Spainコード進行でのソロ例【ソプラノサックス編】


「スペイン」コード進行でのソロ例・ソプラノ編です。
こちらもアルト編同様、コンセプトは「難しいキーで頑張る」ですかね…。

演奏難易度★★★★★

アルト編と同様に、リズムの書き方としては8分音符での記載が正しい書き方ですが、ここでは敢えて4/4拍子で16分音符の書き方にしています。

E♭管のG#マイナー(Bメジャー)とB♭管のC#マイナー(Eメジャー)ではラ#の有無により、難易度が激変しますが、それでも#4つのキーは難しいですね。

さて、こちらはA△7、F#m7、C#m7、E△7がダイアトニックコードです。これらのコードはC#マイナースケールで演奏します。

G#7(A♭7)はC#マイナーのダイアトニックコードでもハーモニックマイナーのダイアトニックコードになります。

「D#7(E♭7)」と「C#7(D♭7)」がノン・ダイアトニックコードなので、その2つのコードだけ要注意です。コードトーン+C#マイナースケールと考えると分かりやすくなります。

また、アルト編と同様に、「-(横棒)では半音階」と考えています。1音ずつすべて考えるのではなく、半音階として一纏めにして考えています。

楽譜、音源はこちら




PR