Polka Dots And Moonbeams的コード進行でのソロ例


「ポルカ・ドッツ・アンド・ムーンビームス」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは8分音符を使わないようにする」です。

演奏難易度★★☆☆☆

テンポは遅めで演奏されることが多い曲です。となると、音を敷き詰めたくもなるのですが、今回はフレーズのリズムの緩急で対応するようにしてみます。

ビバップなど、速めのテンポでは8分音符が中心になりますが、今回は8分音符を使わないようにしています。使っても1拍以内です。

テンポが遅めだと8分音符が連続するとダラダラしちゃいます。そこで16分音符や3連符などを駆使してリズムに変化を与えるようにします。

重要なのは「音のリズムの変化」であって、「音の数」ではありません。

8分音符だと2拍で音数は4音です。この4音でリズムを変化させるようにするという意味です。

今回も8分音符は使わないようにしていますが、2拍で音数4音は当たり前のようにつかっています。

フレーズのリズムの緩急も考えるようにしてみましょう。

楽譜・音源のダウンロードはこちら




PR