You’d Be So Nice To Come Home Toコード進行でのソロ例【ソプラノサックス編】


「帰ってくれたらうれしいわ」コード進行でのソロ例のソプラノサックス編です。コンセプトはアルトサックス編と同様、「オルタードスケールを使う」です。

演奏難易度★★★☆☆

全てではないですが、E7やB7といった、マイナーII-VのV7でオルタードスケールを使うようにしています。

自分の場合、オルタードスケールの覚え方は5th以外のコードトーン(全部で3音)+ルートの半音上(♭9)、3rdの半音下(#9)、5thの半音下(#11th)、5thの半音上(♭13)といった感じにしています。

もちろん素早く出すためには半音上のメロディックマイナーでももちろんOKです。ちなみに、増4度上のリディアン♭7thも同じスケール音ですが、これはあまり考えないです。

マイナーII-VはオルタードスケールやコンディミなどがメジャーII-Vに比べてハマりやすいので、メロディーを作りやすくなると思います。

楽譜、音源のダウンロードはこちら




PR