1音ずつ足していくアルペジオ

前回「1音ずつ足していくメジャースケール」をやりましたが、今回は応用で「1音ずつ足していくアルペジオ」です。

メジャースケールと同じような効果で、運指・リズム・タンギング、音感など必要なことを一気にやってしまうことに変わりありませんが、3度ずつインターバルの積み重ねになるのでコードトーンの理解が早くなります。

内容はとてもシンプルです。1回ずつ音を足していくだけです。

Cメジャースケールでのアルペジオ(楽譜はDメジャースケールとAメジャースケール)で考えると下記のようになっています。

  1. ドミ
  2. ドミソ
  3. ドミソシ
  4. ドミソシレ
  5. ドミソシレファ
  6. ドミソシレファラ
  7. ドミソシレファラド

さらに下りも

  1. ドラ
  2. ドラファ
  3. ドラファレ
  4. ドラファレシ
  5. ドラファレシソ
  6. ドラファレシソミ
  7. ドラファレシソミド

これをドラム(もしくはメトロノーム)に合わせて連続して演奏するだけです。

シンプルな内容ですが、ドラムに合わせると合わせないのでは内容が激変します。

下記のような効果があります

  • スケール練習でメトロノームを使うので正確に運指を身に付けます。
  • 1音ずつ足すので「ド」の位置が表拍と裏拍で入れ替わります。それにより正確なリズムを身に付けます。
  • 後半になってくると音数も増え、音域も広くなるのでタンギングも必要になります。正確にタンギングを行う必要があります。
  • 楽譜を見ずに演奏することで、今が何の音を演奏しているか考える必要があります。音階名や音感のトレーニングになります。
  • 3度ずつのインターバルなのでコードトーンの理解が早まります。

という、重要な内容を一気に練習できる方法です。

これを表拍始まり、裏拍始まりの2種類行ってみましょう。



PR

1音ずつ足していくメジャースケール

シンプルなスケール練習に見えて運指・リズム・タンギング、音感など必要なことを一気にやってしまう「1音ずつ足していくメジャースケール」という練習方法です。

内容はとてもシンプルです。1回ずつ音を足していくだけです。

Cメジャースケール(楽譜はGメジャースケールとFメジャースケール)で考えると下記のようになっています。

  1. ドレ
  2. ドレミ
  3. ドレミファ
  4. ドレミファソ
  5. ドレミファソラ
  6. ドレミファソラシ
  7. ドレミファソラシド

さらに下りも

  1. ドシ
  2. ドシラ
  3. ドシラソ
  4. ドシラソファ
  5. ドシラソファミ
  6. ドシラソファミレ
  7. ドシラソファミレド

これをドラム(もしくはメトロノーム)に合わせて連続して演奏するだけです。

シンプルな内容ですが、ドラムに合わせると合わせないのでは内容が激変します。

下記のような効果があります

  • スケール練習でメトロノームを使うので正確に運指を身に付けます。
  • 1音ずつ足すので「ド」の位置が表拍と裏拍で入れ替わります。それにより正確なリズムを身に付けます。
  • 後半になってくると音数も増え、音域も広くなるのでタンギングも必要になります。正確にタンギングを行う必要があります。
  • 楽譜を見ずに演奏することで、今が何の音を演奏しているか考える必要があります。音階名や音感のトレーニングになります。

という、重要な内容を一気に練習できる方法です。

これを表拍始まり、裏拍始まりの2種類行ってみましょう。



PR

「ファ」始まりの運指練習

「ファ」から始まる運指練習です。

「ファ」から始まりますが、基本的には上下に3度音程以内になっています。
また、「ファ」でも「ファ♯」もあるので、その音での組み合わせになっています。

[A]はその2音での組み合わせです。

[B]と[C]は3音での組み合わせになっています。

[D]は[A]の応用で、最初の音に戻るようになっています。

ここでの運指は指の動きが遅れて他の音が入りがちです。正確に速く出来ることが目的です。



PR

All Of Meでコードトーン練習

「オール・オブ・ミー」のコード進行でコードトーンの練習です。

All Of Meはコード進行が2小節ずつで進む(1小節単位のコード進行が少ない)曲です。つまり、コードアルペジオの練習でも上昇/下降の両方を取り入れやすい曲です。

