Bisキー + ミ・ソで人差し指の動き練習

Bisキーの練習です。

Bisキーにミ・ソの音を足してみます。

「ラ・シ♭・シ」+「ミ、ソ」というような感じになっています。

「シ♭」はBisキーを使い、「ラ#」はサイドキー(taキー)を使うことを推奨しています。

やはり右手・左手の両方を使うサイドキーは難しく、高速化するにはあまり向いていません。

それに対し、Bisキーは速い運指が行いやすくなります。もちろんデメリットは半音の動きが難しい事ですが。

さて、今回はそのBisキーの動きです。

速く動かすためには最低限の運指の動きにすることです。バタバタと指が動かないようにする必要があります。そのバタバタ動きにならないように、Bisキーを使うときはスムーズに動かす必要があります。

考え方は「通常ポジションからシ♭のときにBisキーにずらす」ではなく、「Bisキーを基本ポジションにして、シのときに上にずらす」ようにしてみます。

ラの時はBisキーを押していても問題ありません。さらに、ミ・ソもBisキーを押さえっぱなしでも問題ありません。

ということで、Bisキーを押さえている時間を長くするようにするだけでも変わります。

あとは「慣れ」です。

ちなみに、今回は[B]が一番難しいです。本当に速くならないです…。

あと、Eブルーススケールになっているので、このような運指はよく使います。



PR

3度インターバル+スケールの組み合わせ

3度音程+2度音程(スケール)の組み合わせです。

1小節内で上昇と下降の2パターンが入るようになっており、それが徐々に上昇・下降するようになっています。

AとBは先に3度音程が上昇するか下降するかの違いです。

高音域のパームキーと低音域のテーブルキーも入っています。運指が難しいところになりますが、止めずに吹けるになるといいでしょう。

3度音程+スケールはフレーズでよく使われる基礎的なメロディーの形になるので、テンポが速くなっても対応できるようにしておくといいでしょう。

また、意識出来るのであれば3度音程のところにタンギングをつけるとジャズのフレーズ練習としても効果的です。



PR

半音階とリズムを合わせる練習

半音階とリズムを合わせる練習です。

ラ#(右手と左手を両方使う)、ド#(何も押さえない)、ソ#(左手小指)、レ#(右手小指)はサックスの半音階での弱点運指です。

これらの運指は「走る」「指が転ぶ」というのが起きやすく、しっかりと運指の確認を行う必要があります。

そこで、重点的に行なってみます。

ラ#、ド#、ソ#、レ#の4つの音を中心に半音階で上昇&下降を行うだけです。

各パートの4小節はすべて同じ音使いです。しかし、始まる音が異なります。

同じ音使い・運指ですが、全てが問題なく演奏できれば問題ありませんが、この4小節の中のどれかは苦手なはずです。

その苦手な小節が「走る」「指が転ぶ」が起きやすい運指になります。

始まる音が異なるだけでも難易度が全く異なります。メトロノームを使って正確にリズムをキープできるかやってみましょう。

140くらいまで行けば素晴らしいです。



PR

AメジャースケールとA♭メジャースケール

AメジャースケールとA♭メジャースケールを交互に演奏するスケール練習です。

AメジャーとA♭メジャーなので、どちらも「ラシドレミファソ」です。

しかし、Aメジャーは「#」で考え、A♭メジャーは「♭」で考えるようにします。

同じ音でも、音階名が異なる場合は「異名同音」といいますが、サックス奏者の場合特に弱点になるのが「ド#/レ♭」です。また、「ソ#/ラ♭」も弱点です。

この2つの弱点がはいったものがこの2つのメジャースケールです。

演奏時のミスはこの異名同音から起きることが多く、演奏に慣れ始めた頃に多発します。「ナチュラルだっけ?シャープだっけ?フラットだっけ?」という感じに、心に少し余裕があるときです。

