Confirmation的コード進行でのソロ例


「コンファメーション」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「コードトーン+♭9thのテンションを使う」です。

演奏難易度★★★☆☆

テンポ速めにしていますが、テンポを落とすとそこまで難しくありません。ということで、演奏難易度は★★★☆☆です。速ければ当然のように難しいですが…。

さて、今回のコンセプトはコートトーンと♭9thの音を使うことです。アプローチノートや半音階も使っていません。

コンファメーションは転調も多い曲で、難易度も高い曲です。

コード進行の多くはII-Vで構成されており、ドミナントセブンも多く使われています。

♭9thはそのドミナントセブンのみで使うことの出来るテンションです。メジャーセブンやマイナーセブンでは使うことは出来ません。

「♭9thの使えるドミナントセブン」というのは本当はもっと理論的に解釈していきますが、今回はちょっと難しい理論は無視です。ドミナントセブンが出てきたらコードトーン+♭9thということにしています。

やはりルートの半音上の音であること、クラシックのハーモニーにはほとんど出てこない音なので、この音を使えるようにするには慣れが必要です。

跳躍音程を使って♭9thに行く音はビバップ以降のジャズでは定番とも言えるフレーズのです。

♭9thのテンションも使えるようにしてみましょう。

楽譜・音源のダウンロードはこちら




PR