My Little Suede Shoesコード進行でのソロ例

「マイ・リトル・スエード・シューズ」コード進行でのソロ例です。

今回のコンセプトはリズムの変化です。
フレーズを全体的に長めに作っていますが、そのフレーズの中で8分音符だけでなく、3連符や16分音符などを取り入れています。

この曲はやや速めの、サンバ/ボサノバ系のリズムパターンで演奏することの多い曲です。
あまり速すぎるとリズム系の楽器が難しくなるので、「やや速め」になるわけですが、そうすると8分音符だけではソロに変化を与えづらくなります。
コード進行も基本的にはずっとII-Vの同じ進行なので、マンネリ化したフレーズばかりになりかねないです。

そこで、リズムに変化を与えてみましょう。
少し16分音符を入れるだけでも雰囲気は変わります。

もちろん速くするだけではなく、4分音符などを入れて音を伸ばすだけでも大丈夫です。
ちょっとしたアイデアですが、これで雰囲気は変わります。

ちなみに、一瞬ミ♭などをフレーズの中に入れるとブルーノートになるので、これもキーチェンジのないシンプルな曲の場合は美味しいですね。

ダウンロード(PDF)

Share Button

PR