「Satin Doll」でのソロ例


「サテン・ドール」でのソロ例です。
今回のコンセプトは「1拍16分音符のアルペジオを使う」です。

サテンドールのコード進行はたくさんのキーでのII-Vが登場する曲です。テーマ部分は2拍ずつのII-Vになっていますが、ソロでは1小節単位に変わる事が多いです。

さて、今回は16分音符のアルペジオを使ってみましょう。

テンポは遅めのスイングを想定しています。テンポが遅いので速いリズムのフレーズを入れたくなります。まずは16分音符の速さにしっかり慣れるところから始めましょう。

今回はその16分音符のアルペジオをですが、オクターブキーも重要ポイントです。

アルペジオを使うので、オクターブの切り替えが入るフレーズが多くなります。力が入りすぎると親指も痛くなるだけでなく、遅くなってしまいます。オクターブキーを押さえるのが遅れることなく、正確な速さで出来るようにしましょう。




PR