Isn’t She Lovely コード進行でのソロ例

Isn’t She Lovely コード進行でのソロ例です。
前半がE♭用、後半がB♭用です。

シャッフルのリズムパターンなので、3連符を入れ、リズムに変化を持たせるようにします。
ただし、3連符の後の8分音符がハネすぎにならないようにします。

この曲のポイントはEm7/A、もしくはG/Aの分数コードのところです。分数で表記しない場合は「A7sus4」となります。
自分はこの場所は「Bマイナーペンタトニック+コードトーンのGを足すスケール」と考えていることが多く、そのように考えると最後の2小節の場所でブルーノートを使うことが出来るようになります。

ダウンロード (PDF)

Share Button

PR