Eマイナースケール(Gメジャースケール)で3連符で3度音程を使用する練習です。

3度3連符練習
ダウンロード(PDF)

1番の3度音程×3音での練習はアルペジオ練習として定番中の定番とも言える練習です。まずはこの1番をメトロノームを利用して確実にできるようにします。

その後に2番です。この練習も3度音程のスケール練習として定番です。しかし、リズムは通常は8分音符で演奏するので、応用練習です。3連符にするとスラーの切れる場所がずれていく、いわゆるポリリズムになるので8分音符に比べて難易度が一気にあがります。

そして最後に3番の複合です。前半の2拍が3音、後半の2拍が2音で作られています。
1番は定番練習、2番は応用練習の複合スケールです。「普通」から「応用」へ変化する対応力を身につけるリズムとスケールの複合練習になります。

「普通」は聴く方にも安心感を与えることが出来ますが、それだけでは面白さに欠けるというデメリットもあります。そこで、しっかりとした別の法則を混ぜることで変化=面白さを与える方法です。

Share Button