3度音程と4度音程の組み合わせ

3度音程と4度音程の組み合わせのスケール練習です。

[A]はキーがCで、[B]はキーがGになっています。

それぞれ前半が3度-4度-3度の組み合わせで、後半が4度-3度-4度の組み合わせになっています。その組み合わせでスケールを上昇/下降しています。

3度音程や4度音程だけだと惰性で進んでしまいますが、組み合わせることでしっかり音符を考えるようになります。

3度音程と4度音程を身につけるための練習方法です。



PR

2拍ずつ[スケール – アルペジオ – スケール – アルペジオ]

2拍ずつ[スケール – アルペジオ – スケール – アルペジオ]と組み合わせたスケール練習です。

キーはCメジャー/Aマイナーで、スケールの上昇・アルペジオの下降・アルペジオの下降・スケールの上昇を2拍ずつ行い、それが徐々に下降していくようなスケール練習になっています。

速く正確にできるようにしましょう。

アルペジオの下降音が瞬時に考えることが出来るようにする目的です。スケールの上昇と組み合わせでもアルペジオの下降の音を間違えないようにしましょう。

また、アルペジオが2回連続になるので、そこで音が裏返らないようにすることも技術的に気をつけるようにしましょう。



PR

スケール(1-2-3-4)+アルペジオ(5-1-7-5)

スケール2拍とアルペジオ2拍の組み合わせです。

2拍スケールを上がり、2拍アルペジオになっています。ただしアルペジオでも5th、Root、7th、5thの順番になるようになっています。

それが[A]はCメジャースケール内で、[B]は半音ずつの上昇になっています。

[A]はスケール内の音程感覚を身につけるための練習、Bは半音ずつ上昇するのでキーと調号の練習になります。

もちろん速く演奏出来ることが望ましいですが、まずは正確に間違えずに演奏できるようにしてみましょう。



PR

3度音程強化メニュー(アルペジオとの組み合わせ)

3度音程の強化メニューです。

2拍アルペジオ(上昇/下降)と3度音程の組み合わせで1小節ごとに[A]は上昇、[B]は下降するようになっています。
音域も広くしてあるので、運指練習や3度音程を染み込ませるための練習方法です。

キーはCメジャーのみですが、他のキーでやることも素性します。



PR

フラジオ運指練習

フラジオの運指練習です。

フラジオは特殊な運指で行う、高音域の事ですが、もちろん一筋縄ではいきません。最初は絶対に出ません。もちろんフラジオを自在にコントロールするためには音の練習を行う必要があるのですが、それだけでは曲で使えません。

まず大事なのは運指です。曲に合わせて運指ができていないとフラジオは出ないですから。

フラジオは正直、運指は何でもいいんですが、これは超上級者向けのお話。(本当に上級者はどんな運指でもフラジオをコントロールします)

まずは「フラジオを出す」のを目的にするのではなく、「フラジオの運指を正確にする」こともしっかりやっておきましょう。

運指が出来ていればフラジオが出る可能性はあります。しかし、運指ができていなかったらフラジオが出る可能性すら無いので。

ゆっくり運指を考えるのではなく、瞬時にフラジオ運指が出来ることも重要です。

つまり、音が出なくてもいいので、ちゃんとテンポに合わせて指が動くようにしてみてください。

上記の運指以外にもたくさんありますが、フレーズの前後関係などお好みで。自分はほぼすべてをこの運指でやっています。

フラジオ運指表については「サクブラ」に記事として書いたのでそちらに掲載しています。



PR

レ○○の運指練習

前回は「ソ○○の運指練習」をやりましたが、今回は「レ○○の運指練習」です。

レの後に2音付け足し、「レ+1・2、レ+2・1」といったように順番を入れ替えています。

ソの時はキーを変えていましたが、レは3オクターブ分あるので、オクターブを変えてやってみましょう。

Aはオクターブキーの動き、Bはパームキーの運指、Cは跳躍音程で音が裏返らないようにするという、それぞれ別の難しさがあります。

ちなみ、一番難しいのはAです。Aの全6小節の中、後半の2小節はオクターブキー+右手運指です。この運指はテンポが速ければ本当に出来なくなる、右利きにとってはかなり辛い運指になります。

