Just Friendsでスケール練習(半音階→アルペジオ)


「ジャスト・フレンズ」でのソロ例です。
今回のコンセプトは「半音階の後にアルペジオを使う」です。

キーはDメジャーですが、たくさんのキーに転調する曲です。II-Vが多いので、しっかりとキーに対応していけるかどうかがポイントの曲です。

まずはDメジャーのダイアトニックコードとノンダイアトニックコードに振り分けてみます。

ノンダイアトニックコードはII-Vになっていることが多いので、後はそのキーに対応していくだけです。

キーの移動については「ドレミで覚えるジャズ・スタンダードの法則」でも記載しています。

さて、今回はその中でも半音階を使い、その後にアルペジオ(コードトーン)を使うことを意識しています。

やはりジャズフレーズでは半音階の使い方がポイントになります。その後にアルペジオを入れることで、コード感も出てくるので、半音階→アルペジオはジャズフレーズの鉄板とも言える組み合わせです。

小節線も意識してみます。

1小節内だけでやるのではなく、小節をまたぐように組み合わせてみるのも非常にオイシイ使い方の一つです。

楽譜・音源のダウンロードはこちら




PR