2015年グラミー賞 サックス関連で気になったもの(2)

に引き続き(2)も。

(1)の方がContemporary Instrumental部門だったのに対し、こちらはJazz部門。
チック・コリアの評価がすごく高いんですが、そこは敢えて置いといて、、、、

受賞した中では「Best Large Jazz Ensemble Album」でBig Phat BandのLife in the Bubble。

本当にコンテンポラリーなリズムとビッグバンドを合わせたいいアレンジ!!マリエンサルはソプラノで参加してるみたいですね。
ビッグバンドはスイングだけじゃないんだぞっていう部分をかっこ良く見せてくれています。

ノミネートを見るとやはり気になるのがサンボーン。
Bobby Hutcherson, David Sanborn, Joey DeFrancesco Featuring Billy HartのEnjoy The Viewです。受賞はチック・コリアでしたが、これもいいですねー。ボビー・ハッチャーソンのビブラフォン、そしてジョーイ・デフランチェスコのオルガンがまたいい感じ!!
最近はサンボーンとジョーイ・デフランチェスコの組み合わせをよく見るなー。すごくカッコイイ!!

Best Improvised Jazz SoloではThe Latin Side Of Joe Henderson (Conrad Herwig Featuring Joe Lovano)に入っているジョー・ロバーノのRecorda Meのソロが受賞していますね。

前半はロニー・キューバーのバリトンサックスソロで、後半にジョー・ロバーノが吹いています。
個人的にはあまりグッとは来ないんですが、ジョー・ロバーノのタイム感はスゴいですね。ゆったり目かと思いきや、一気にスピードアップして来るような感じ。スゴいです。

オリジナルのRecorda Meのジョー・ヘンダーソンのソロもまたステキです。

Share Button