Feel Like Makin’ Love的コード進行でのソロ例

Feel Like Makin’ Love進行を基のアドリブ例(E♭用)です。

この手のスムーズジャズやファンク系のテンポでの演奏というのは「16分音符だと速すぎて出来ない、けど8分音符だともっさりし過ぎてしまう」というソロになってしまいます。
こういう場合はリズムに変化をつけてみます。

譜例の上のような8分音符を連続して吹くのではなく、下段のように16分音符のシンコペーションに変化させてみるわけです。
change

音数や使う音は同じでも聞こえる印象がガラッと変わります。
他にも3連符などを効果的に使えばよりかっこよく演奏できるようになります。

とはいえ、16分音符も入れたいので、そこは技術練習をしっかりとやっておく必要もあります。

あとは、装飾音符の例もいれてあります。
定番の音使いなので、これも入れれるようになってくるとソロの雰囲気も変わりますね。

Feel-Like-Makin-Love-1
Feel-Like-Makin-Love-2

ダンロードはこちら(PDF)
※17小節目にミスが有りました。付点4分音符の音は「A」の音です。

Share Button