むしろ必死に吹いているときはあまり感じず、「練習すればするほど下手になってきた」と感じると、この異名同音問題にぶち当たっています。

もちろん更に練習を重ねればいいだけですが、根本的な解決方法がちゃんとスケール練習を行うことです・

サックスの場合はシャープで考えるほうが得意な傾向にありますが、フラットもしっかりと考えれるようにしましょう。

「ド#」だけでなく、「レ♭」も出来るようにすると間違いも減るはずです。

ここでは、音階名の振り仮名も記載しているので、#/♭を置き換えず、カタカナを見ながら演奏してみましょう。

スケールは単なる運指練習としてではなく、音階名を叩き込む上でも非常に重要です。

また、運指も「指が転ぶ」ときは「ド#/レ♭」が多くなっています。しっかりとこの音に対応できるようにしましょう。

また「ソ#/ラ♭」も小指の動きに気をつけて下さい。押さえっぱなしで演奏するのではなく、しっかりと小指の動きをコントロールできるようにしてみて下さい。

動画ではAメジャー、A♭メジャーの1回ずつで終わっていますが、リピートすると効果的です。



PR

アルペジオ(上昇)+半音階(下降)+スケール(下降)練習

ジャズフレーズに対応するスケール練習です。
アルペジオ(上昇)+半音階(下降)+スケール(下降)練習となっています。

6拍のよくあるジャズフレーズパターン、2拍ずつアルペジオ→半音階→スケールの組み合わせです。

それをキーCとGで、始まりの音を各スケールの音(ドレミファソラシ)から始めたパターンにしています。

アルペジオ(3度音程)で上昇し、下降していきますが、半音階を挟むのがポイントです。

しかし、ただ単純に半音階を下降するとキーと違う音になってしまいます。表拍がメジャースケール内の音にし、裏拍で臨時記号を使うのが半音階のポイントです。

咄嗟にこのような音使いが出てくるようにするためにはやはり慣れが必要です。キーとアルペジオとスケールに挟まれた半音階の使い方をしっかりとやり込んで、それこそ染み込ませておくとフレーズも作りやすくなります。



PR

3拍目、もしくは4拍目に半音階が入るスケール練習

スケール練習が単なる指体操になってしまってはメロディーやアドリブでは使えません。メジャースケールを登ったり降りたりするメロディーは無いからです。ちゃんと使えるスケール練習にしないと意味がありません。

今回はジャズのアドリブフレーズでよく使われる音使いを土台にしたスケール練習です。

Gメジャースケールが土台になっていますが、3拍目の裏に半音階(パッシングトーン)を入れるようにしています。

3拍目が半音になっている場合は4拍目の裏に半音階を入れています。

半音はどこにでも入れていいわけではありません。表拍に臨時記号がじこないようにすることが大事です。

半音は上昇・下降に1音ずつ足しているので、8音でのスケールになっています。8音なので1小節後は必ず1オクターブ上、もしくは下の同じ音になっています。

それらをGメジャースケールの各音から開始したものがこの楽譜になっています。
ちなみに、Gイオニアン、Aドリアン、Bフリジアン、Cリディアアン、Dミクソリディアン、Eエオリアン、F#ロクリアンというスケール名になります。

さて、この8音スケールは「Gメジャースケールでアドリブをしたいけど、スケールの音を登ったり降りたりしているだけなんで、もっと変化がほしい」と感じたときに使うスケールだと思って下さい。

「〇〇スケールを使う!」といっても半音の流れがないとジャズ風なフレーズにはなりません。上手く半音階を取り入れる必要があります。

その半音の取り入れ方の一つが上記のようなスケールになります。これもメジャースケールの一種なので、メジャースケールだけからちょっと脱線したいと思ったときに使えるスケールです。



