グリーンドルフィンのコード進行で3連符の練習です。
Swingと3連符の違いの練習を以前書きましたが、今度はそれを実際のアドリブに当てはめてみたものです。

テンポはミディアム(120~140)くらいを想定しています。
あえて3連符をたくさん入れています。その3連符の後の8分音符をどのように演奏するかが重要です。そのまま3連符のノリでタッタタッタと進むのではなく、明らかに8分音符のリズムに変えたという意識を持つだけで変わります。

16分音符も入れていますが、ほとんどトリルのような使い方なので、難易度はそこまで高くないと思ってください。このような1拍のみの16分音符はちょっとしたリズムの変化に効果的です。

greendolphin

ダウンロード(PDF)

Share Button

PR