「花束のかわりにメロディーを/清水翔太」でロングトーン練習


アルトサックスでロングトーンをやるなら曲でやろう。

ただ音を伸ばすだけじゃ使える音にはなりません。テンポを落とし、曲をゆったりと、「いい音を出す」という意識を持って吹くと曲で使えるロングトーンの練習になります。

原曲と同じキーで、サックスでKey:Fです。

全体的に音域が高くなり、高音域でのタンギングなどが難しくなります。またバテやすくなりますが、1コーラスが短いのでそこは気合でカバーです。

リズムが16分音符で軽くハネているのも難しいポイントです。




PR