PR

3音アルペジオとポリリズムの練習

3和音のアルペジオです。

最初の音を2音連続して演奏する4音パターンと通常の3音アルペジオを交互に演奏します。

7音という奇数音での組み合わせになるので、拍がずれる、いわゆる「ポリリズム」になります。

アルペジオとリズムを同時に鍛えるための練習方法です。

Gメジャー、Cメジャー、Fメジャーの3つのキーを書いていますが、他のキーでも行ってみるといいと思います。



PR

左手薬指と中指の分離練習

薬指を動かすと中指も同時に動いてしまいます。この指の動きは「走る・転ぶ」といった感じになりやすく、しっかりと別々に動く練習を必要とします。

ということで、指をいじめるタイプの練習です。間違えてもOKという感じで速く指を動かすようにします。

基本的には「○ラシ」といった動きです。

ミとラを組み合わせると左手の薬指を押さえるのを忘れがちなので注意が必要です。

また、この運指は薬指の動きが遅いと違う音が入るので、しっかりと右手と左手薬指が連動するようにしましょう。

特に難しいのはラ#の組み合わせです。DとEに出てくるラ#の動きに対応できるようにしてみましょう。

A’はAの応用で、オクターブの動きと下降の動きを混ぜたものです。

オクターブの動きも重なると親指も混乱せずに出来るかどうかです。指に力が入りすぎると親指の動きも遅くなるので、慣れるようにしてみて下さい。



PR

弱点運指を克服するためのスケール練習 オクターブ切替編

サックスにとってスケール練習は重要な練習の一つです。
練習方法によって色々と目的も変わってきますが、今回は運指を鍛えることに特化した方法です。

ただ闇雲にドレミファソラシドを登ったり降りたりしているだけでは運指も鍛えられません。むしろ何も考えなくなるという意味で、デメリットすらあります。

そこで、効果的にスケール練習と運指練習を混ぜる方法です。

Cメジャースケールを使って行います。

Cメジャースケールで一番難しいのはド-レのオクターブの切替です。

ここを中心に、1音ずつ上と下の音を足していっているだけです。

最初はド−レ、次にシ−レといったように1つ下の音を足し、さらにその次はシ−ミといったように上を足していきます。

これは苦手・弱点を中心にスケールを組み立てていきます。

曲に「ドレミファソラシド」と順に並んでいる曲はありません。つまり、いくらドレミファソラシドを練習しても曲で出てこない運指をやっているだけです。

それでは意味がありません。

弱点に特化した方法を見つけ、そこを徹底的に行う方法です。



PR

上昇アルペジオと下降スケールの組み合わせ練習

「アルペジオを瞬時に把握するため」「運指を確実にするため」という内容です。

上昇型のアルペジオと下降スケールを組み合わせたものです。

  1. 上昇型アルペジオ
  2. 下降型スケール(上昇型アルペジオの長2度上)
  3. 下降型スケール(上昇型アルペジオの完全5度上)

上記のようになっています。

それを1-2-3、3-1-2、2-3-1と組み合わせて全3種類の音を、ドレミファソラシの各音から始めています。

やはりポイントはアルペジオを止めずに・間違えずに演奏できるかどうかです。

Aの形はアルペジオから始めるので、結構出来ますが、B,Cはスケールの中に組み込まれるようになっています。ここでちゃんと対応出来るようにしましょう。

最初と最後の音が同じになるので、ミスには気づきやすいと思います。

また、技術的な練習として行う場合は指を浮かさずできるかどうかです。

バタバタと指を動かすのではなく、なるべくキーに触った状態のまま、効率よく指を動かしてみるようにしましょう。



PR

3連ハネとストレートの切替アルペジオ

「スウィング感」は難しく、ただ単純に3連符でハネるのではありません。ちゃんとコントロールする必要があります。

そこで、4音アルペジオを利用してスウィング感もコントロールする練習です。

音使いはGメジャーでの4音アルペジオです。これは定番のアルペジオ練習です。

ここにちょっとしたリズムの変化を与えて、3連符(いわゆるハネる)のリズムとストレート(普通の8分音符)を交互に演奏してみます。

AもBも2拍ずつ交替していますが、Bのようにズラすのも非常に効果的です。

3連符とストレートははっきりと違いが分かるようにしましょう。3連符じゃなく、付点8分音符気味でも大丈夫です。

これをメトローノームに合わせながらやってみたり、なにか曲に合わせながら吹いてみます。

最初はなかなかリズムの切り替えができず、3連かストレートのどちらかだけになってしまします。

両方を使い分けることがスウィング感を身につけるコツです。



PR

シンコペーションが苦手な人の為のスケール練習(休符を歌う)

シンコペーションが得意な人という方が少ないのですが、やはりシンコペーションが決まるとカッコよさは大幅にアップ。

そこで、シンコペーションが苦手な人用の練習方法です。

Gメジャースケールです。

1~3は8分音符、A~Cは16分音符のシンコペーションしたスケール練習です。基本的にはメトロノームの数が違うだけで、全く同じものです。

さて、シンコペーションが苦手な人の特徴が「表拍がいない事」です。「聞いてタイミングを覚えて、勘で入る」となっていませんか?

この「勘」は「音感・リズム感」があれば問題ないですよ。でも、自信がない場合は鍛えなければいけません。

その鍛える方法が、「休符を歌う」です。

休符は休むんじゃありません。休符も演奏するんです。

「どういう事?」という場合に[2]や[B][C]をやってもらうんです。吹いている合間に実際に声に出して「ン」って言ってもらうだけです。

「そんなの出来る」と思ってません?

