On The Sunny Side Of The Street的コード進行でスケール練習(H-Wディミニッシュ)


「オン・ザ・サニー・サイド・オブ・ザ・ストリート/明るい表通りで」コード進行でスケール練習です。

今回のコンセプトは「セカンダリードミナントでハーフ・ホールディミニッシュ(コンディミ)を使う」です。

キーはAメジャーです。となると通常のV7はE7。

この曲にはそのE7以外にもC#7、B7というドミナントセブンが入っています。II7とIII7ですね。

II7(B7)はミクソリディアン、III7(C#7)はミクソリディアン♭9♭13が定番スケールです。

しかし、ここではハーフ・ホール・ディミニッシュ(コンビネーション・オブ・ディミニッシュ)を使ってみました。

H-Wディミニッシュスケールの覚え方は「コードトーン+ルートの半音上+3rd、5th、7thの半音下」が簡単です。

♭13thとか、テンション名ではなかなか覚えれません。「コードトーンの半音下!」くらいな感覚の方がスムーズに入ってきます。

ということで、ディミニッシュスケール使えるようになってみましょう。

楽譜・音源のダウンロードはこちら




PR