Forestone Black Bambooを試してみる

竹繊維素材を使ったForestone。
アルトのリードで自分も使っています。

そのフォレストーンからカーボン繊維を混ぜた「ブラック・バンブー」シリーズが登場したので購入してみました。

フォレストーンでは普段G-Tuneを使っています。
今までの経験上、人工リードは硬い印象なので、敢えて柔らかめを購入しました。となると、若干コシが足らなく、音質が明るくなりがち。

しかし、天然のケーンとは違う絶大なる安心というのがあります。
ケーンは気温や湿度、また経年劣化という面で「吹いたら音がすぐ出る」とは限りません。その点、人工リードの「吹いたら音がすぐ出る」というのは自分の調子や新しい事を試す時にはうってつけ。自分の「基準・標準」を作りやすいからです。
また、柔らかめにしてあるので、吹くことに力を入れたくない時には最適です。

ということで、フォレストーンのリードは常に持ち歩いています。

そしてこのブラックバンブー。
竹とカーボンの配合によって出来ているものらしい。

従来のフォレストーンリードにカーボンをブレンドして誕生したブラックバンブーシリーズ。Gモデルと同じ処理に加え、テーブル平面処理も行っており先行発売された海外でも高い評価を得ております。天然リードには天然リードの良さがあり、人工リードでは人工リードに求められる良さがあります。海外では今までの人口リードでは味わえなかった吹き心地とサウンドが評価され、多くのプレイヤーを魅了しております。

そりゃ気になる。
ということで買ってみたのでした。硬さは敢えて少し硬めに「MS」で。

そして実際に付けて吹いてみました。
20140414_170847

20140414_171057

、、、硬い。

吹こうとした瞬間、自分のマウスピース(ビーチラー・メタル)のオープニングが異常に広く感じる。
つまり音を出しづらい。グッと息を押し込むと出るけど、これは口がすぐバテる。

吹き続けると大体感覚は分かってきました。

リードの美味しいポイントというのが結構手前にある感じ。
いわゆる「クラシック系」と言われるリードの鳴りに近い。

リガチャーをかなり手前につけるといつもの吹奏感に近づくので、これは厚めのリードなんだなと判断。

で、サイトを見ると

竹とカーボンの特別な配合によりコシのある音色でクラシックプレーヤーに大変評判!

やはりバンドレンのトラディショナル的な事を意識してそう。
となると、一番柔らかいのを買えばよかった。ちょっと後悔。

しかし、このコシや鳴り方はオープニングの狭いマウスピースでは威力を発揮しそう。
自分もビーチラーでちょうどいいと感じるマウスピースでもメイヤーだと柔らかすぎて合わない。

メイヤーの5MMだとサブトーンを出すときにもちょうどいいのではないかと思う。

携帯のカメラで撮ったから音も悪いけど、3種類を吹き比べてみた。

Share Button