Stand By Me的コード進行でのソロ例【ソプラノ編】


「スタンド・バイ・ミー」コード進行のソロ例【ソプラノサックス編】です。
アルト編と同様に、ペンタトニック+半音階を使うことがコンセプトです。

演奏難易度★★★★☆

実音キーでAで、ロックの定番キーです。B♭管ではBメジャーになるので、サックスにとっては難しいキーです。

コード進行はI-VI-IV-Vという王道進行の繰り返しです。

さて、アルト編と同様に、今回も勢いで押し切るためにコードトーン無視のペンタトニックをゴリ押しにしています。

Bメジャーは「シ・ド#・レ#・ファ#・ソ#」がペンタトニックになります。ソロもミとラ♯を封印です。(半音階のところで一回使っていますが)ラ#の音がなくなるので、運指が一気に簡単になります。

そこに半音階を混ぜて、音にもバリエーションを増やすようにしています。

半音階(臨時記号)が入るのは16分音符の裏なので、そこも使うときには注意が必要です。

また、16分音符のシンコペーションを多用し、リズムに変化を持たせることも重要です。

楽譜・音源のダウンロードはこちら




PR