練習時に欠かさず行なっているスケール練習

自分の練習時に欠かさず行なっているサックススケール練習です。
10年以上前から行なっている練習で、メトロノームを使ってなるべく正確にやるようにしています。

内容は2小節ごとのメジャースケールですが、それを半音ずつ上げていきます。一番重要なポイントは演奏を止めないこと。もちろん息継ぎでは仕方のないことですが、各段ごとに止めるのはダメです。連続して出来るようにすることが目的です。

運指に関しては高音域はフロントFキーを利用するようにしており、スムーズなフィンガリングを行うようにします。
フラジオのGまで行くようにし、ここでもフィンガリングはもちろん、ちゃんと音が出るか確認するようにします。

ここでは8分音符の記載ですが、実際にはテンポ120以上で16分音符で、楽譜を見ずに考えながらやっています。

難易度の高いスケール練習だと思うので、長期的に考えて取り組むべき練習方法です。

daily-scale-exercise-1

daily-scale-exercise-2 daily-scale-exercise-3

daily-scale-exercise-4

 

PDFのダウンロードはこちらから daily scale exercise

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です