Recorda Me的コード進行でのソロ例


「リコーダ・ミー」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「臨時記号の理由を知る」です。

演奏難易度★★★☆☆

この曲のアドリブの楽譜は異常に臨時記号が多い曲です。その理由が曲中での転調が多いからです。

16小節の曲ですが、F#マイナー→Aマイナー→Gメジャー→Fメジャー→E♭メジャー→Dメジャー→F#マイナーと転調しています。

曲自体はF#マイナーなので調号は#3個で記譜しますが、転調に対応するために臨時記号が楽譜に多くなります。

この曲では6種類のキーが存在する難しい曲なので、それぞれの調号をしっかりと把握しておくことが重要です。

キー調号
F#マイナーファ#、ド#、ソ#
Aマイナー調号なし(全てナチュラル)
Gメジャーファ#(ド、ソがナチュラル)
Fメジャーシ♭(ファ、ド、ソがナチュラル)
E♭メジャーシ♭、ミ♭、ラ♭(ファ、ド、ソがナチュラル)
Dメジャーファ#、ド#(ソがナチュラル)

調号さえ分かれば後はそれに対応するだけ!!ってそれが難しいですが…。

スケール練習も指体操ではなく、調号を把握するような練習が必要不可欠な曲です。

楽譜・音源のダウンロードはこちら




PR