ゆっくりと確実に出来るようになったら速くし、6小節がミスなく出来るようにしてみましょう。



PR

ソ○○の運指練習

ソ+2音の運指練習です。

ソを演奏した後に、2音演奏しますが、「ソ+1・2、ソ+2・1」といったように順番を入れ替えています。

その付け足した2音が徐々に上昇していくような形になっています。

[A]はCメジャースケール、[B]はGメジャースケール(ファ#)、[C]はDメジャースケール(ファ#・ド#)になっています。

前半部分がクロスフィンガリング(指を交差させる動き)、後半部分がオクターブキーの動きといったように、前半と後半で運指の難しさの質も異なってきます。

さらに音域も広くなるので、音が裏返らないように丁寧に演奏することも大事です。

ここではC、G、Dのキーでしか書いていませんが、他のキーでやってみてもいいと思います。

出来る限り速く出来るようになってみましょう。



PR

メロディックマイナーの3度インターバル強化練習

メロディックマイナーの3度上昇と3度下降の複合インターバルの練習です。

2拍で1グループになっており、2拍ごとに1音ずつ上昇下降しています。その中に3度インターバルの上昇と下降を詰め込んでいます。

メロディックマイナーのスケール音で3度インターバルを集中的に鍛えるための練習方法です。

動画ではCメロディックマイナーとGメロディックマイナーのみですが、楽譜は全キーで掲載しています。

出来る限り速く、正確に出来るようにしてみましょう。



PR

ジャズメロディックマイナーのアルペジオ&スケール組み合わせ

メロディックマイナースケール(旋律的短音階)の各音から3度上昇のアルペジオを行い、3拍目から下降するスケール練習です。

通常、メロディックマイナーは下降の場合はナチュラルマイナーとなりますが、ジャズメロディックマイナーは上昇も下降も同じ構成音です。

そのメロディックマイナーを使用したスケール練習です。

メロディックマイナーは半音下のオルタードスケールとしても使えます。

CメロディックマイナーはBオルタードスケールなので、B7で使用することが出来ます。特にマイナーII-VのときのB7で使うのは効果的な使い方です。
他にも「ロクリアン#2」や「リディアン♭7」など、スタートの音が違えば名前が違うというスケールです。

最初の音を変えて行うとこのように「使えるスケール」になっていきます。

同じ音ばかりからスタートしていくとそれは指体操になってしまい、使えるスケールになりません。
また、「BオルタードはCメロデイックマイナー」とばかり考えていてはコードトーンも使うことが出来ません。

スケールの始まりの音を変えるようにするだけでも練習になります。

動画は1枚目のCとGのみ


PR

1・5・3 + アプローチノートの練習

3音アルペジオで順番を入れ替え、Root-5th-3rdにアプローチノート(次の音の半音下)を入れたものです。

[A]がGメジャースケール、[B]がFメジャースケールでのダイアトニックコードになっています。

コードに素早く対応すること、アプローチノートを叩き込むことを目的にした練習です。

上昇型と下降型も最初の3音は1・5・3なので変わりませんが、アプローチノートは次の音の半音下になるのがポイントです。

ここが瞬時に出てくるようになるとジャズのフレーズを作りやすくなると思います。

やはりアプローチノートを考えているようではなかなかフレーズを作ることが出来ません。こればかりは染み込ませるまでやるという反復あるのみです。



PR

3度音程 + 4度音程 強化練習

3度音程も4度音程も曲のフレーズとしてよく使われる音程です。

その為、スケール練習の定番とも言えます。しかし、それは3度音程・4度音程のそれぞれを行うものが普通ですが、今回は3度音程と4度音程を交互に演奏するタイプのスケール練習です。

Aは3度音程+4度音程で上昇/下降、Bは4度音程+3度音程で上昇/下降となっています。

3度音程と4度音程が瞬時に判断できるようにすることが目的です。

また、音域も広く、低音はLow B、高音はHigh F#までほぼサックスの全音域を使っているので、運指の練習にもなります。

テーブルキーやパームキーの運指練習としても最適です。



PR

Bisキー + ミ・ソで人差し指の動き練習

Bisキーの練習です。

Bisキーにミ・ソの音を足してみます。

「ラ・シ♭・シ」+「ミ、ソ」というような感じになっています。

「シ♭」はBisキーを使い、「ラ#」はサイドキー(taキー)を使うことを推奨しています。

やはり右手・左手の両方を使うサイドキーは難しく、高速化するにはあまり向いていません。

それに対し、Bisキーは速い運指が行いやすくなります。もちろんデメリットは半音の動きが難しい事ですが。

さて、今回はそのBisキーの動きです。

速く動かすためには最低限の運指の動きにすることです。バタバタと指が動かないようにする必要があります。そのバタバタ動きにならないように、Bisキーを使うときはスムーズに動かす必要があります。

