I Hear A Rhapsody的コード進行でのソロ例


I Hear A Rhapsody的コード進行でのソロ例です。

ここでのコンセプトは「アプローチノート」です。

コードは2拍ずつ変わる事が多く、頻繁にコードチェンジを行う曲です。そのコードに合わせるように、ここでのフレーズは全てコードトーンから始まるようにしてあります。

そのコードトーンの1つ前の音で、半音下の音を入れたフレーズを作っています。裏拍で臨時記号が多いのもそれが理由です。

目的の音(ターゲットノート)に対し、半音下の音(アプローチノート)を入れるとジャズらしいフレーズを作りやすくなります。

アプローチノートを条件として以下の3点に気をつけています。

  • アプローチノートは基本的に8分音符で裏拍で使うこと
  • ここではコードトーンの半音下にすること(その時にスケールから外れても問題ない)
  • アプローチノートの一つ前の音(ここでは2拍目や4拍目の表の音)はターゲットノートよりも高くすること

もちろんアプローチノートの条件はたくさんありますが、この3点が基本的な内容です。



PR