SILVERSTEIN ALTA AMBIPOLY REED試奏

SilversteinのAMBIPOLY REED(アンビポリー・リード)というのがサックス用でも発売というの聞いて試奏してみました。

色々と興味深いリードです。

まずはその値段。¥6,264(税込)。普通に考えて高すぎ…。リードの一箱の値段がだいたい3,000円なので、約2倍。メーカーが約半年使えますとアナウンスしているけど、同じ樹脂リードでもレジェールのシグネチャーで3,500円くらいなので、それでもちょっと高いような…。

素材はアンビポリマーとのこと。アンビポリマーって何?って感じです。調べても出てこないので、シルバースタインの独自の素材なのかな?

「樹脂リードだけど吸水性があり、天然ケーンのような丸みのある温かなサウンド」となっているのですごく不思議です。樹脂リードなのに吸水性があるってので。

個人的には吸水性というのがすごく気になるところです。

他の樹脂リードも色々と試してみましたが、気になるのが口の水分を吸ってくれないのでリードが滑ること。滑るからちょっとアンブシュアに気をつけなければいけない。ケーンのリードは慣れているせいもあるんだろうけど、水分を吸ってくれるので口の中でリードが滑るという感覚があまりない。この吸水性は一つのポイントかなと。

さて、実際に試奏してみました。

AMBIPOLY REEDといっても硬さの他に「JAZZ」と「CLASSIC」の2種類あり、今回はその2種類で2+、2.5、2.5+の計6種類試してみました。

吹き終わった感想としてはそのリードの精度です。リードのツボが分かりやすい。本当に鳴るポイントがど真ん中にあり、硬さによってバラツキもない。厚さと硬さの好みが決まれば吹きやすいリードになります。

「JAZZ」は全体的に薄く、リードのツボがちょっと奥側にある感じ。薄いので倍音が乗りやすく、明るい音色を作りやすい。

「Classic」は厚みがあり、リードのツボが先端側にある感じ。しっかりとした厚みは吹きごたえもあり、変な倍音もない。個人的にはClassicのほうが鳴り方が好きかも。

リードは「薄くて硬いリード」、「厚くて柔らかいリード」から探していくのが基本になりますが、自分はこのリードならば「厚くて柔らかいリード」を基本にするのが好きかな。とりあえず選ぶならClassicの2.5です。

ただ、吸水性に関しては期待通りの結果では無かったかな。確かに吸水性はある。けど、滑らなくなるかと言われればそうでもない。まぁまぁという感じ。
単純に音の方への影響のみと考えるのかな?となると、濡らす意味ってよくわからない。実際はどうなんでしょ?

音色はなかなかいいかも。樹脂リードってどれを使っても「あれ?」という倍音が高音域を使うと出てくる。通常のケーンだとその音色にはならないっていう、独特の音色。それがあまり感じられなかった(あまりっていうくらいなので、ちょっと引っかかる部分はあるけど)。でも、樹脂リードならではの安定性はありそうなのはいい感じ。

色々樹脂リードも吹いてみたけど、これは高いだけあって、いい感じで、樹脂リードの中では確かにすごくいいものだなという感想です。

録音したものを聞いてみて、JazzとClassicで思いの外、音色に違いがないんですね。吹いている時は吹奏感が結構違うので、もっと音色にも違いがあると思っていました。

とりあえず吹いてみた感想はこちら。

Share Button

PR