考え方は「通常ポジションからシ♭のときにBisキーにずらす」ではなく、「Bisキーを基本ポジションにして、シのときに上にずらす」ようにしてみます。

ラの時はBisキーを押していても問題ありません。さらに、ミ・ソもBisキーを押さえっぱなしでも問題ありません。

ということで、Bisキーを押さえている時間を長くするようにするだけでも変わります。

あとは「慣れ」です。

ちなみに、今回は[B]が一番難しいです。本当に速くならないです…。

あと、Eブルーススケールになっているので、このような運指はよく使います。



PR

3度インターバル+スケールの組み合わせ

3度音程+2度音程(スケール)の組み合わせです。

1小節内で上昇と下降の2パターンが入るようになっており、それが徐々に上昇・下降するようになっています。

AとBは先に3度音程が上昇するか下降するかの違いです。

高音域のパームキーと低音域のテーブルキーも入っています。運指が難しいところになりますが、止めずに吹けるになるといいでしょう。

3度音程+スケールはフレーズでよく使われる基礎的なメロディーの形になるので、テンポが速くなっても対応できるようにしておくといいでしょう。

また、意識出来るのであれば3度音程のところにタンギングをつけるとジャズのフレーズ練習としても効果的です。



PR

半音階とリズムを合わせる練習

半音階とリズムを合わせる練習です。

ラ#(右手と左手を両方使う)、ド#(何も押さえない)、ソ#(左手小指)、レ#(右手小指)はサックスの半音階での弱点運指です。

これらの運指は「走る」「指が転ぶ」というのが起きやすく、しっかりと運指の確認を行う必要があります。

そこで、重点的に行なってみます。

ラ#、ド#、ソ#、レ#の4つの音を中心に半音階で上昇&下降を行うだけです。

各パートの4小節はすべて同じ音使いです。しかし、始まる音が異なります。

同じ音使い・運指ですが、全てが問題なく演奏できれば問題ありませんが、この4小節の中のどれかは苦手なはずです。

その苦手な小節が「走る」「指が転ぶ」が起きやすい運指になります。

始まる音が異なるだけでも難易度が全く異なります。メトロノームを使って正確にリズムをキープできるかやってみましょう。

140くらいまで行けば素晴らしいです。



PR

AメジャースケールとA♭メジャースケール

AメジャースケールとA♭メジャースケールを交互に演奏するスケール練習です。

AメジャーとA♭メジャーなので、どちらも「ラシドレミファソ」です。

しかし、Aメジャーは「#」で考え、A♭メジャーは「♭」で考えるようにします。

同じ音でも、音階名が異なる場合は「異名同音」といいますが、サックス奏者の場合特に弱点になるのが「ド#/レ♭」です。また、「ソ#/ラ♭」も弱点です。

この2つの弱点がはいったものがこの2つのメジャースケールです。

演奏時のミスはこの異名同音から起きることが多く、演奏に慣れ始めた頃に多発します。「ナチュラルだっけ?シャープだっけ?フラットだっけ?」という感じに、心に少し余裕があるときです。

むしろ必死に吹いているときはあまり感じず、「練習すればするほど下手になってきた」と感じると、この異名同音問題にぶち当たっています。

もちろん更に練習を重ねればいいだけですが、根本的な解決方法がちゃんとスケール練習を行うことです・

サックスの場合はシャープで考えるほうが得意な傾向にありますが、フラットもしっかりと考えれるようにしましょう。

「ド#」だけでなく、「レ♭」も出来るようにすると間違いも減るはずです。

ここでは、音階名の振り仮名も記載しているので、#/♭を置き換えず、カタカナを見ながら演奏してみましょう。

スケールは単なる運指練習としてではなく、音階名を叩き込む上でも非常に重要です。

また、運指も「指が転ぶ」ときは「ド#/レ♭」が多くなっています。しっかりとこの音に対応できるようにしましょう。

また「ソ#/ラ♭」も小指の動きに気をつけて下さい。押さえっぱなしで演奏するのではなく、しっかりと小指の動きをコントロールできるようにしてみて下さい。

動画ではAメジャー、A♭メジャーの1回ずつで終わっていますが、リピートすると効果的です。



PR

アルペジオ(上昇)+半音階(下降)+スケール(下降)練習

ジャズフレーズに対応するスケール練習です。
アルペジオ(上昇)+半音階(下降)+スケール(下降)練習となっています。

6拍のよくあるジャズフレーズパターン、2拍ずつアルペジオ→半音階→スケールの組み合わせです。

それをキーCとGで、始まりの音を各スケールの音(ドレミファソラシ)から始めたパターンにしています。

アルペジオ(3度音程)で上昇し、下降していきますが、半音階を挟むのがポイントです。

しかし、ただ単純に半音階を下降するとキーと違う音になってしまいます。表拍がメジャースケール内の音にし、裏拍で臨時記号を使うのが半音階のポイントです。

咄嗟にこのような音使いが出てくるようにするためにはやはり慣れが必要です。キーとアルペジオとスケールに挟まれた半音階の使い方をしっかりとやり込んで、それこそ染み込ませておくとフレーズも作りやすくなります。