1コーラス目の最初の16小節ははルート音から上昇/下降
次の8小節では3rdから
その次の8小節は5thから

2コーラス目は最初の16小節がランダムとしていますが、前の小節の4拍目から近い音で始まるようにしています。
後半16小節はコードトーンのみを使ったソロの作成です。なるべく小節線をまたぐようなメロディーを作ってみましょう。

今回は楽譜に書いていますが、これを楽譜を書かずにコードトーンのみでやるのがアドリブトレーニングにもなっていきます。

https://youtu.be/jZOM-drVRs0

使用したカラオケは下記です。

All Of Meのソロについてはこちら



PR

シンコペーションの理解と強化練習

シンコペーションを強化するための練習です。

Gメジャーのアルペジオを使って練習してみます。

シンコペーションが苦手な理由の多くが「タイが付くと分からなくなるから」です。それならば音を分割するところから始めてみましょう。

[A]の最初の2拍と後半の2拍は同じ音です。さらに同じリズムと言っても大丈夫です。

4分音符と8分音符だから違うと思うかもしれませんが、タンギングをするかしないかの違いであって、音が出るタイミングは同じものとして考える柔軟性を持とうという意味です。

8分音符を連続で吹く→タンギングを無くすとシンコペーションになるということです。

[A]が出来たら[B]、[C]もやってみます。実は[A][B][C]は全て同じ音です。始まりを半拍ずつずらしているだけです。

ドラムの音源に合わせ、これらが出来るようになれば問題ありません。[A][B][C]のどれかが難しいと感じるはずです。これが表拍と裏拍の理解につながり、シンコペーションも出来るようになっていくという内容です。



PR

アルペジオと3連符

Aマイナーのキーでアルペジオの組み合わせですが、3連符を入れてリズムを変化させてみたものです。

Aマイナーのキーでのアルペジオで上昇/下降しますが、前半の2拍は8分音符、後半の2拍は4分音符+3連符になっています。

[A]ではアルペジオの上昇/下降の後、2度上、もしくは2度下から同じ音で上昇/下降してきます。
[B]では2度ではなく、3度となっています。

アドリブでもよく使われるリズムパターンですが、他にもリズム感の強化という意味もあります。
3連符の後の8分音符はハネやすくなるので、しっかりと違いを出せるようにしましょう。

https://youtu.be/LrKA-EavHV4


PR

クロスフィンガリングと跳躍音程

クロスフィンガリングと音程練習を取り入れたスケール練習です。

基本はCメジャースケールです。[A]は最初にシドを演奏した後に徐々にスケールを上昇/下降してきます。その後に最初の2音を逆にしてドシを演奏した後にスケールを上昇/下降してきたものです。