すごく難しいですよ。もちろんテンポから遅れちゃダメなんですよ。

吹く→歌う→吹くの繰り返しってそんなに簡単じゃないですよ。テンポが速くなればなるほど。

これがちゃんと言えるってことが休符を歌うってこと。実際に声に出してるんだから。

コツは「ン」の前の音の切り方(止め方)だと思ってください。ちょっとでも延びるとンが歌えないです。

出来ると思ってるけど出来ない事の代表的な一つです。



PR

脱初心者向け 運指正確&高速化練習(オクターブ切り替え)

運指を速く動かすというのはやはりサックス吹きの永遠のテーマの1つ。しかし、「速く動かす」だけでは音楽的ではありません。

そこには正確性が必要になります。

ということで、運指練習。

目的は「C」を出来るようにすることです。その前段階でAとBをやってみます。

AとBは同じ音使いで、6連符フレーズです。音を敷き詰めて書いていますが、そこまで複雑な譜面ではありません。「ソ、ラ、シ、ド」の各音から上昇・下降しているだけです。

しかし、そこには指を交差させるクロスフィンガリング(シ、ド)とオクターブの切り替えがあります。

いわゆる速く動かす時の弱点です。脱初心者のためにはここの運指を鍛える必要があります。

さて、まず攻略方法はメトロノームを遅めに設定します(動画では70ですが、40くらいでも可)。出来るか出来ないか微妙なところが一番オイシイです。

Aで「ソ、ラ、シ、ド」の各音がメトロノームに合うようにしっかりと意識してみましょう。

慣れたらBです。今度は一番高い音がメトロノームに合うようにします。ちょうど裏拍の音です。

AとBでメトロノームと各音が一致するようになったらCをやってみます。

すごくメトロノームの音が聞こえて、指と音が合うようになります。そこからテンポを徐々に上げてみるといいでしょう。

「速く正確に」は可能な限り、メトロノームの音を聞き、自分の運指すべて考えるのではなく、合わせる音の1音だけ聞くようにしてみます。

そのための練習方法です。



PR

両手小指と異名同音を合わせる練習

小指の押さえ方は「レ+小指=レ#」「ソ+小指=ソ#」と考えると分かりやすいので、シャープ系として覚える方が一般的です。

しかし、それでは異名同音(同じ音だけど#、♭と言い方が違うこと)であるミ♭やラ♭のようなフラットに対応することが出来ません。

その弱点の克服方法がE♭メジャースケールとEメジャースケールの両方を行うことです。両方とも「ミファソラシドレミ」です。その2つのメジャースケールを音階名をしっかりと歌いながら運指をやってみます。

