Stella By Starlight的コード進行でのソロ例


「星影のステラ」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトはメロディーの音を使うことです。

星影のステラはパブリックドメインの曲なのでメロディーを載せても全く問題ないですね。ということで、このソロでは「M」と記載されているのがメロディーの音です。つまり、メロディー+8分音符と考えたソロ作成です。

アドリブを演奏するときにコードも分からないとなると、手っ取り早く演奏する方法がメロディーの音を使うことです。これをさらに進化させ、ちゃんとメロディーの音をすべて使った上でコードトーンも取り入れてに作ってあるので音数も増え、そして臨時記号も増えています。

もちろんただ単純にメロディーを変化させるだけではなく、基本的なルールを決めてみます。それが「M」と記載された場所だけで演奏してもメロディーとして通用することです。故に、ほとんどのMは表拍で使うようにしています。

星影のステラはメロディーでコードトーン以外の音を使うことも多いので、なかなか面白い音使いになりますね。

このようにアドリブのフレーズのきっかけにメロディー(テーマ)もどんどん使ってみましょう。



PR