クロスフィンガリングとオクターブキーの組み合わせは非常に難しいので、無駄な力が入りやすいので気をつけて下さい。

[A]がメジャースケールでしたが、[B]は半音階になっています。

[C][D]はそのオクターブ上ですが、音域の関係で短くなっています。オクターブ上はパームキーでの演奏なので超難しいです。



PR

基礎的なGメジャースケールでリズムを半拍ずらす

基本的なGメジャースケールの練習です。

よくあるスケール練習ですが、今回の重要なポイントが下記の2つです。

  • 同じことを半拍ずらしてもう一度やる
  • カラオケを使う

スケール練習も裏拍から始めると全く別物になります。単なる運指練習としてではなく、使えるスケール練習にするための方法です。

自分の音だけでなく、周りの音を聞く(リズム感の強化)と正確なスケール演奏になります。

今回は以前制作したダニーボーイのカラオケを使用しています。

曲の練習はカラオケに合わせてスケール練習を行うと効果的です。

今回は音響等の音編集は行っていません。音量調整のみです。



PR

マイナーセブン・コードアルペジオ+ブルーススケール

マイナー7のアルペジオの後にブルールスケールを足したスケール練習です。

マイナーセブンのアルペジオで各転回形の後にブルーススケール(♭5・4・♭3・1)を足しています。

マイナーセブンでのブルーノートは♭5です。ここではブルーススケールと言っても全て同じ形で、3拍目の表にそのブルーノートを使って強調するといった感じです。

表拍でブルーノートを強調できると、よりブルース感あるフレーズになり、跳躍音程も出来るようになっておくとアドリブ時にフレーズの幅も広がっていきます。

今回はAm、Em、Dmのキーで作っていますが、もちろんその他のキーも大事です。また、テンポも速くなっていけば本当に実践的に使えるものになります。



PR

オクターブ切り替え練習

オクターブの切り替え練習です。

オクターブの切り替えは指をたくさん動かすので、難しくなります。

その難しさは「両手の指を同時に動かす必要がある」と「音が高くなるのに指を押さえる・音が低くなるのに離す」といった原因もあります。

ここではその問題に対応するための練習方法です。

「シ」+「ドレ/レミ/ミファ」の組み合わせになっています。

[A][B]はオクターブキーの練習、[A’][B’]はパームキーの練習になります。同じ音使いでもオクターブ違うと運指の難しさも激変します。

スムーズな指の動きが出来るようにしてみましょう。



PR

パームキーと半音階の運指練習

パームキーと半音階の運指練習です。

高音域で半音階は難しく、運指も混乱しがちです。

そこで、パームキーを使う半音階の練習ですが、全音と半音の組み合わせを使って難易度を少し上げています。

基本的にD、D#、E、Fの各音からスタートしていますが、[A]は全音下がって半音で上昇するパターン、[B]は半音で下がって全音で上昇するパターン、[C]は半音の上昇・下降ですがmリズムを3連符と8分音符の組み合わせになっています。

スムーズに速く、臨時記号と運指が一致することが目的になります。



PR

3度音程と4度音程の組み合わせ

3度音程と4度音程の組み合わせのスケール練習です。

[A]はキーがCで、[B]はキーがGになっています。

それぞれ前半が3度-4度-3度の組み合わせで、後半が4度-3度-4度の組み合わせになっています。その組み合わせでスケールを上昇/下降しています。

3度音程や4度音程だけだと惰性で進んでしまいますが、組み合わせることでしっかり音符を考えるようになります。

3度音程と4度音程を身につけるための練習方法です。



PR

2拍ずつ[スケール – アルペジオ – スケール – アルペジオ]

2拍ずつ[スケール – アルペジオ – スケール – アルペジオ]と組み合わせたスケール練習です。

キーはCメジャー/Aマイナーで、スケールの上昇・アルペジオの下降・アルペジオの下降・スケールの上昇を2拍ずつ行い、それが徐々に下降していくようなスケール練習になっています。

速く正確にできるようにしましょう。

アルペジオの下降音が瞬時に考えることが出来るようにする目的です。スケールの上昇と組み合わせでもアルペジオの下降の音を間違えないようにしましょう。

また、アルペジオが2回連続になるので、そこで音が裏返らないようにすることも技術的に気をつけるようにしましょう。



PR

スケール(1-2-3-4)+アルペジオ(5-1-7-5)

スケール2拍とアルペジオ2拍の組み合わせです。

2拍スケールを上がり、2拍アルペジオになっています。ただしアルペジオでも5th、Root、7th、5thの順番になるようになっています。

それが[A]はCメジャースケール内で、[B]は半音ずつの上昇になっています。

[A]はスケール内の音程感覚を身につけるための練習、Bは半音ずつ上昇するのでキーと調号の練習になります。

もちろん速く演奏出来ることが望ましいですが、まずは正確に間違えずに演奏できるようにしてみましょう。



PR

3度音程強化メニュー(アルペジオとの組み合わせ)

3度音程の強化メニューです。

2拍アルペジオ(上昇/下降)と3度音程の組み合わせで1小節ごとに[A]は上昇、[B]は下降するようになっています。
音域も広くしてあるので、運指練習や3度音程を染み込ませるための練習方法です。

キーはCメジャーのみですが、他のキーでやることも素性します。



PR

フラジオ運指練習

フラジオの運指練習です。

フラジオは特殊な運指で行う、高音域の事ですが、もちろん一筋縄ではいきません。最初は絶対に出ません。もちろんフラジオを自在にコントロールするためには音の練習を行う必要があるのですが、それだけでは曲で使えません。

