Smile的コード進行でのソロ例


「スマイル」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「5連符を使う」です。

演奏難易度★★☆☆☆

バラードで演奏されることの多い曲ですが、ミディアム・スローくらいで作っています。

今回は5連符をたくさん使うようにしています。

1拍に5つの音を入れる時、ジャズの場合は「3連符+16分音符2つ」、もしくはその逆で「16分音符2つ+3連符」で演奏することが多いです。

実際、この譜面もそのリズムで演奏してもいいと思います。

しかし、ここは敢えて5つの音を均等にという5連符にしています。テンポが速いと「5つの音を入れる!」と思えば5連符になるのですが、テンポゆったりだと均等というのも考える必要があります。

大事なのは、5連符の後の表拍。ここがピッタリ合うようにすればリズムも合わせやすくなると思います。

楽譜、音源のダウンロードはこちら




PR