Sidewinder的コード進行でのソロ例


「サイドワインダー」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「同じような音使いで1音だけ上昇・下降する」です。

演奏難易度★★★☆☆

難易度はそこまで高くないと思っていますが、速い&パームキーが多いので、表記はちょっと高めにしています。

さて、コードは2拍ずつのコード進行になっていますが、B7やE7は無視です。実質Cの24小節ブルースです。

通常のブルースは12小節なので、倍の長さになったと考えておけばOKです。

C7C7C7C7
F7F7C7C7
G7G7C7C7
このブルース進行で、それぞれ2小節ずつなので24小節ブルースです。

ブルースなので、ブルーノート(キーCなのでミ♭)を使うようにしています。

フレーズは2~4小節目で「シ♭・ラ・シ♭・○」を使うようにしています。○の部分の音を上昇させているようにしました。

2段めの7~9小節目に「○・シ♭・ラ」を使っています。

この曲は16分音符で吹くにはテンポが速いので、上手く8分音符を使わなければいけません。

そこで、このようにメカニカルな事を持ってきてインパクト与えるようなフレーズ作りをしてみます。

連続する音使いでも1音変えるだけ変えると印象がガラッと変わる方法です。

楽譜・音源のダウンロードはこちら




PR