「All The Things You Are」でのソロ例


「All The Things You Are」でのソロ例です。
今回のコンセプトは「臨時記号の多さに負けない」です。

演奏難易度★★★☆☆

今回もストリングスアレンジになっており、テンポも遅めにしています。

さて、この曲は曲の中で転調がかなり多くなっています。転調が多いということは臨時記号が多いということ。シャープ、フラットともに臨時記号がとても多く出てきます。

全体のキーはFで調号はフラット1つだけで簡単そうですが、この曲の中で行われる転調に対応できるかどうかがこの曲のポイントです。

転調の見極めのコツはII-Vを見つける事です。各キーのII-Vのフレーズ練習などを行っておくことが攻略ポイントです。

楽譜・音源のダウンロードはこちら




PR