Eマイナー/Gメジャー ペンタトニック+裏拍パッシングトーン


「ペンタトニックでソロ!」の幅を広げる方法です。

ペンタトニック・スケールをベースに、裏拍でスケールの間の音を入れる練習です。

Eマイナーペンタトニックは「ミ・ソ・ラ・シ・レ」の音です。各小節で、それらの音から始めるようにしています。

パッシングトーンとは経過音のことです。

今回は「ペンタトニックだけ」から、このスケールの経過音、いわゆるスケール外の音を入れています。

スケール外の音になるので、これらは裏拍に入れることを条件にします。

Aは1拍目の裏、Bは2拍目の裏、Cは3拍目の裏、Dは4拍目の裏にそのパッシングトーンを入れています。

表拍パッシングトーン(裏拍)表拍
ファ#
ソ#
ラ#
レ#

ペンタトニックは元々半音の無いスケールです。このように間の音を入れてあげることで、雰囲気も一気に変わってきます。




PR