Fly Me To The Moon的コード進行でのソロ例

「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」的コード進行でのソロ例です。

今回のコンセプトはシンプルに。
8分音符も3拍までにし、技術的に簡単に作るようにしています。

シンプルに作る場合の基本的な考え方は小節内で重複する音を使わないようにすることです。
つまり、「ド」の音が出てきたら、「ド」はなるべく使わないようにすることです。ただし、オクターブが変われば別の音として認識して大丈夫です。

ドリブ初心者の場合は重複する音がとても多いという特徴があります。シンプルなフレーズを作るときこそ、重複する音を避けるようにしてみます。

もちろん「絶対」というわけではありません。
5小節目や、25小節目のように、あえて重複するような使い方もしています。たまに出てくる場合は印象づけるようなフレーズを作る上で効果的です。

ダウンロード(PDF)

Share Button

PR