アルペジオとオクターブの切り替え(キーC:下降)


アルペジオとオクターブの切り替え(キーC:上昇)という上昇型を書いたので、下降型も。

ジャズ的に演奏する場合は跳躍したところでアクセント、基礎練習的に行う場合はタンギングの位置を1拍目と3拍目に持ってくるようにします。




PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です