ダブル・クロマチック・アプローチを使ったスケール練習


アプローチノートはジャズのアドリブで重要な音使いです。そのアプローチノートでも、さらにもう1音半音を足したのが「ダブル・クロマチック・アプローチ」です。

分かりやすく言うと1拍分の半音階です。

ここでは1拍目と3拍目をターゲットノートにして、2拍目と4拍目でダブル・クロマチック・アプローチを使っています。

しかし、いつでも使えるわけではありません。

1小節目の4拍目などがそうですが、ターゲットノートがファの場合、ダブル・クロマチック・アプローチを使うと表拍がミ♭から始めなければいけません。しかし、ミ♭はスケールの音ではないので、できる限り表拍から避けたいので、ここでは通常のアプローチノートにしています。

他にもダブル・クロマチック・アプローチが使えない場合は通常のアプローチノートにしています。

[A]はCメジャースケール、[B][C]はドミ・レファ〜と3度音程スケール練習のバージョンで作っています。

これはできれば[D]を見ながら(B,Cを見ないで)やってみると瞬発力を養う練習にもなります。




PR