That’s All的コード進行でのソロ例

「ザッツ・オール」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトはコードトーンでのソロです。

ゆっくりめのテンポで演奏することの多い曲なので、バラードではなく、やや早めのテンポで作っています。

コードはGのダイアトニックコードを多用していますが、#IVm7(♭5)→IVm7など、ところどころでダイアトニックコードを外す面白いコード進行を使っています。さらに、コード自体も多いので、そのコードトーンを使ったソロを作りやすい曲です。

コードトーンだけで作る場合に気をつけるのが、同じ小節内で重複する音をなるべく使わないようにすることです。コードが変わるのに同じ音ばかりでは面白くなくなってしまいます。

リズムを変化させ、音数自体を変化させると重複する音を避けやすくなるので、リズムの変化も重要です。


Share Button

PR