PR

3拍目、もしくは4拍目に半音階が入るスケール練習

スケール練習が単なる指体操になってしまってはメロディーやアドリブでは使えません。メジャースケールを登ったり降りたりするメロディーは無いからです。ちゃんと使えるスケール練習にしないと意味がありません。

今回はジャズのアドリブフレーズでよく使われる音使いを土台にしたスケール練習です。

Gメジャースケールが土台になっていますが、3拍目の裏に半音階(パッシングトーン)を入れるようにしています。

3拍目が半音になっている場合は4拍目の裏に半音階を入れています。

半音はどこにでも入れていいわけではありません。表拍に臨時記号がじこないようにすることが大事です。

半音は上昇・下降に1音ずつ足しているので、8音でのスケールになっています。8音なので1小節後は必ず1オクターブ上、もしくは下の同じ音になっています。

それらをGメジャースケールの各音から開始したものがこの楽譜になっています。
ちなみに、Gイオニアン、Aドリアン、Bフリジアン、Cリディアアン、Dミクソリディアン、Eエオリアン、F#ロクリアンというスケール名になります。

さて、この8音スケールは「Gメジャースケールでアドリブをしたいけど、スケールの音を登ったり降りたりしているだけなんで、もっと変化がほしい」と感じたときに使うスケールだと思って下さい。

「〇〇スケールを使う!」といっても半音の流れがないとジャズ風なフレーズにはなりません。上手く半音階を取り入れる必要があります。

その半音の取り入れ方の一つが上記のようなスケールになります。これもメジャースケールの一種なので、メジャースケールだけからちょっと脱線したいと思ったときに使えるスケールです。



PR

3音アルペジオとポリリズムの練習

3和音のアルペジオです。

最初の音を2音連続して演奏する4音パターンと通常の3音アルペジオを交互に演奏します。

7音という奇数音での組み合わせになるので、拍がずれる、いわゆる「ポリリズム」になります。

アルペジオとリズムを同時に鍛えるための練習方法です。

Gメジャー、Cメジャー、Fメジャーの3つのキーを書いていますが、他のキーでも行ってみるといいと思います。



PR

左手薬指と中指の分離練習

薬指を動かすと中指も同時に動いてしまいます。この指の動きは「走る・転ぶ」といった感じになりやすく、しっかりと別々に動く練習を必要とします。

ということで、指をいじめるタイプの練習です。間違えてもOKという感じで速く指を動かすようにします。

基本的には「○ラシ」といった動きです。

ミとラを組み合わせると左手の薬指を押さえるのを忘れがちなので注意が必要です。

また、この運指は薬指の動きが遅いと違う音が入るので、しっかりと右手と左手薬指が連動するようにしましょう。

特に難しいのはラ#の組み合わせです。DとEに出てくるラ#の動きに対応できるようにしてみましょう。

A’はAの応用で、オクターブの動きと下降の動きを混ぜたものです。

オクターブの動きも重なると親指も混乱せずに出来るかどうかです。指に力が入りすぎると親指の動きも遅くなるので、慣れるようにしてみて下さい。



PR

弱点運指を克服するためのスケール練習 オクターブ切替編

サックスにとってスケール練習は重要な練習の一つです。
練習方法によって色々と目的も変わってきますが、今回は運指を鍛えることに特化した方法です。

ただ闇雲にドレミファソラシドを登ったり降りたりしているだけでは運指も鍛えられません。むしろ何も考えなくなるという意味で、デメリットすらあります。

そこで、効果的にスケール練習と運指練習を混ぜる方法です。

Cメジャースケールを使って行います。

Cメジャースケールで一番難しいのはド-レのオクターブの切替です。

ここを中心に、1音ずつ上と下の音を足していっているだけです。

最初はド−レ、次にシ−レといったように1つ下の音を足し、さらにその次はシ−ミといったように上を足していきます。

これは苦手・弱点を中心にスケールを組み立てていきます。

曲に「ドレミファソラシド」と順に並んでいる曲はありません。つまり、いくらドレミファソラシドを練習しても曲で出てこない運指をやっているだけです。

それでは意味がありません。

弱点に特化した方法を見つけ、そこを徹底的に行う方法です。



PR