3連符とタンギング強化のスケール練習


同じ音が連続する場合は基本的にタンギングを使って音を切りますが、それを3連符に入れたものです。

[A]はCメジャースケールで、2回同じ音+1音上昇/下降するパターンです。

同じ音が2回連続する時、ここでは3連符の2個目の音でタンギングするようにします。

大事なのは、それ以外にタンギングをなるべくやらないこと。

タンギングが遅くなる原因の1つに「タンギング多すぎ」というものがあります。必要最小限のタンギングにしておくことが大事です。

その2番目の音にアクセントを持ってくると分かりやすいと思います。




PR