Fly Me To The Moon的コード進行でスケール練習(オルタード・スケール)


「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」コード進行でスケール練習です。
コンセプトは枯葉の時と同様に、「マイナーII-Vでオルタードスケールを使う」です。

オルタードスケールはメジャーII-VよりもマイナーII-VのV7で使いやすくなっています。

今回もマイナーII-VのV7の時にオルタードスケールを使用しています。

このFly Me To The MoonはV7が奇数小節に入ってきます。枯葉など、多くの曲は偶数小節でV7になり、そちらの方が一般的です。

故に、オルタードスケールを使うときも少し音が外れるような違和感があります。定番スケールのミクソリディアン♭9♭13の方がスムーズに聞こえます。

しかし、ここは敢えてオルタード・スケールで。

さて、マイナーコードに繋がるV7ということで、C#7とF#7が該当します。

C#7だと半音上のメロディックマイナー、Dメロディックマイナー、F#7だとGメロディックマイナーになります。

今回は音数を少し増やすために16分音符でトリル的なフレーズにしています。

この音使いに慣れてみてください。

楽譜・音源のダウンロードはこちら




PR