Só Danço Samba的コード進行でのソロ例


「ソ・ダンソ・サンバ」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「サンバのリズムでコンディミ(ハーフ・ホール・ディミニッシュ)を使う」です。

演奏難易度★★★☆☆

この曲は通常のIIm7-V7進行の他に、IV7やII7というドミナントセブンが存在する曲です。

さて、全体的にドミナントセブンの多い曲ですが、今回はそのドミナントセブンでハーフ・ホール・ディミニッシュ(コンビネーション・オブ・ディミニッシュ)を使うようにしています。

とはいえ、そこまで難しいことをやるのではなく、基本的にコードトーン中心です。

H-Wディミニッシュは、「ルートの半音上と、コードトーンの半音下」と考えると覚えやすいです。

D7なら「レ・ファ#・ラ・ド」がコードトーンです。そこにルートの半音上「レ#」と、コードトーンの半音下である「ファ・ソ#・シ」がスケール音になります。

コードトーンを中心に、たまにスケールの音を入れるという感じにし、あまり調性感を飛ばさないようにしています。

あとはテンションの音に聞き慣れる(演奏し慣れる)ことも大事です。

楽譜・音源のダウンロードはこちら




PR