3度音程 + 4度音程 強化練習


3度音程も4度音程も曲のフレーズとしてよく使われる音程です。

その為、スケール練習の定番とも言えます。しかし、それは3度音程・4度音程のそれぞれを行うものが普通ですが、今回は3度音程と4度音程を交互に演奏するタイプのスケール練習です。

Aは3度音程+4度音程で上昇/下降、Bは4度音程+3度音程で上昇/下降となっています。

3度音程と4度音程が瞬時に判断できるようにすることが目的です。

また、音域も広く、低音はLow B、高音はHigh F#までほぼサックスの全音域を使っているので、運指の練習にもなります。

テーブルキーやパームキーの運指練習としても最適です。




PR