It Could Happen To You的コード進行でのソロ例

It Could Happen To You的コード進行でのソロ例です。

ここでは3連符をたくさん取り入れたソロを作っています。

3連符の使い方も色々あり、その多くのパターンを取り入れて作っていますが、特に多く使われるのがアルペジオの上昇型です。ジャズでよく使用される代表的なリズムなので、テンポがミディアムくらいなら、ソロを作る時には必ず取り入れたいところです。

また、この3連符のリズムを取り入れた後の8分音符がハネたように演奏しないことも重要です。3連符のノリを引きずらないよう、8分音符に切り替えるようにしましょう。

ダウンロード(PDF)

Share Button

PR