで、同じコード(ドミナントセブン)が続きます。

この場合、コードトーンを中心にアドリブする場合だと、どうしても同じようなことばかりやってしまう問題が出てきます。

例えば最初のG7ではコードトーンはソシレファです。その音だけで4小節アドリブを演奏するには無理があります。

そこで、「コードを分割する方法」を使います。
その代表的なものがIIm7-V7化することです。

G7→V7で考えると、IIm7→Dm7になります。
「Dm7-G7」、よく見るII-Vですね。

つまり、「G7」となっているところではDm7を足して、|Dm7 G7 |と2拍ずつコードを分割しています。

もちろん他のコードでも使えます。C7ならGm7を足して、|Gm7 C7 |、B7は|F#m7 B7 |とコードを分割することも可能です。

となるとオリジナルが下記のコード進行ですが、、

|G7 |G7 |G7 |G7 |
|C7 |C7 |B7 |E7 |
|A7 |A7 |A7 |A7 |
|G7 |G7 |G7 |G7 |

下記のようにII-Vに分割しています。

|Dm7 G7 |Dm7 G7 |Dm7 G7 |Dm7 G7 |
|Gm7 C7 |Gm7 C7 |F#m7 B7 |Bm7 E7 |
|Em7 A7 |Em7 A7 |Em7 A7 |Em7 A7 |
|Dm7 G7 |Dm7 G7 |Dm7 G7 |Dm7 G7 |

IIm7はマイナーペンタトニックや半音階も足していますが、基本的にはコードトーン中心に考えています。

するとG7では「アボイドノートがドだからそれを避けて〜」みたいなことからも抜け出してフレーズを作りやすくなります。

ファンクでもII-Vといったジャズフレーズを応用した作り方の例です。

16分音符中心でつくったので、ここでは2拍ずつのコードチェンジにしましたが、1小節づつのコード分割でもいいと思います。

アドリブ時にコードに縛られてしまうのであれば、コードを分割することも感がてみましょう。




PR