Sunny的コード進行でのソロ例

「サニー」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは簡単なパームキー運指です。

この曲はジャズミュージシャンも演奏をよく行う曲ですが、原曲がロック曲なのでリズムも8ビート系でよく演奏されます。

音数をもっと増やしてバリバリといきたいところですが、コンセプトが簡単なパームキー運指としているので、難易度はなるべく落とすようにしています。

譜例ですが、なるべく1つのフレーズの中に低音域からパームキー(手のひらで押さえるキー)である高音域のレ、レ#、ミ、ファ、ファ#の音を入れるようにしています。コードトーン的にレの音が多くなってしまいますが…。

パームキーを速く使えるようにするためには、押さえることも大事ですが、通常の運指の形へ戻すことを重点的に考えます。つまり、手を離しすぎないこと。

例えば高音のレを押さえた時に、中指はどこにいるか考えたことはありますか?

正解はドのキーを触っていることです。押さえるのではなく、触った状態でレを演奏できるかどうかです。

高音域を速く演奏するためのコツは「指を楽器から離さない」と考えることです。スケール練習だけでなく、このような曲の中で演奏出来るようにしてみます。


Share Button

PR