絶対にミ♭をレ#、ラ♭をソ#と言い直さないでください。しっかりと小指と音階名を叩き込む練習なので。

交互に行うと非常に効果的です。Aでは2小節ずつ、Bでは1小節ずつ、Cでは2拍ずつキーを入れ替えています。

異名同音と音階名、運指をしっかりと合わせるようにしましょう。



PR

高音域(パームキー)と音階名の一致練習

高音域(パームキー)は運指が通常と全く異なるので、運指も一気に難しくなります。

その運指と音階名をしっかりと合わせる練習です。

基本的には全て「ドレミファ」です。

[A]は「ドレミファミレド」、[B]は「ドレミド・レミファレ」のパターンで。それぞれ「ナチュラル」「半音上」「半音下」の3パターンです。

ここで重要なのは#と♭を混在させないことです。

#はまだ比較的慣れが多いので出来ると思いますが、問題は♭です。ド♭やファ♭が存在しています。

これらの音階名を置き換えずにやること(例:ド♭→シはNG)です。

間違える原因の多くに「音階名がしっかりと覚えられていない」というのがあります。

サックスは運指が見えない楽器なので、指を覚えるよりも音階名を覚えるほうが運指のミスが減ります。

音階名を自分の楽な方に解釈するのではなく、しっかりと楽譜の通りに覚えることが出来るというのもミスが減る方法の1つです。

「吹く」よりも「音階名を言いながら指を動かす」方が効果的かもしれません。

ということで、音階名と運指を徹底的に合わせるようになってみましょう。



PR

Eマイナー/Gメジャー ペンタトニック+裏拍パッシングトーン

「ペンタトニックでソロ!」の幅を広げる方法です。

ペンタトニック・スケールをベースに、裏拍でスケールの間の音を入れる練習です。

Eマイナーペンタトニックは「ミ・ソ・ラ・シ・レ」の音です。各小節で、それらの音から始めるようにしています。

パッシングトーンとは経過音のことです。

今回は「ペンタトニックだけ」から、このスケールの経過音、いわゆるスケール外の音を入れています。

スケール外の音になるので、これらは裏拍に入れることを条件にします。

Aは1拍目の裏、Bは2拍目の裏、Cは3拍目の裏、Dは4拍目の裏にそのパッシングトーンを入れています。

表拍パッシングトーン(裏拍)表拍
ファ#
ソ#
ラ#
レ#

ペンタトニックは元々半音の無いスケールです。このように間の音を入れてあげることで、雰囲気も一気に変わってきます。



PR

右手サイド A#キー(taキー)の動きとオクターブ跳躍の組み合わせ

サックスの弱点運指の1つが右手サイドキー。特にラ#キー(taキー)の動きは右手と左手の両方を使う運指なので、間違いやすい運指です。

bisキーで行うことも出来ますが、半音階の場合はサイドキーを使うことを勧めています。

速い運指の中でこの「ラ#/シ♭」が入ると間違えやすく、いわゆる「走る」という原因にもなりやすい運指です。

さらにこのサイドキーにオクターブの跳躍運指(左手親指のオクターブキー)が入ると左手と右手の動きの組み合わせになるので、さらに難易度が上がります。

そこで跳躍を含めた運指練習。

しっかりと運指の速さをコントロール出来るようにしてみましょう。



PR

「レ」を使うオクターブの切り替え練習

オクターブの切り替えは難しく、脱初心者の壁の1つです。そのオクターブの切替練習です。

基本的には「ソ」「ラ」「シ」の3音と「ドレ」の組み合わせです。

1:ソドレ・ラドレ・シドレ基本パターンです。オクターブキーの動きに気をつけてください。
2:ソレド・ラレド・シレド1のド・レを入れ替えたものです。
3:ソドレ・ラドレ・シドレ(オクターブ上)1のオクターブ上です。パームキーを使うレに注意してください。
4:ソレド・ラレド・シレド(オクターブ上)2のオクターブ上です。
基本パターン

この4つのパーツをそれぞれ演奏するだけではそこまで難しくありませんので、初心者向けの練習です。

その後に4つを下記のように組み合わせてみます。

  • Aは1,1→1,2→1,3→1,4
  • Bは2,1→2,2→2,3→2,4
  • Cは3,1→3,2→3,3→3,4
  • Dは4,1→4,2→4,3→4,4

難易度が激変し、すごく難しくなります。

オクターブの切り替えの難しさ、親指(オクターブキー)の難しさが全然かわります。テンポを上げればかなり高難易度になります。

オクターブの切り替えのイメージがしっかり出来ていないとなかなか動かない運指なので、自分の演奏しているオクターブもはっきりとイメージできるようにしましょう。



PR

Em(Root-9th)からの跳躍運指練習

Eマイナー・スケールの運指練習ですが、1・2音目でミ・ファ#を先に吹いてから3音目で上昇・下降するスケール練習です。

[A]は「ファ#(9th)・ミ(Root)」と吹いてから、その後に上昇/下降しています。

[B]は最初を「ミ(Root)・ファ#(9th)」と吹いてから、その後に上昇/下降しています。

ポイントとなるのはパームキーです。いかに高音の「レ・ミ」をスムーズに運指を行うかが重要になります。

[A’][B’]はその1オクターブ下です。

これも最初は簡単ですが、オクターブを跨ぐあたりで急激に親指の運指が難しくなります。

1オクターブ違うだけで難易度も異なるので、2オクターブ分しっかりと行ってみましょう。

指は中指に力が入りすぎてしまい遅れる傾向にあります。指が痛くなる場合は中指に意識してみましょう。もちろんオクターブキーの親指も力を抜く必要がありますが。



PR

3音・3度音程のスケールとリズムの複合練習

3度音程のパターン練習です。基本的には下がって上がるパターンで、シンプルで定番の形です。その基本形と応用練習。

[A]は3度音程の下降パターン。まずは「3度下がる」を考えなくてもできるようにすることからです。

そこから[A’]。下がって、元の位置に戻る。この3音が今回の基本形です。

さて、[B][C]が応用パターンです。

[B]は8分音符で演奏します。3音パターンなので、表拍と裏拍が入れ替わります。騙されないように、3音グループの最初の音に軽くアクセントを入れると分かりやすくなると思います。

[B’]はそれを裏から始めたものです。裏拍からも入れるようにしておきましょう。

[C]はさらに難しくなります。3連符パターンですが、それが3連符1個分ズレています。ここでは表拍の音を意識できるようにしてみましょう。

[C]なら最後のミと表拍を合わせる、[C’]ならドの音を表拍と合わせるような感じです。

しっかりと拍と運指と音階名を合わせるトレーニング方法です。



PR