まず大事なのは運指です。曲に合わせて運指ができていないとフラジオは出ないですから。

フラジオは正直、運指は何でもいいんですが、これは超上級者向けのお話。(本当に上級者はどんな運指でもフラジオをコントロールします)

まずは「フラジオを出す」のを目的にするのではなく、「フラジオの運指を正確にする」こともしっかりやっておきましょう。

運指が出来ていればフラジオが出る可能性はあります。しかし、運指ができていなかったらフラジオが出る可能性すら無いので。

ゆっくり運指を考えるのではなく、瞬時にフラジオ運指が出来ることも重要です。

つまり、音が出なくてもいいので、ちゃんとテンポに合わせて指が動くようにしてみてください。

上記の運指以外にもたくさんありますが、フレーズの前後関係などお好みで。自分はほぼすべてをこの運指でやっています。

フラジオ運指表については「サクブラ」に記事として書いたのでそちらに掲載しています。



PR

レ○○の運指練習

前回は「ソ○○の運指練習」をやりましたが、今回は「レ○○の運指練習」です。

レの後に2音付け足し、「レ+1・2、レ+2・1」といったように順番を入れ替えています。

ソの時はキーを変えていましたが、レは3オクターブ分あるので、オクターブを変えてやってみましょう。

Aはオクターブキーの動き、Bはパームキーの運指、Cは跳躍音程で音が裏返らないようにするという、それぞれ別の難しさがあります。

ちなみ、一番難しいのはAです。Aの全6小節の中、後半の2小節はオクターブキー+右手運指です。この運指はテンポが速ければ本当に出来なくなる、右利きにとってはかなり辛い運指になります。

ゆっくりと確実に出来るようになったら速くし、6小節がミスなく出来るようにしてみましょう。



PR

ソ○○の運指練習

ソ+2音の運指練習です。

ソを演奏した後に、2音演奏しますが、「ソ+1・2、ソ+2・1」といったように順番を入れ替えています。

その付け足した2音が徐々に上昇していくような形になっています。

[A]はCメジャースケール、[B]はGメジャースケール(ファ#)、[C]はDメジャースケール(ファ#・ド#)になっています。

前半部分がクロスフィンガリング(指を交差させる動き)、後半部分がオクターブキーの動きといったように、前半と後半で運指の難しさの質も異なってきます。

さらに音域も広くなるので、音が裏返らないように丁寧に演奏することも大事です。

ここではC、G、Dのキーでしか書いていませんが、他のキーでやってみてもいいと思います。

出来る限り速く出来るようになってみましょう。



PR

メロディックマイナーの3度インターバル強化練習

メロディックマイナーの3度上昇と3度下降の複合インターバルの練習です。

2拍で1グループになっており、2拍ごとに1音ずつ上昇下降しています。その中に3度インターバルの上昇と下降を詰め込んでいます。

メロディックマイナーのスケール音で3度インターバルを集中的に鍛えるための練習方法です。

動画ではCメロディックマイナーとGメロディックマイナーのみですが、楽譜は全キーで掲載しています。

出来る限り速く、正確に出来るようにしてみましょう。



PR

ジャズメロディックマイナーのアルペジオ&スケール組み合わせ

メロディックマイナースケール(旋律的短音階)の各音から3度上昇のアルペジオを行い、3拍目から下降するスケール練習です。

通常、メロディックマイナーは下降の場合はナチュラルマイナーとなりますが、ジャズメロディックマイナーは上昇も下降も同じ構成音です。

そのメロディックマイナーを使用したスケール練習です。

メロディックマイナーは半音下のオルタードスケールとしても使えます。

CメロディックマイナーはBオルタードスケールなので、B7で使用することが出来ます。特にマイナーII-VのときのB7で使うのは効果的な使い方です。
他にも「ロクリアン#2」や「リディアン♭7」など、スタートの音が違えば名前が違うというスケールです。

最初の音を変えて行うとこのように「使えるスケール」になっていきます。

同じ音ばかりからスタートしていくとそれは指体操になってしまい、使えるスケールになりません。
また、「BオルタードはCメロデイックマイナー」とばかり考えていてはコードトーンも使うことが出来ません。

スケールの始まりの音を変えるようにするだけでも練習になります。

動画は1枚目のCとGのみ


PR