自分に合うサックスのリード選びを考える

サックスのリードの選択について考えてみます。

リードの考え方について

まずは基本的な自分のリードの考え方です。

自分の場合は少数派な考え方だと思いますが、1枚のリードをローテーションもせず、長く使っています。
もちろん本番と練習用というように分けてもいません。常に同じです。

理由は基本的な考え方は失敗しないリード選びを考えているからです。
つまり、「すごくいい音を求める」のではなく、リードミスや音の裏返りなどのリードが原因によるストレスが無い「安定した音」を優先しています。

その交換時期が大体1枚が1〜2ヶ月くらい。そのくらい使うと、リードミスが増え始めたり、音が異常に明るくなってきたなと感じるので、限界かなと思って変えます。

もちろんヘタってます。音のハリも無くなっています。
しかし、固定して使うと、そのリードの普段の状態が分かるので、吹き方を自分で調整しています。
普段は音が裏返らないのに、みんなと合わせたり、本番時に急に裏返ったり、息が詰まったような感覚があるのは自分のせい。音に異変があっても、その原因が自分にあると分かるだけで、息の使い方をコントロールすれば元に戻るからです。
演奏中に「冷静になれ」と言い聞かせる事も出来るメリットを優先しています。

リードの選定について

さて、リードの選定についてですが、まずは一箱の中から数枚取り出して試してみます。
リードは「平均的に」という考え方を持たなければいけません。自然の産物なので、リードの個体差、いわゆる1枚1枚の硬や音質のバラつきが大きいからです。
つまり、硬さや音色、吹奏感については1枚を吹いて判断することは出来ません。同じ箱の中からでも何枚も試し、何枚中何枚良いのかという、母数(要は失敗経験)を増やさないと本当の硬さなどは分かりません。1枚試しただけで「吹きやすいからこれが良い/悪い!」というのは単なる運でしかありません。

最低、1箱(10枚)くらい試し、その中から何枚くらい気持ちよく吹けるかを考えてみましょう。ただ、リードも最近は高騰してきているので、何枚も何箱も一気に買えとは言えません(買ったほうがいいですが)。特に学生の吹奏楽部員には。そこで、自分の考え方をちょっとまとめておくと、、、

リードの箱選び

  • 「1箱10枚全て使える」→残念ながらありません。
  • 「1箱の中から5枚以上使える!」→大きい音、小さい音など音量を変えてもう一度チェックし、本当に5枚使えるのか見直す。
  • 「それでも1箱の中から3枚以上使える!」→まだ継続して使い、様子見。
  • 「1箱の中から1~2枚しか気持ちいいのがない…。」→硬さが合ってないから変える。(例:3→2 1/2など)
  • 「使えるリードは多いけど、息が詰まるタイプのリードが多い」→柔らかいので、硬さを少し上げることも考える。(例:2→2 1/2など)
  • 「息が抜け、スースーした音しか出ないものが多い」→硬いので、柔らかくすることを考える。(例:3→2 1/2など)
  • 「硬さは好きだけど、ヘタるのが早い」→リードのブランドを変える。(例 ダダリオ系→バンドレン系)
  • 「ヘタるのが早いけど、音は好き」→まだ継続して使い、様子見。
  • 「音をダークな音色にしたい」→リードの個体差の場合が多いですが、ハート部分(リードの中央)が厚いものを選ぶ(例:JAVA→青箱)
  • 「音を明るくしたい」リードの個体差の場合が多いですが、ハート部分(リードの中央)が薄いものを選ぶ(例:青箱→JAVA)

 
もちろんリードとマウスピース、リガチャーとの相性もあり、一概にこれが全てとは言えないですが、このように考えて、次のリード購入時に決めるようにしています。

リードのメーカー

Share Button

PR